看護師派遣会社人気ランキング/看護師派遣の口コミまとめ

その会社・・・看護師派遣求人の紹介はNGです!

派遣紹介NG.jpg
派遣NGリスト.jpg
どうして紹介できないの?.jpg
どうして紹介できないの?2.jpg

人気No.1の看護師派遣会社ランキング

看護師派遣会社ランキング.jpg

厚生省認定の看護師派遣会社✩人気ランキング

MCナースネット1位.jpg
高給派遣バナー.jpg


t-ranking2.jpg
高給派遣バナー.jpg


ランキング看護のお仕事.jpg
高給派遣バナー.jpg


ランキングベネッセMCM.jpg
高給派遣バナー.jpg


ランキングパソナメディカル.jpg
高給派遣バナー.jpg

MCナースネットが人気No.1の理由

MCナースネットが1位の理由.jpg
MCナースネット口コミバナー.jpg

MCナースネットで好条件の単発派遣(´∀`*)

kango43.jpg
単発派遣ならMCナースネットがおすすめです。

他にも看護師求人サイトに登録していますが、常勤やパート求人しかない事が多いです。

他の看護師求人サイトでは、単発派遣をしたいと希望を伝えたら、「時短パート」や「扶養範囲内でのバイト」を勧められました。

こちらの希望に合っていない求人を紹介される事が多く、単発派遣で本当に条件の良い求人を紹介してくれたのはMCナースネットだけでした。

コンサルタントさんは、こちらの希望に会った求人を紹介してくれますし、何よりも単発派遣の求人が多数あるので、希望に会った求人は必ず見つかると思いますよ(^O^)

(32才 静岡県 単発派遣)

MCナースネットでツアーナース派遣(´∀`*)

kango54.jpg
MCナースネットに登録していて、定期的にツアーナースをしています。

もう派遣ナースをはじめて2年以上が経ちますが、月に1~2回の派遣でストレスなく続けられます。

私はダブルワークなので、シフト制の派遣はムリなので、ツアーナースのように、自分の都合に合わせて仕事を入れられるのは嬉しいです!

ツアーは主に小~高校の修学旅行に同行する事が多いです。

私は神奈川に住んでいますが、交通費が支給されるので都内や静岡の学校のお手伝いに行くこともありますよ。

旅行気分で仕事ができるので、良いストレス発散にもなって、さらに給料も貰えて、ツアーの仕事は本当におすすめです。

(27歳 神奈川県 ツアーナース)

MCナースネットで健診センターの短期バイト(´∀`*)

kango41.jpg
MCナースネットの紹介で健診センターの短期バイトをしていました。

3ヶ月からOKの期間限定のバイトで、4ヶ月目からは希望すれば1ヶ月ごとの更新ができました。

私は健診業務の経験がなかったので、最初は3ヶ月でスタートして、未経験でも働きやすい職場だと分かったので、結局6ヶ月働きましたよ!

MCナースネットは、健診センターの求人が多く、どれも時給1,800円以上と高給でしたよ。

健診センターでは、最初は慣れるまで問診や血圧測定を担当して、2ヶ月目からは内視鏡検査室のサポートに回りました。

内視鏡検査は、内視鏡の直接介助ではなく、内視鏡前後の看護を任されたので、特に難しい知識や経験は必要ありませんでしたよ。

健診センターでは、未経験ナースが多いので、健診業務が全く初めてでも問題ありませんし、研修が多いのですぐに慣れると思いますよ。

MCナースネットのコンサルタントさんは、定期的に連絡をくれたので心強かったし、メールや電話でサポートしていただいたので安心して働くことが出来ましたよ。

(32歳 東京都 健診センター)

MCナースネットでクリニックのバイト求人(´∀`*)

kango22.jpg
私はMCナースネットの紹介でクリニックのバイトをしていました。

月金の午前中のみのバイトで、マイペースに不用範囲内で働きたい私にはピッタリでした。

クリニックは曜日・時間固定でのバイト求人が多いので、週に2日で午前のみと言う条件は、とても魅力的でした。

私は主人が転勤族なので、2~3年ごとに引越しが必要なため常勤で働くのが難しいです・・・。

でも、短期バイトなら、期間が決まっているから退職を伝える煩わしさがないし、何よりも職場がハズレでも我慢できます(笑)。

MCナースネットには短期バイトがたくさんあるので、私のように次の引越しまでの繋ぎなど、都合に合わせて働きたい方におススメですよ。

(39歳 神奈川県 クリニック)

MCナースネットで夜勤単発の派遣求人(´∀`*)

kango44.jpg
MCナースネットの紹介で、夜勤単発派遣をしています。

私はダブルワークですが、給料アップしたい!と言うのが本音で、本当は転職したいのですが、今の職場は休日も多いし、人間関係も良いので辞めるのはちょっと・・・。

夜勤派遣は、月に2回ほど入れています。

主には有料老人ホームなのですが、業務的にはハードな職場ではありませんし、トラブルがなければ仮眠や休憩もしっかり取れるので、ダブルワークでも疲れません!

夜勤単発の求人は、1年中あるし、求人数が多いので、希望の日に働けるのも嬉しいです(^O^)

夜勤1回で3万円以上の求人が多いので、月に6~7万円の給料アップで助かります。

(29歳 東京都 夜勤単発派遣)

MCナースネットで有料老人ホームのバイト求人(´∀`*)

kango43.jpg
MCナースネットの紹介で有料老人ホームのバイトをしています。

有料老人ホームは夜勤のある職場と、オンコールのみの職場があり、遅出や早出もあり、私は時短勤務の遅出で働いています。

私は准看護師で専門学校に通いながら正看を目指しています。

学校が早く終わったときは16時から21時まで、実習やテストの時期はお休みをいただけたりと、かなり融通を利かせて貰えます

MCナースネットは、准看求人が多いので、条件にピッタリの求人がきっと見つかりますよ!

(20歳 埼玉県 有料老人ホーム)

MCナースネットが派遣看護師に人気の理由(^^)

MCナースネットが1位の理由.jpg

信頼できる看護師派遣会社の選び方

看護師派遣会社3社を徹底比較

項目
MCナースネット

看護のお仕事派遣

看護roo派遣
許可された日 平成16年02月01日 平成19年01月01日 平成07年07月01日
派遣会社の特徴 ・単発、短期派遣に強い
・ツアーナース
・イベントナース
・健診センター、学校健診
・クリニック
・企業看護師
・長期の派遣求人に強い
・職場の内部事情に詳しい
・医療機関、施設とのパイプが太い
・高時給の求人が多い
・首都圏求人情報に強い
・社会保障、福利厚生が充実
対応地域 全国対応 首都圏(東京 神奈川 千葉 埼玉) 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉) 関西(大阪・兵庫) 中部地方(愛知)
支店数 18支店 13支店 4支店
主な派遣の種類 ・スポット(1日限定)派遣
・産休代替派遣
・紹介予定派遣
・短期派遣(1~3ヶ月)
・紹介予定派遣 ・産休代替派遣(長期) ・紹介予定派遣 ・産休代替派遣(長期)

看護師派遣会社の選び方✩3つのポイント

ポイント1・派遣許可番号を得ている!

派遣の選び方1.jpg
「派遣許可番号って何?どうやったら許可を得ることができるの?」

「派遣NGの会社なんて本当にあるの?」

看護師求人・転職サイトは一般求人は豊富ですが、派遣求人は紹介できない会社が多く、また派遣求人の紹介が可能なのかを調べる方法が分からないと言う声が多く聞かれました。

でも、看護師派遣求人の紹介が可能な会社には派遣免許番号の記載が義務付けられており、この許可がなければ派遣求人を紹介することが出来ません。

派遣許可番号は厚生労働省の認定が必要であり、派遣許可を得た会社は厚生労働省から認められた会社となり、信頼できる会と言えます。

ポイント2・看護師派遣の実績数が多い!

派遣の選び方2.jpg
「派遣の実績数なんてどうやったら分かるの?会社によってそんなに違いがあるの?」

「派遣の紹介実績が多いと、どんなメリットがあるの!?」

派遣法では派遣先が派遣看護師を選別することを禁止しているため、より良い人材を得るためには、看護師派遣会社に依存せざるを得ませんでした。

でも、看護師派遣実績の多い看護師派遣会社なら、派遣先から信頼を得ているため、より良い労働条件を提示してもらうことができます。

給料アップ交渉や労働条件交渉など、より有利に進めることができますよ(^ω^)

ポイント3・全国対応の看護師派遣会社!

派遣の選び方3.jpg
「地域密着型の派遣会社のほうが、小回り効きそうで良い気がするんだけど!?」

「地元で派遣をしたいから、全国対応とか私には関係なさそう・・・。」

一般の看護師求人では、系列病院や提携病院などへの就職は、全くメリットがありませんでした。

でも、看護師派遣求人では全国の病院や施設とのパイプのある看護師派遣会社を利用することで、派遣先からの信頼を得ることができ、スムーズに業務に入ることができます。

また、全国の病院や施設とのパイプがあることで、病院の内部事情を調べることや現役看護師の生の声を聞くことが可能であり、より良い求人をピックアップして紹介することができます(^ω^)

看護師派遣NGリストに注意!

派遣NGリスト1:ナース人材バンク

ナース人材バンクNG.jpg
ナース人材バンク会社概要.png
ナース人材バンクは、派遣許可番号を得ていません

ナース人材バンクは、大手の看護師求人・転職サイトです。

でも、ナース人材バンクは厚生労働省の派遣許可を得ていないので、看護師派遣求人の紹介をすることはできません。

ナース人材バンクは、一般求人の求人数や、転職実績は業界最高クラスの会社です。

派遣NGリスト2:ナースフル

ナースフルNG.jpg
ナースフル会社概要.png
ナースフルは、派遣許可番号を得ていません

ナースフルはリクルートが運営する大手の看護師求人・転職サイトです。

一般求人の紹介に特化しており、派遣免許番号を得ていないので看護師派遣求人の紹介をすることは出来ません。

リクルートの圧倒的な知名度で、看護師登録者数・人気は業界最高クラスです。

派遣NGリスト3:ナースではたらこ

ナースではたらこNG.jpg
ナースではたらこ会社概要.png
ナースではたらこは、派遣許可番号を得ていません

ナースではたらこは、CMでも見かける知名度の高い看護師求人・転職サイトです。

転職実績ナンバー1であり、信頼のできる会社ですが、派遣免許番号を得ていないので、看護師派遣求人の紹介をすることはできません。

常勤やパート求人を希望する方におすすめの会社です。

派遣NGリスト4:マイナビ看護師

マイナビ看護師NG.jpg
マイナビ看護師会社概要.png
マイナビ看護師は、派遣免許番号を得ていません

マイナビ看護師は、大手の看護師求人・転職サイトです。

特に、バイトやパートなどの非常勤求人が豊富です。

マイナビ看護師は、派遣許可番号を得ていないため、看護師派遣求人の紹介をすることができません!

派遣看護師の働き方について

a6426dfd947411761cbe9eb4a0bb6338.jpg

単発・スポットの看護師派遣求人

単発派遣はママさんナースにおすすめ

看護師単発派遣は、1日限定の仕事です。

1日限定だから先の予定を立てるのが難しいママさんナースにおすすめです。

シフト完全自由だから、好きな時に好きなだけ働くことができ、育児と仕事の両立が可能です。

単発派遣はダブルワークにおすすめ

看護師単発派遣は、1日限定の仕事だから、ダブルワークの方でも無理なく続けることができます。

常勤ナースでも、単発派遣ならダブルワークが可能です。

単発派遣はシフト完全自由だから、本業がお休みの時に仕事を入れることができます。

短期・期間限限定の看護師派遣求人

短期派遣は次の仕事までの繋ぎに最適

短期派遣は1ヶ月以上~6ヶ月までの間で期間限定で働く仕事です。

年度途中で退職して次の仕事が決まっている方や、子供の保育園や学校生活が慣れてから常勤復帰したい方など、次の仕事までの繋ぎとして最適の働き方です。

短期派遣は、派遣期間を自分で選ぶことができるので、ライフスタイルに合わせて働くことができます。

短期派遣は転勤が多い家庭でも安心

看護師短期派遣は、1ヶ月以上~6ヶ月の期間限定で働く仕事です。

ご主人が転勤族と言う方は、同じ職場で働くのが難しいのですが、短期派遣なら自分の都合に合わせて仕事の期間を選ぶことができるので、無理なく働ことができますよ。

紹介予定の看護師派遣求人

紹介予定派遣なら職場の内部事情を知ることができる

紹介予定派遣はおおむね6ヶ月以内に、派遣から直接雇用になることを前提として働くことを言います。

職場の内部事情を知ってから直接雇用を選択することができ、自分に合わない職場なら辞退することができるので、失敗のない転職が可能です。

紹介予定派遣ならブランクナースでも安心

派遣スタートから、おおむね6ヶ月で直接雇用を前提として働く紹介予定派遣は、派遣ナースで働きながら研修を受けたり、仕事をしながら業務を覚えることができるため、ブランクが長いナースでも安心して始めることができます。

ブランクが長くなると復帰への不安は大きくなりますが、紹介予定派遣なら、派遣期間で体を慣らして、慣れた頃に直接雇用となるので、看護スキルに自信のない方や経験の浅い方でも安心ですね(^ω^)

夜勤の看護師派遣求人

夜勤派遣なら短期間で効率よく高収入

看護師の夜勤派遣求人は高給が可能なため、短期間で効率よく稼ぐことができます。

看護師夜勤派遣は、1日限定の求人や、不定期での求人、短期求人などさまざまな種類があります。

夜勤1回30,000円以上可能であり、短期間で効率よく稼ぐことができます。

夜勤派遣はママさんナースにこそおすすめ

ママさんナースの多くは夜勤NGで、日勤のみの求人を探します。

でも、夜勤派遣なら、子供が寝ている間に働いて、日中は子供と一緒に過ごすことができるので、ママさんナースにこそおすすめな働き方です。

24時間オープンの院内保育所など、育児支援体制が整った職場なら、小さな子供がいるママさんナースでも、夜勤で働くことができますよ!

派遣看護師の給料・ボーナスについて

派遣看護師の平均時給について

首都圏と地方では平均時給の差が大きい

派遣看護師の平均時給はバイトやパートに比べて高額ですが、首都圏と地方を比べると首都圏のほうが圧倒的に時給が高くなっています。

地方の派遣看護師の平均時給は1,800円前後ですが、首都圏の派遣看護師の平均時給は1,800~2,500円と高給です。

派遣看護師はボーナス支給はあるの?

派遣看護師がボーナスを貰えるのは稀なケース

派遣看護師の給料は派遣会社から支給されます。

ボーナスは、常用スタッフに対して支給されるので、派遣看護師は該当しないケースがほとんどです。

つまり、派遣看護師ではボーナス支給の対象となることは希なケースと言えます。

派遣看護師の年収はどれくらい?

派遣看護師は年俸制の求人は稀

派遣看護師の求人では、1年単位での求人は少なく、1ヶ月や6ヶ月などの短期間での求人が多いため年収相場を知ることは難しい。

派遣看護師は1日単位や1時間単位の給料が高いため、常勤のようにコンスタントに働くことで、年収500万円~600以上稼ぐことも可能です。

時給2,000円以上の派遣求人を選べば、日給は1万6千円(1日8時間勤務として)となり、月に20日間の勤務で32万円の月給となる。

夜勤派遣となると、1回勤務で3万円~4万円以上可能となるので、月収は40万円以上可能となる。

離島や首都圏応援ナースなど、時給や日給が高額な求人なら、年収600万円以上、月収40~50万円以上も可能です。

派遣看護師は、年収や月収の目標金額に近づけるように求人選びをすれば、常勤やフルパートよりも効率よく稼ぐことができますよ(^ω^)

派遣看護師の手取り給料と税金について

派遣看護師の税金について

派遣看護師の給料は、派遣会社の給料日に支払われます。

この時の振込まれる金額は、源泉徴収料が差し引かれた額となっています。

源泉徴収料とは、所得税と復興特別所得税を合わせた金額であり、年収により徴収される額が決まっています。

所得100万円以下の場合の所得税は一律10%と決まっており、これに復興特別所得税が0.21%加算されるため、一律10.21%が税金として引かれることになります。

つまり、月収が10万円の場合の手取りは、所得10万円×0.1021%(所得税+復興特別所得税)=10,210円(税額)。

100,000円ー10,210円=89,790円が手取りの金額となります。

派遣社員の場合は所得税などの源泉徴収料は天引きされますが、住民税の天引きはされないので、年末調整(確定申告)を行い、自分で住民税を納める必要があります。

派遣看護師の年末調整と確定申告について

年末調整は誰がするの?

派遣看護師の年末調整は、その年の12月の時点で雇用契約があり、派遣会社から給料を得ている場合は、派遣会社が年末調整をおこないます。

派遣会社は、12月の時点で雇用契約のある者の年末調整を行う義務があります。

複数の派遣会社に登録している場合の年末調整は?

その年の12月の時点で雇用契約をしている派遣会社が年末調整を行いますが、12月の時点で複数の派遣会社から給料を得ている場合は、給料額が一番多い派遣会社でまとめて年末調整を行ってもらいます。

複数の派遣会社を利用している場合は、年末調整を依頼する派遣会社に、複数の派遣会社が発行する源泉徴収をまとめて渡しましょう。

派遣社員で確定申告が必要なケース

雇用契約をしている派遣会社で年末調整を行える条件を満たしていれば、派遣会社が年末調整を行いますが、条件を満たしていない場合は、年度末に確定申告を自分で行う必要があります。

派遣看護師として複数の派遣会社を利用している場合は、それぞれの会社から源泉徴収票をもらい、しっかりと保管しておきましょう(^ω^)

看護師派遣と看護師バイトの違いについて

派遣求人のしくみについて

派遣とバイトでは雇用形態が違う!

派遣看護師は派遣会社に雇用されたスタッフです。

そのため、派遣看護師の雇用主は派遣会社となり、給料の支給・福利厚生などは派遣会社の規定に従います。

バイトの場合は、雇用主は病院・施設となるため、給料や福利厚生は病院・施設の規定に従います。

看護師派遣の仕組み

派遣の仕組み(画像).jpg

看護師バイト・パートの仕組み

バイトやパートの仕組み.jpg

派遣看護師の給料がバイトやパートよりも高い理由

派遣看護師は派遣会社と雇用家約を結んでいるため、派遣会社の規定に従うことになり、給料額は派遣会社が決定します。

派遣会社と派遣先は、それぞれ派遣契約を結んでおり、派遣先は派遣会社に派遣料金を支払い派遣看護師の紹介をしてもらいます。

派遣会社は派遣先の病院や施設から派遣料金をもらっており、この一部を看護師に還元することで、看護師の時給を高くすることができます。

そのため、同じ職場で働いていても、利用する派遣会社によって時給が異なります。

看護師バイトが看護師派遣より給料が高いから人気!

看護師派遣が違法と言われる理由

派遣看護師は派遣法の規定に従って、派遣先や派遣期間に制限が設けられています。

医療機関や施設は、常に看護師不足に悩まされており、人材不足解消のために一定の制限を設けて看護師の派遣が許可されることになりました。

派遣看護師では、派遣先や派遣期間が制限されているため、これらを守らなければ違法となるのですが、制限の内容を詳しく知らなければ、どの部分が違法になるのか分からないため、看護師派遣=違法と誤解している方がいるのです・・・。

違法な派遣を避けるためにも、信頼のできる看護師派遣会社を利用することをおすすめします。

看護師派遣の登録会って何?

派遣看護師として働く場合は、派遣会社を直接訪問するか、出張登録会に参加して、派遣会社に登録をする必要があります。

派遣会社に登録をすることで、登録型派遣としての仕事紹介が可能となります。

登録型派遣とは、一定の派遣期間内のみ雇用されることを言い、派遣期間が終了すると雇用契約も終了します。

常用型派遣は、派遣会社の社員として雇用されている状態であり、派遣期間が終了した後も、派遣会社の社員としての契約は継続するため、身分的に安定した雇用形態と言えます。

ただ、看護師の場合は、派遣受け入れ先が豊富で求人は常時あるため、雇用形態を問わず身分は安定していると言えます。

登録型にしても常用型にしても、どちらにしても派遣会社と面談の上での登録が必要となります。

直接登録を行わないと、派遣看護師として仕事を紹介することができないので注意が必要です!

看護師派遣の登録・登録会について

派遣看護師とバイト看護師の給料相場について

派遣看護師の時給相場

派遣看護師の時給相場は、時給1,800~2,500円ほどです。

派遣先により時給の差が大きいですが、平均時給はバイトやパートよりも高いです。

同じ職場であっても、バイトやパートと比べて時給が500円ほど高いこともあります。

派遣求人は、全体的に時給が高く、高給だからと言う理由で派遣を選ぶ方もいます。

バイト看護師の時給相場

バイト看護師の時給相場は、時給1,400~1,800円ほどで、派遣看護師に比べると時給は低いです。

バイト看護師は、同じ職場で同じ業務内容を行っても、派遣看護師よりも時給が低くなってしまいます。

でも、派遣看護師には期限設定がされており、期限を超えて派遣看護師を続けることはできません。

バイト看護師には期限制限がないため、期限を気にせずに働くことができると言うメリットがあります。

派遣看護師の社会保険について

派遣看護師は社会保険に加入できるの?

社会保険には、「雇用保険」「厚生年金保険」「健康保険」「介護保険」「労働者災害補償保険」の5つの保険があります。

派遣看護師は、派遣会社に雇用されているため、一定の条件を満たすことで社会保険に加入することができます。

一定の加入条件を満たしていれば、社会保険に加入したほうが将来の補償や、就業補償がされるため、より安心して働くことができますね。

派遣看護師の福利厚生について

派遣看護師の福利厚生☆各種保険

優良な派遣会社なら、雇用保険・健康保険・厚生年金保険など、働く上で重要な社会保険に加入することが出来ます。

ブラック企業では、一切の社会保険が受けられないケースもあるため、優良な派遣会社を利用することがポイントですね(´∀`*)

派遣看護師の福利厚生☆研修制度

派遣会社によっては、ブランクナースを対象に看護スキルセミナーを開催しているケースもあります。

派遣会社でスキルチェックを行い、派遣前に研修を行うケースもあります。

セミナーや研修の内容は様々で、大手の看護師派遣会社では各種研修やセミナーが頻繁に行われており、経験の浅いナースやブランクナースでも安心して仕事をスタートすることができますよ(´∀`*)

派遣看護師の福利厚生☆産休・育休

看護師に限らず派遣スタッフは、一定の条件を満たせば育児休暇を取得することができます。

育児休暇の取得条件は、「1年以上、同一の職場で勤務しており、1年後も同一の職場に継続して雇用されることが見込まれる」と言う条件があります。

派遣看護師は、1年以内の期間限定や短期間での求人が大半であるため、育児休暇の取得の条件を満たすことは難しいと言えます。

産休・育休とも、一定の条件を満たせば取得が可能ですが、産休・育休を終えた後も、同一の職場に派遣されると言う補償はありません。

産休・育休の交渉などは、優良な派遣会社に代行してもらうことで、有利に交渉を進めることができますよ。

派遣看護師の福利厚生☆有給休暇・特別休暇

有給休暇の取得のためには一定の条件がありますが、条件を満たすことで派遣看護師でも常勤スタッフと同じように有給休暇を得ることができます。

有給休暇の取得のためには、同一の職場で6ヶ月以上、継続雇用されていると言う条件があるため、短期雇用や単発雇用の派遣看護師では有給休暇を得ることが出来ません。

同一の職場で長く勤めていると、労働時間に応じた有給休暇を得ることができます。

看護師派遣求人には単発・短期の派遣求人が多い!

単発・短期の派遣求人が多い職場はどこ!?

看護師派遣求人は、1日限定のスポット派遣や、1週間・1ヶ月・3ヶ月などの短期派遣などの求人が多く見られます。

それは、派遣法により単発派遣が可能な職場が決められているからです。

スポットや短期間での派遣は、医療ニーズの低い介護施設に限られます。

医療ニーズの高い医療機関やクリニックでは、単発や短期での派遣は禁止されています。

単発や短期の派遣求人は、老健・老人病院・老人ホーム・デイサービスなどの介護系施設で多く見られます。

看護師派遣求人はシフト完全自由!

好きな時だけ働ける派遣看護師の仕事

看護師派遣求人の多くは、介護系の施設での求人です。

介護系の施設は、常に看護師不足に悩まされているため、常時看護師の募集をしています。

単発や短期での募集が大半と言うこともあり、好きな時に好きなだけ仕事の予約を入れることができますよ。

派遣看護師と派遣法について

看護師派遣求人は同じ職場で3年以上働けない!

労働者派遣法と抵触日

労働者派遣法の規定では、派遣元は3年以上継続して派遣看護師を受け入れることが出来ません。

派遣元だけではなく、派遣看護師側にも派遣期間は定められており、こちらも同じく3年間です。

でも、派遣元では1人の看護師に対して派遣期間が設定されているのではなく、全ての派遣看護師の派遣期間が3年以内とされているため、派遣の抵触日付近で採用された場合は、3年を待たずに派遣期間が終了してしまいます。

派遣看護師の派遣先には制限がある!?

医療機関への派遣の制限

看護師派遣求人には、大きく分けて「紹介予定派遣」「産休代替え派遣」「期間限定派遣」「僻地・離島への派遣」の4種類があります。

4種類のうち「紹介予定派遣は」おおむね6ヶ月以内に直接雇用になることを前提として派遣される働き方で、「産休代替え派遣」は、産休や育休でスタッフ不足となる職場の補助として派遣される働き方であり、どちらも医療機関への派遣が許可されています。

また、「僻地・離島への派遣」も、医療が不足している地域への補助として派遣されるため、医療機関での就労が認められています。

つまり、「単発・短期派遣」は、医療機関・クリニックなど、医療ニーズの高い職場への派遣は許可されていないと言うことです。

医療機関への派遣の制限は、医療ミスの防止や質の高い医療の提供が目的と言えます。

医療機関では、難しい医療行為が多かったり、難しいケースの疾患が多いことから、期間限定での就労ではカバーできない部分が大きいため、派遣の制限がされています。

派遣看護師が医療行為を行うのは違法なの?

派遣看護師と業務内容

派遣に限らず、ほとんどの医療機関(病院・クリニックなど)では医療行為が行われています。

看護師が行う医療行為は、医師の指示のもとで行うことができますが、派遣看護師であっても、医師の指示による医療行為に制限はありません。

他のスタッフと同じように医療行為を行うことができますし、もちろん違法と言うこともありません。

でも、派遣看護師は直接雇用を前提とした紹介予定派遣や、医療スタッフ不足解消のための離島・僻地応援ナースなど、長期的に派遣を行うと言う前提がなければ、医療機関に看護師を派遣することは出来ません。

つまり、医療ニーズの高い病院やクリニックでは、単発や短期の派遣は制限されていると言うことです。

看護師派遣のメリットとデメリットについて

看護師派遣求人のメリットは高給!

看護師派遣求人は時給2,000円以上の求人が豊富

pixta_11145309_S.jpg 看護師派遣を希望される方は、派遣を選ぶ理由として「高給」をあげる方が多いですね。

確かに看護師派遣は高給なイメージが強いですし、時給2000円以上の高額求人も多いです。

看護師派遣求人の時給相場は、時給1,600円~2,000円ほどで、バイトやパートなどの非常勤求人に比べて高給な求人が多いです(´∀`*)

看護師派遣求人は、時給相場が高めに設定されていますが、地域によって時給相場が大幅に違ったり、施設や病院によって待遇が大幅に違うこともあります。

また、地方の看護師派遣求人は時給相場が低めに設定されていることが多く、時給1,800円前後の求人が中心です。

高給だからと言う理由で派遣を選ぶなら、より高給で好条件な求人を選びたいですね!

看護師派遣会社のメディカルコンシェルジュは、高給求人が豊富なのでおすすめですよ(´∀`*)

看護師派遣と看護師バイトの違いについて

「看護師派遣」と「看護師バイト」の違いが良く分からないと言う方は意外と多いですね。

派遣=非常勤(バイト・パート)というように勘違いしている場合が結構多いのです。

看護師派遣を希望する場合に気をつけたいのは、「看護師派遣」の働き方に納得しているのか?と言う点です。

看護師派遣と看護師バイトの一番大きな違いは、雇用形態です。

雇用形態が違うと何が変わるの?どんなメリットがあるの?と分かりにくいですよね?

派遣看護師は派遣会社に雇用されているので、給料や福利厚生は派遣会社に補償されています。

バイトやパートの看護師は病院や施設などの職場に雇用されているので、給料や福利厚生は職場に補償されています。

看護師派遣会社は、「派遣先」との間に派遣契約を結んでおり、派遣先から「派遣料金」を貰い運営しています。

この「派遣料金」の一部を看護師に還元することで、派遣看護師の時給をアップさせることが可能で、派遣会社では派遣先に給料アップ交渉を行うのはもちろん、派遣会社側でも看護師の時給アップのために。派遣料金の一部を時給に上乗せして支給しています。

そのため派遣看護師は、同じ職場で同じ業務をしていもて、バイトやパートの看護師よりも時給が高いワケです(´∀`*)

また派遣求人が多い派遣会社は、派遣料金を多く貰うことができるので、派遣看護師に大きく還元することができます!

より高給な求人を探すためには、バイトやパートよりも派遣求人を選んだほうが良いですし、派遣会社によって看護師の時給に差が出てくるので、派遣会社選びは重要と言うことですね。

看護師派遣会社のメディカルコンシェルジュは、高給求人が豊富でおすすめですよ。

看護師派遣の一番のメリットは「高給」という点だと思います。

派遣看護師の給料は派遣会社から支払われる!

pixta_6518547_S.jpg これは、看護師派遣の雇用体制に理由があります。

看護師派遣の場合は、派遣ナースは「派遣会社」に雇用されます。

ここがその他の非常勤(バイト・パート)とは違うポイントです。

その他の非常勤の場合は、直接病院やりクリニックに雇用されますよね。

派遣看護師の場合は雇用主が派遣会社となるので、給料や交通費などは派遣会社から支払われます

その他のシフト調整や休み調整なども派遣会社の担当者が行います。

直接雇用と派遣会社の雇用でどうして給料の差が出る理由(´∀`*)

派遣看護師とバイト看護師では、同じ職場で同じ業務を行っても給料に差があるのは、派遣会社の成り立ちに理由があります。

派遣会社は、病院や施設、クリニックなど派遣ナースを募集している職場の情報を自サイトに公開したり、求人票に出したりしますね。

派遣会社に雇用される事と、直接雇用される事でどうして給料の幅が出るのか?と不思議に思う方も多いのですが、派遣会社は派遣看護師が欲しい病院・施設・クリニックなどの情報をネットや求人誌などで流してくれます。

病院がいくら派遣ナースを募集しても、なかなか人が集まりません。

でも集客力のある派遣会社なら、あちこちで情報提供したり、登録しているナースに求人紹介をしたりして、派遣ナースを確実に探してくれます。

この時に、病院・施設・クリニックは派遣会社に、登録料や紹介料などを支払います(派遣料金)

この手数料で派遣会社は成り立っています。

派遣看護師を紹介する度に、それをれの病院・施設・クリニックから手数料を貰います。

これは看護師の見込み年収の1/3の額ほどです。

つまり、年収600万の見込みの看護師を紹介すると、病院は派遣会社に200万円の手数料を支払う事になります。

この手数料の一部を看護師に還元しているので派遣会社の求人は高額求人が多いのです。

同じ職場で同じ時間、同じ仕事をしても、直接雇用のナースよりも派遣ナースの方給料が高くなり、派遣ナースの平均時給は2,000円前後です。

高給な看護師派遣求人では、時給2,500円~3,000円の求人もあります。

でも、直接雇用の場合は、平均時給は1500円前後です。

派遣看護師とバイト看護師の時給を比べると、派遣看護師の方が時給が300円〜500円高くなります

同じ仕事をしてもこれだけの時給の差があるので、日給にすると数千円の差になりますね。

一度派遣を経験すると、ずっと派遣を続けたくなる!と言う方が多いのは、このように、効率よく稼ぐことが可能だからと言えいますね(´∀`*)

地域密着型の派遣会社と、全国展開の派遣会社の違い

派遣会社は地元に密着して地域限定で営業している場合と、全国展開している会社に分かれます。

地域密着型の派遣会社は、その地域に特化した求人情報に強く、全国展開の派遣会社は求人数の多さが圧倒的に違います。

全国展開の派遣会社は主にはネットで派遣求人を紹介しており、全国に支店があります。

地域に密着した派遣会社のほうが小回りが利くのでサポート力が高いと言う声も聞かれますが、全国の多くの病院や施設とのパイプが太い全国展開の派遣会社のほうが、派遣先からの信頼を得ることができ、スムーズに業務に入れると言う声もあります。

全国展開している派遣会社は、全国にいくつか支店を持っていて説明会や登録会などを行っており、地元密着型の派遣会社と同じく、担当のコンサルタントがサポートを行ってくれます。

全国展開の看護師派遣会社(メディカルコンシェルジュパソナメディカルなど)は、求人数が圧倒的に多いので、好条件の求人も豊富にあり、高給求人やシフト完全自由の求人など人気の求人が多いのが特徴です。

派遣看護師の場合は、シフト調整・休日や出勤時間、出勤日数の交渉など、勤務に関する交渉は派遣会社が代行します。

また、給料アップ交渉・条件交渉・退職交渉など、全ての交渉は派遣会社が代行しますが、交渉には地元密着型の派遣会社も全国展開の派遣会社も、とくにどちらが良いと言うことはありません。

派遣看護師のデメリットについて

派遣看護師には派遣期間の制限がある!

pixta_2321254_S.jpg 1人の看護師が同じ職場で派遣を続けることができる期間は3年間です。

派遣を開始した日から3年後の日付は「派遣の抵触日」と言い、この日付の期間しか派遣を続けることが出来ません。

ただ、この派遣の抵触日は、その病院・施設内で働く全ての派遣看護師の派遣期間となるので注意が必要です。

つまり、自分よりも先に、その病院や施設で派遣看護師が働いている場合には、一番最初に派遣をスタートした看護師の抵触日に左右されてしまうと言うことです。

派遣看護師に派遣の抵触日が設定されているように、派遣先(病院や施設)にも抵触日が設定されています。

これを知らなければ、3年間は派遣を続けられると思っていたのに、ほんの1ヶ月しか期間が残っていなかった!!なんてことにあるので注意が必要です。

派遣看護師派遣先(病院・施設)の制限

労働者派遣法によって、派遣看護師は派遣先が制限される場合があります。

派遣看護師にはいくつかの働き方があり、「短期・単発派遣」「紹介予定派遣」「産休代替え派遣」などの働き方があります。

労働者派遣法では、看護師不足の職場を解消する目的として、派遣期間を経て職場に直接雇用になることを前提として派遣する「紹介予定派遣」を基本としています。

派遣先が制限されるケースは、「病院」や「クリニック」などの医療機関は、紹介予定派遣・産休代替え派遣など、長期に渡って働くことを前提としていなければ、派遣看護師を派遣することができません。

病院やクリニックでは単発や1~2ヶ月の短期派遣は禁止と言うことです。

派遣看護師と希望するのはどんな人が多いの?

看護師派遣を希望する方は
(1)育児中のママさんナース(健診派遣が多い)
(2)年度途中の退職で次の職場の復帰までの繋ぎとして働く(直接雇用の意思はないが紹介予定派遣で働く)
(3)ブランクの防止(短期間の派遣を何度も繰り返す)など

(1)のママさんナースは、育児と仕事の両立の為に、高給・短時間勤務・シフト調整が可能などの理由で、派遣求人を選ぶ方が多いです。

ママさんナースは、子供が小学生に上がったらパートや常勤で復帰したいけど、子供が小さいうちはシフト調整が可能な派遣でと希望される方が多いのです。

(2)の年度途中の退職で次の職場の復帰までの繋ぎとして働く(直接雇用の意思はないが紹介予定派遣で働く)と言うケースでは、看護師派遣求人は派遣期間を自分で選択することができるため、年度途中の中途半端な時期に退職してしまった場合などは、次の仕事までの繋ぎとして派遣看護師を選ぶ方が多いです。

(3)ブランクの防止(短期間の派遣を何度も繰り返す)と言うケースでは、今は常勤で復帰する予定はないが、看護スキルや知識が低下しないように、マイペースに派遣をしたいと言う方が多いです。

看護師派遣求人は、介護系の職場での求人が多いため、ブランク防止の目的や、ブランクナースの体慣らしとして選ぶケースも多いのです。

紹介予定派遣の場合は絶対に直接雇用にならないとダメ?

派遣看護師はなるべく長く派遣を続けたい人が多い

pixta_4995602_S.jpg 派遣会社の求人は、「紹介予定派遣」が9割です。

今後半年以内に、どこかの職場で常勤やパートで働きたい!と思っている人以外は、派遣よりも単発バイトや期間限定バイトの方がおすすめです。

もちろん、看護師派遣を長く続ける方法として、紹介予定派遣を続けて、派遣期間が来たら他の職場に移るという方法もありますし、実際にそうしているナースは多いですね。

派遣会社の方も、紹介予定派遣で働く看護師も実は直接雇用は望んでいない事を良く分かっていて、派遣期間が近づくと他の求人を紹介してくれます

でも、派遣会社によっては、直接雇用のナースを沢山紹介したほうが病院やクリニック・施設からの評価は高まるので、強引に直接雇用に持ち込もうとする事もあります・・・。

もちろん病院や施設側も直接雇用が希望なので、派遣期間が終わる前は毎日ひつこく「いつから直接雇用になれるの?」など聞いていますし、「時給がいくらなら働ける?」とか「休みは希望とおりにつけるから、お願いだから働いて!」なんて泣き落としのようになる事もあります。

気が弱い方なら仕方なく直接雇用に・・・となってしまうパターンもありますね。

直接雇用になると、病院・施設側が提示する給料に下がってしまうため、デキル担当者の場合は、給料アップ交渉で何とか派遣ナースの給料に近づけてくれます。

また、直接雇用の場合は、常勤やフルパートで希望される事が多いのですが、時短勤務や週3日勤務、土日などの条件を交渉してくれます。

私は派遣会社に3カ所登録していました。

1つは地元密着の看護師専門の派遣会社で、後の2つは看護師以外の職種の派遣も扱う総合派遣の会社でした。

もちろん、サポート力があるのも、病院や施設との交渉力があるのも看護師専門の派遣会社です。

当時、紹介予定派遣を始めてたったの1ヶ月で派遣期間が切れる事になり、担当者は施設に時給アップ交渉と勤務時間・勤務曜日の交渉をしてくれました

派遣ナースの時給は1900円で、直接雇用になると時給は1400円になるとの話でしたが、担当者が一所懸命に交渉してくれて、時給1700円でという話になりました。

派遣ナースから直接雇用になった場合は、高い時給からスタート出来る可能性が高いです。

デイサービスや老健などの介護系の職場は時給が安いので、派遣ナースから始めて、直接雇用になる時は、給料アップ交渉をしてもらうのも1つの手ですね☆

妊娠中の看護師派遣について

妊娠中に単発派遣で働きたい!

妊娠中でも派遣求人に応募できるの?

看護師派遣求人では、妊娠中だからと言う理由で応募できない求人はありません。

安定期に入って体調が良いから、単発や短期で働きたい!と言うナースも多いですしね!

でも、妊娠中の求人となると、長期派遣ではなく短期や単発での派遣求人がメインになります。

単発や短期派遣の場合は、医療機関への派遣は禁止されているので、基本的にはデイサービスや訪問入浴、老健・老人ホームなどの介護施設での求人がメインとなります。

介護施設では、看護師も介護士と同じく介護業務を行うと言う職場が多いため、妊娠中には体力的にキツイと感じる場合もあります。

もし、妊娠中に派遣会社に登録をして単発・短期の派遣がしたいと言う場合は、派遣会社には妊娠中であることや、体調面のことなどを、事前に伝えることをおすすめします。

派遣看護師と育児について

派遣看護師は子育て中ナースが多いって本当!?

派遣看護師の年齢は様々ですが、30~40代の子育て世代のナースが多いのが特徴です。

派遣看護師は、シフトの自由度が高いこと、時短勤務が可能なこと、長期休暇(夏季・冬季)が取れるなど、ママさんナースが働きやすい条件の求人が多いため、30~40代のナースが活躍しています。

派遣ナースなら、子育てと仕事の両立が可能だと言えますね(´∀`*)

派遣看護師ならブランクナースでも大丈夫!

派遣看護師はブランクナースが多い理由

なぜ、ブランクナースは派遣を選ぶのか?

ブランクが長くなるほど、職場復帰への不安は強くなりますよね・・・。

でも、看護スキルや知識の低下も心配だし、ブランクが長なるほど、もう常勤での復帰は難しいだろう・・・と思ってしまいます。

でも、派遣求人の場合は、介護施設のような医療行為が少ない職場の求人が大半です。

ブランクナースのほとんどが、医療行為が不安で復帰ができないと言うように、医療行為の不安さえなければ、ブランクでも問題はありません。

ブランクが長い看護師は、医療行為が少ない職場を選ぶケースが多いため、派遣求人を選ぶとも言えますね。

派遣看護師と復職セミナー

看護師派遣会社では、ブランクナースのための復職セミナーを開催していることがあります。

職場で復職支援セミナーが開催されることもありますし、派遣会社で開催されることもあります。

セミナーの内容は様々ですが、復職支援セミナーの場合は、看護の基本を実技・講義の両面から行うことが多く、ブランクナースが最も不安に思っている採血や輸液の管理などの実技を行うセミナーもあります。

ブランクナースの場合は、復職セミナーが充実している看護師派遣会社を選んだり、サポート体制が充実した職場を選ぶことをおすすめします。

派遣看護師が働きやすいようにサポート体制が充実した職場を選ぶのも1つの手ですね(´∀`*)

看護師派遣会社であるメディカルコンシェルジュなら、サポート体制が充実した職場を探してくれますよ!

派遣看護師と副業について

副業におすすめな看護師派遣求人について

おすすめな副業の条件

常勤やパートをしながらダブルワークを希望する場合は、シフト完全自由の求人を選ぶ必要があります。

好きな時に自由に働ける求人となると、単発の派遣求人がおすすめです。

単発派遣求人は、1日限定の仕事で、好きな時に好きなだけ働くことができるので、ダブルワークのナースに人気があります。

ダブルワークに最適な派遣求人✩デイサービス

看護師の副業に最適なのが、デイサービスの単発派遣求人です。

デイサービスが副業におすすめの理由は、医療行為がほぼないこと、シフト完全自由なこと、派遣ナースの割合が高いので職場の理解があるなどです。

医療行為がほぼないデイサービスなら、ブランクナースでも安心して働けますよ(´∀`*)

ダブルワークに最適な派遣求人✩老人ホーム

看護師の副業に最適な単発派遣求人は、老人ホームです。

老人ホームには、特別養護老人ホームと、有料老人ホームがありますが、より副業におすすめなのは有料老人ホームです。

それは、特別養護老人ホームは公的な機関なので入居者を選ぶことができませんが、有料老人ホームは企業などが運営しているため、入居の基準を独自に決めることができ、入居者の介護度や医療依存度は有料老人ホームの方が低くなっています。

入居者の医療依存度や介護度が低ければ、看護業務・介護業務が少なくなるので、業務がより安楽になります。

副業は体力勝負であり、本業に支障をきたさないようにするのが重要なので、有料老人ホームはとくにおすすめです(´∀`*)

派遣看護師の生活について

派遣看護師だけで生計を立てられるのか?

月収50万円以上OKの派遣求人

派遣看護師の仕事のみで生計を立てられるのかと言う話は、結論から言うと「可能」です。

派遣看護師は、勤務日数や勤務時間によって給料が左右されますが、働き方によっては常勤以上に稼ぐことができます。

派遣看護師の求人で高給と言われているのが、「離島応援ナース」「首都圏応援ナース」「リゾートナース」などです。

これらの応援ナースは、医療スタッフの人手不足解消を目的としているため、給料や待遇はとても良い案件です。

応援ナースは6ヶ月以上の勤務が可能なことと言う条件のある求人が多く、6ヶ月以上から最長は12ヶ月まで派遣を続けることができます。

また、不妊費用・マンション費用などは、病院・施設が負担してくれるため、出費はほとんどなく新生活を始めることができます。

応援ナースなら、月収50万以上も可能ですし、ボーナス支給も期待できるので、年収600万円以上が可能ですよ(´∀`*)

単発派遣のみで生計を立てられるのか?

単発の看護師派遣求人の場合は、時給2,000円を目安に探せば、常勤並みの給料を稼ぐことができます。

日勤常勤と同じくらいの給料と考えると、月収は25~30万円くらいです。

派遣求人の場合は、時給2,000円以上の求人を選べば、日給は15,000~20,000円以上が可能なので、月収は30~40万円以上可となります。

これに、夜勤単発派遣も加えれば、夜勤1回30,000~40,000円以上可なので、月収はプラス100,000円は簡単ですよ。

単発派遣の場合は、看護師派遣会社に登録をしておくことで、コンスタントに単発派遣を紹介してもらうことができます。

事前に看護師派遣会社に、都合の良い日程を伝えておけば、日程に合わせて求人をピックアップしてくれるので、単発求人を探す手間が省けますよ。

夜勤派遣なら月収50万円以上可!?

看護師派遣で人気なのが、夜勤派遣です。

夜勤派遣は、夜勤常勤と夜勤単発と2つの働き方があり、どちらの求人も人気があります。

ダブルワークの方なら夜勤単発派遣が、効率よく稼ぐことができるのでおすすめですよ(´∀`*)

短期間で稼ぎたい!と言う方には夜勤専従がおすすめです!

看護師夜勤派遣は、1勤務30,000~40,000円が相場なので、月に8回の勤務で、24万円~32万円稼げます。

夜勤を月に10回にすると、月収40万円可ですね。

夜勤派遣のみで月収50万円以上は難しいのですが、夜勤専従なら、夜勤手当にプラスして基本給が支給されるので、月収50万円以上可能です。

夜勤業務は、職場によっては業務量が多い、残業が多い、仮眠・休憩がないなど、労働条件が悪いことがあるので、事前に職場について調べることをおすすめします。

夜勤業務は、看護師が2人または3人と少ない人数で働くので、職場の人間関係がとても重要になります。

看護師の離職率が高い職場は、人間関係が悪い職場や、労働環境が悪い職場の可能性が高いので要注意です!

看護師派遣会社のメディカルコンシェルジュなら、職場の内部事情を詳しく調べてくれるのでおすすめです。

看護師派遣会社のサポート(業務)内容について

看護師派遣会社で受けられるサポート

就業相談

看護師派遣会社では、今すぐに転職を希望しない方や、取り敢えず求人情報を調べたい方など、全ての方に無料で就労相談を行っています。

メール・電話での相談を受け付けており、看護師派遣会社に登録をすることで、より具体的に1人1人にあった働き方の提案をしていきます。

キャリア相談

キャリアアップ、資格取得など、資格やキャリアを生かせる職場探し、管理職の転職など、キャリアに関する全ての相談を受け付けています。

認定看護師・専門看護師など、資格を生かして働きたいと希望しても、職場によっては資格を生かして働くことが難しい職場もあります。

キャリア相談・就業相談を含めて、その人らしく働く提案をしていきます。

悩み相談

派遣看護師の場合は、人間関係・労働条件などの悩みは、派遣会社が代行して解決していきます。

人間関係や労働条件の悩みのように、職場を変更することで解決できる悩みなら、看護師派遣会社の方で退職交渉や条件アップ交渉を代行し、より働きやすい環境を提供していきます。

悩み相談は、電話でもメールでも常時受け付けています。

税金・保険の相談

派遣看護師の場合は、一定の条件を満たすことで社会保障を受けることができます。

社会保険や健康保険などが受けられる場合には、手続きを代行します。

また、年末調整や確定申告などの代行や、必要書類の再生を代行します。

転居に関する相談

転職にともない転居が必要になる時には、転居先の相談を受け付けています。

その地域の不動産情報や、転居の時期、転居先など、幅広く相談を受け付けています。

履歴書・職務経歴書の作成アドバイス

看護師派遣会社では、面接が有利になる履歴書の書き方をアドバイスします。

職務経歴書では、より魅力的に見える書き方や、経験した業務や、身につけたスキルを分かりやすくする書き方などをアドバイスします。

また、希望がある場合には面接対策の指導も行います。

担当コンサルタントの電話フォロー

看護師派遣会社に登録すると、1人1人に担当のコンサルタントがつき、求職から就職の期間をトータルでサポートします。

就職後は、職場での様子や不安や悩みの有無などの確認を、電話にて行います。

派遣看護師は、基本的には年度の途中で中途採用されることが多いため、同期のスタッフはいないケースがほとんどです。

同期スタッフがいない環境では、分からないことを聞いたり、愚痴を聞いてくれる人もいない状況ですが、看護師派遣会社の専任コンサルタントが就職後も責任を持って電話フォローします。

就業条件の交渉

看護師派遣会社は、勤務日数・勤務時間・出勤曜日・土日休み・派遣期間など、就業に関する条件交渉をします。

派遣看護師は、看護師派遣会社に雇用されているので、就業に関する条件交渉は全て派遣会社が代行します。

派遣スタートとなってから、職場や業務内容が合わない・・・とか、出勤時間をもう少し短くしたい・・・とか、休み希望や連休希望などは、派遣会社が職場と交渉を行います。

面接の同行

看護師派遣会社では、職場の面接の際にコンサルタントが同行するケースが多いです。

派遣会社は面接の日程が決まると、派遣先に看護師の経験年数やスキル・労働条件や希望条件などの情報を提供します。

この情報を元に面接が行われますが、面接の際には、派遣先は派遣看護師に情報の確認をすることが主であり、一般的な面接のように、就業の意欲やアピールポイントなどを聞くことは少ないです。

また、面接にコンサルタントが同行するので、派遣先はコンサルタントに質問をすることも多く、面接慣れしていない看護師でも安心して臨むことができますよ(´∀`)

単発・短期派遣の仕事先までの地図・経路図の同封

単発や短期派遣の場合は、事前に職場による面接が省略できるので、出勤日に1人で職場まで行く必要があります。

単発派遣の場合は、1日限定のスポットでの仕事となるので、職場の情報がとても少ないのです。

そのため、派遣会社では、単発や短期派遣の仕事先までの地図や経路図を同封することで、派遣看護師の負担を少なくしています。

福利厚生の充実

派遣看護師は派遣会社に雇用されているため、福利厚生は派遣会社のものが適応されます。

福利厚生の中には、各種保険・社会保障・年休や特別休暇の支給・産休や育休の取得・介護休暇や家族看護休暇の取得・各種セミナー・保養所・各種施設の優待券・社員旅行など、さまざまなものが含まれます。

また、年末調整の代行やそれに伴う各種書類の作成なども含まれます。

一般的には会社の組織が大きい方が福利厚生は充実しているため、大手の看護師派遣会社は福利厚生がとても充実しており、働きやすい環境となっています。

看護師派遣会社の最大手やメディカルコンシェルジュであり、福利厚生が充実している派遣会社として人気がありますよ。

求人先のピックアップ

看護師派遣会社では、1人1人の派遣看護師の希望や条件に合う求人先をピックアップして、その職場が本当に合うのかマッチングを行います。

大手の看護師派遣会社では、派遣実績が多いため全国のたくさんの病院や施設の情報を持っています。

実際に派遣した看護師の口コミや、派遣先の評判など、たくさんのデータを持っているので、おすすめの求人先のみピックアップする事で、より満足度の高い派遣求人を紹介することができます。

トラブル対応

派遣看護師は、派遣会社に雇用されいてる立場のため、職場の他の看護師とは異なる条件で働いています。

労働条件や時給などが職場の看護師とは異なるため、派遣先の受け入れ態勢が整っていなければ、働きにくくなってしまいます。

派遣先のスタッフとのトラブルや、職場の患者さんや利用者さん・家族とのトラブルなど、職場の看護師なら職場で解決をしてもらえますが、派遣看護師の場合は全てのトラブル対応は派遣会社が行います。

派遣実績の多い派遣会社では、派遣先との信頼関係ができているため、トラブル対処もスムーズに進むことが多く、結果として派遣看護師を守ることができます。

派遣看護師のように、ポジションが分かりにくいケースでは、大手の派遣会社にバックアップしてもらえると安心ですよ。

トラブル対応力が高いのは、看護師派遣会社の最大手のメディカルコンシェルジュです(´∀`)

給料アップ交渉

派遣看護師は派遣会社に雇用されいてるので、派遣会社から給料が支給されます。

派遣看護師の時給は派遣先から提示された金額と、各派遣会社が提示する金額に差があるケースが多いです。

それは、各派遣会社が派遣看護師を多く募集する事を目的に、独自に時給をアップさせているからです。

そのため、同じ求人先であっても、時給に差が出てきます。

派遣会社が行う給料アップ交渉は、派遣の時給を上げると言うよりも、派遣から直接雇用になる際に給料ダウンしないように交渉をすると言う要素が大きいです。 大手の看護師派遣会社の方が、給料アップできる確率が高いため、効率よく稼ぐためには大手の看護師派遣会社を選ぶ事をおすすめします。

Uターン・Iターンの相談

都市部に就職して、いずれは地元に帰りたいと言う看護師は多く、Uターン・Iターンの希望はとても多いです。

でも、職場の状況を知らずに転職をして後悔するケースが多く、転職に失敗する看護師が多いのも事実です。

そのため、Uターン・Iターンで転職を考える際には、派遣看護師として働いてから、職場が気に入ったら直接雇用となると言う流れの方が失敗は少なくなります(´∀`)

派遣なら、もし職場が合わない、業務内容や看護内容に納得できない、もっと資格を生かせる職場が良い、スキルアップできる職場が良いなど、思っていた条件と違う職場であれば、派遣期間とともに終了することができます。

Uターン・Iターンの相談では、まずは派遣看護師として働いて、職場の様子を見てから転職を決める「紹介予定派遣」も含めて紹介をしています。

派遣ナースはどんな人に選ばれてるの?私にも派遣ナースが出来るかな??

pixta_5322402_S.jpg 私は派遣ナースを始めて5年ほど経ちます。

子供が幼稚園に行き始めた3歳から派遣ナースを始めて、今はもう8歳になりました。

派遣ナースを始めたきっかけは、出産後ブランクが長くなってしまい、一般病棟に戻るのは不安が大きかったからです。

また、主人の仕事が不規則だったり、数年置きに転勤がある仕事なので派遣でマイペースに家庭や子育てを重視しながら無理のない範囲で働きたいと思ったからです。

最初は健診派遣から始めました。

これは、同じく3歳の子供を持つママさんナースの友人に紹介してもらいました。

毎年3月頃になると健診派遣ナースの募集をしていますよね。

主な仕事は学校・保育園・老人ホーム・介護施設などに出向いて健診を行います。

健診車での移動の仕事で、午前1件、午後1件という感じで仕事が入ります。

現地集合現地解散の場合もあれば、ある場所に集まってバスで移動という場合もあります。

仕事によっては集合時間が6時30分の時もありますが、勤務時間も希望出来るので、私は9時~15時頃の勤務にしてもらっていました。

健診看護師の仕事は、一般病棟などの比べるとはるかに楽です。

pixta_7414720_S.jpg 生死にかんする仕事ではないので、ピリピリとした緊張感もありませんし、毎日同じ仕事を淡々と続けるだけです。

業務も難しい事はありません。

採血を主に行うグループ、心電図を主に行うグループ、貧血検査を主に行うグループ、診察介助を主に行うグループと言うようにいくつかのグループに分かれて仕事をします。

健診派遣をしているナースのほとんどが30代~40代のママさんナースです。

子供が保育園や幼稚園に通っているという方がほとんどですね。

理由は残業がないから、土日休み、シフト調整が出来るという点です。

残業はまずありません!

というか、終了時間の前に仕事が終わってしまい、片付けもして、他のスタッフとおしゃべりしながら勤務終了時間が来るのを待っている感じです。

バスで移動してきた場合は、機材や物品をバスに運んだり、会場の後片付けを手伝います。

小さな子供がいるママさんナースばかりなので、子供の急病で職場に連絡が来て早退なんて事も良くあります。

子供は冬だけでなく、夏でもプール熱とか水疱瘡、風疹、手足口病、胃腸炎、夏風邪と掛かりますからね・・・。

冬ほどは体調不良になる日は多くなくても急ね欠勤は避けられないですもんね。

そんな時に健診派遣は、スタッフの人数が多いので急な欠勤もカバーのスタッフがいます。

それに同じく小さな子供がいるママさんナースが中心なので急な欠勤にも理解があります。

一般病棟の時は夜勤の時なんてまずシフト変更は難しいし、露骨に嫌な顔される事もありますよね。

健診派遣の仕事は、4月〜10月頃は仕事が多く週5日勤務が可能です。

時給は1500円位の求人が多く、時間は7時30分〜15時30分くらいの募集が多いですね。

勤務時間は3つ位のパターンがあり、自分で好きな時間帯を選べますよ!

土日は休みで残業はまずありません。

でも、11月~3月頃は仕事がほぼありません・・・。

検診派遣がない季節は単発バイトと掛け持ちしている看護師が多い

pixta_9428854_S.jpg 小さな子供がいる場合は、冬の時期は風邪や感染症ばかりで欠勤ばかり・・・と言う事も多いので、この期間はいっそお休みしてまた4月から働くという方もいるし、冬の期間は他の短期バイトなどをするという方もいます。

健診派遣だけで働いている方もいれば、普段から他の時短パートや単発バイトと掛け持ちしている方もいますね。

私はママさんナースには特に健診派遣はおすすめだと思います。

ただ・・・派遣の中では時給が安いのがネックです。

時給だけで選ぶなら健診派遣はおすすめできません・・・。

時給だけで選ぶなら、時給2000円以上の求人が沢山あります。

一般的には高給=ハードワークとなる事が多いのですが、派遣の場合はそれは当てはまりません。

介護系は時給が安いと言われる事が多いのですが、派遣の場合はこれも当てはまりません。

私は、夜勤の単発派遣が結構おすすめだと思います。

個人病院や老人ホームの看護師夜勤単発派遣は穴場でおすすめ

pixta_12248173_S.jpg 夜勤の単発派遣は、老健や老人病院などが多いのですが、個人病院や老人ホームの夜勤単発派遣は穴場でおすすめですね☆

特に老人ホームの夜勤は業務が楽で、19時30分以降は朝まで仕事がほぼないという事が良くあります。

有料老人ホームの場合は夜間は看護師常駐していないホームが多いのですが、夜勤のある有料老人ホームがあります。

看護師は夜の配膳や配薬が終わって健康観察した後はコールがあるまでフリーです。

しかも看護師専用の待機室があって、そこでコールがあるまで待機しているだけです。

老人ホームの場合は医療行為の必要な方は少ないですし、病院のように忙しい夜勤に鳴る事はまずありません。

コールが全くないまま夜勤が終わることも珍しくありません。

有料老人ホームの夜勤は業務が楽な上に、給料が高いのが魅力です。

拘束時間は17時30分〜9時と長いのですがl、効率よく稼げるのでおすすめですね☆

給料は1回の夜勤で2万〜3万位が相場です。

高い職場だと3万円超えの所もありますが、地方ではまずない金額です。

都心部で、一部の有料老人ホームは1回の夜勤で3万5千円ほどになるので、注目の求人だと思います!

単発派遣なら、派遣期間を気にする必要もありませんし、気も楽ですよね☆

看護師派遣会社人気ランキング/看護師派遣の口コミまとめ

派遣トップ画像1.jpg
派遣トップ画像2.jpg
派遣アフィリバナー.jpg
 

管理人プロフィール☆ダブルワークで派遣ナース

管理人プロフィール.jpg
私はダブルワークで派遣ナースをしています。

大学卒業後は大学の附属病院で3年間、その後は地元の公立総合病院で5年間、常勤でバリバリ働いていました。

地元の病院は、病院の敷地内に付属の看護学校があり、職員の8割は専門学校の卒業生と言う環境です。

田舎の公立病院なので、派閥が根強く残っていて、他の学校の卒業生は省かれる・・・と状況で、よそから入ってきた中途採用者は次々に辞めていきました。

私もそんな環境で疲れ果てて、休日も職場の事ばかり考えてしまって、体も心も休まらないようになり、仕事が楽しくない、辞めたいと毎日思っていました。

何とか5年間は勤めましたが、精神的に辛くて退職して、今は中規模の民間病院で常勤をしながら、ダブルワークで派遣ナースをしています。

なぜダブルワークで派遣をしているかというと、給料アップのためです!

大学病院も公立病院も給料・ボーナスがとても良く、その金銭感覚に慣れてしまいました。

今は結婚して子供もいるので、家庭と仕事の両立を重視しています。

それなのになぜ、ダブルワークをする必要があるの?と思う方もいると思います。

お金が欲しい理由は、子供のために貯金がしたいからと言うのも勿論ありますが、何よりも実母の療養・介護でお金が掛かるからです。

私の母は5年ほど前に脳の難病を患い、次第に介護なしでは生活が送れなくなってきました。

身体機能の衰えや、全身状態の悪化から入退院を繰り返しています。

でも、まだ年金をもらう年代ではありませんし、介護保険も使えないので、入院や治療にはとてもお金がかかります。

主人がとても理解のある人なので、私の実家に同居をしています。

だから、何とか治療費を稼ぎたい!と頑張っています。

今勤めている病院は休日数がとても多いです。

年休も毎月、連休を何箇所かつけてくれますし、休み希望もほぼ100%通ります。

2連休・3連休は当たり前ですし、夜勤明けの2~3連休も月に何箇所かあるので、ダブルワークで派遣をする時間もあります。

今は月に2~3回の派遣をしています。

メインの仕事が連休の時に派遣の仕事を単発で入れています。

もちろん家族の予定が優先なので、ムリのない範囲での仕事しかしていません。

派遣の求人は介護系の仕事が大半ですし、1年中仕事があるので、都合に合わせて働くことが出来ます。

今までたくさんの職場で派遣ナースをしてきました。

老人ホーム・老健・老人病院・健診・クリニック・訪問看護・訪問入浴・外来・病棟・ツアーナースなどなど、毎回いろいろな職場で派遣をしています。

派遣ナースの一番良い所は、自分に合った働き方が選べる所です。

時間・曜日・職場など自分で選ぶ事ができるのでストレスが溜まりませんし、単発の仕事ですから、職場に苦手なスタッフがいたり、嫌な思いをする場面があっても、それほど気になりませんし割り切る事が出来ます。

もともとは職場の雰囲気や人間関係の悪さから転職をしたので、人間関係で悩むのはもう嫌です!

単発派遣では、人間関係などで悩む機会は圧倒的に少ないです(´∀`*)

それに、好きな時に好きなだけ働いて給料アップできるので、モチベーションにも繋がりますよね!

私の一番おすすめの職場は、有料老人ホームです! それは、業務が少なくて落ち着いているからと言う事もありますが、スタッフの多くが非常勤ナースなので、お互いを理解する事ができるからです。

職場によっては派遣ナースの受け入れ態勢が出来てなくて、部外者という態度をとられたりと言う事もあります。

有料老人ホームは派遣やバイトなど非常勤ナースが多いので、派遣ナースへの対応もしっかりしている所が多いですよ

給料アップしたい1もっと人間関係の良い所で働きたい!休日が多い職場が良い!など、転職したい理由はたくさんあると思いますが、まずは派遣ナースから初めて見て、職場の様子が分かってから転職と言うのも良いですよね。

一度転職してしまうと、退職するのは大変ですし、「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」と後悔しても、元の職場には戻れませんからね。

もし転職を希望する場合も、ワンクッションで派遣ナースを経験してみるのも良いですよヽ(´▽`)/

都道府県別のおすすめな看護師派遣求人会社

北海道・東北

北海道、宮城県、青森県、秋田県、山形県、岩手県、福島県

関東

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

東海

愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

北陸・甲信越

新潟県、長野県、石川県、富山県、福井県、山梨県

関西

大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県

中国・四国

広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、高知県、徳島県、愛媛県

九州・沖縄

福岡県、熊本県、宮崎県、佐賀県、大分県、長崎県、鹿児島県、沖縄県

看護師派遣の中でも人気のある単発派遣、期間限定派遣、スポット派遣、日払い派遣などの口コミ集です。派遣会社では人気のツアーナース、イベントナース、検診バイトなどの求人は見つからない!?働いた翌日に給料、時給2000円以上などの高給派遣を紹介しています。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。