看護師派遣✩採血のみの仕事

人気の看護師派遣求人☆採血のみのバイト

採血バイト.jpg
目次
検診採血の看護師派遣の口コミ
検査科のナース☆病棟の採血業務 看護師派遣求人
病棟の採血・点滴係☆看護師派遣求人
条件の良い非公開求人で採血の派遣看護師の仕事を見つけました!
採血に専念できる職場☆派遣看護師の仕事内容
採血派遣の口コミ☆検診の体験談

検診採血の看護師派遣の口コミ

pixta_7414720_S.jpg

検診には、法令により義務づけられた検診と、任意の検診があります(´・Д・)」


市町村で行われている基本検診や学校検診、職場で行われている職場検診は、法令により義務づけられた検診です。


こういって検診は、費用の補助があり、自己負担が一部もしくは、無料で検診を受けることができますね(*^^*)


また、特定の疾患を早期に発見するための検診などは、任意の検診になります。


任意の検診には、ガン検診などがありますね(^_^)


一般的な検診には採血がつきものです。


採血項目には・・・

血清脂質検査のための総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪。


貧血などの値が分かるヘモグロビン、赤血球数、ヘマトクリット、白血球数。


腎機能の異常がわかるクレアチニン。


痛風検査のための尿酸。


肝機能異常がわかるGOT、GTP、γ-GTP、ALP、総蛋白、総ビリルビン。


糖尿病検査のための、空腹時血糖値やHba1c。


この検診による採血は、生活習慣病などの病気を早期に発見するには有効なデータになりますね(*^^*)


採血データで異常値があれば、精密検査や要指導となります。


任意で行うガン検診に関しては、前立腺がんの場合の腫瘍マーカーが、高い確率で早期発見できることから、ガン検診で用いられていますね。


検診での採血は、多ければ一人当たりの採血人数は、一日100人以上になることもあります。


採血人数は、検診会場により少ない時もあります。


職場検診のときは、十数名程度で終わることもありますよ(*^^*)


採血は、看護師の手技がもっとも試される仕事です。


採血がスムーズに行われないと、長蛇の列が出来てしまい、気持ちが焦って着ます。


だから、採血が苦手な人は、採血以外の業務に回してもらうこともありますよ(´・Д・)」


高給派遣バナー.jpg

検査科のナース☆病棟の採血業務 看護師派遣求人

pixta_4995602_S.jpg

私は総合病院の検査科で病棟患者の採血を担当しています。


検査科では、病棟から採血のオーダーが入ると、病棟まで行って採血をします。


大きな病院では分業が進んでいて、病棟ナースは採血のオーダーを出すだけと言うシステムが整っています。


病状を見ながら採血のオーダーが出る事がありますよね?


看護師は沢山の受け持ち患者さんを看ながら、検査に出したり、処置をしたり・・・。


採血をするためには、オーダーを受けて、スピッツの準備、ラベルを作る、他のスタッフとダブルチェック、患者さんを確認・・・・などなど、たった1人の採血にも時間が掛かります。


沢山の業務を抱える事は医療ミスに繋がる原因となる事もあります。


こんな時に、ドクターが採血オーダーを出すと、指示が検査科に反映されて、検査科のスタッフが採血業務を全てやってくれると助かりますよね!


私は検査科に配属されているので、病棟で採血のオーダーが入れば採血をしに病棟に上がります。


私がいる病院では、朝の採血に間に合うように早番があります。


病棟では朝の採血が平日は連日沢山ありますよね。


沢山の採血があるため、ラウンドが進まなかったり、他の看護業務が止まってしまったり・・・。


それを防ぐために、検査科のナースが病棟の採決に回ります。


もちろん検査室までスピッツを届けてくれますよ。


採血係は病棟に属さないナースで、採血のみの仕事をするので、ナースコールが鳴っても対応しません。


採血以外の業務は病棟ナースがします。


分業をしてお互いの業務がスムーズに進むようにしています。


採血は、誰でも慣れてしまえば簡単です。


コツを掴めば誰でも出来ます。


血管が出にくい方は確かにいますが、経験をしていくと自然と上手になっていきますよ☆


採血のみの業務を行うので、看護計画や記録はしません。


雑務もないので残業もありません。


残業が難しい方や、職場のわずらわしい人間関係が苦手な方などに向いていると思います☆

高給派遣バナー.jpg

病棟の採血・点滴係☆看護師派遣求人

pixta_5382009_S.jpg

各病棟によって看護師の業務がスムーズにいくように工夫をしていますね。


看護師の残業が多いのは看護業務以外の雑務が多いからだと思います。


少しでも看護師業務が分業出来れば、残業も減りますし、その分患者さんと接する時間が増えたり、ケースカンファの時間も取りやすくなり、看護師にとっても患者さんにとっても良いと思います。


看護業務の分業と言う事で、ケアワーカーや看護助手を増やしたり、クラークを配置したり、ボランティアを入れいている病院もあります。


私が派遣で行っている病院は、採血・点滴のみを任される仕事があります。


急性期の忙しい病棟ですが、看護師業務が分業になっているので、看護師がそれぞれの仕事に専念出来ます。


この病棟では、患者の受け持ち、リーダーに加えて、採血・点滴のみを行うスタッフがいます。


日勤スタッフが多い日はその中からフリー看護師を1人入れて、採血・点滴のみの業務をしています。


スタッフが少ない日は派遣ナースが採血・点滴の業務を行います。


平日は採血オーダーが多いですし、点滴もただルートを繋ぐだけでなくて、点滴オーダーのチェック、点滴の内容チェック、患者さんの確認、ルートの確認などをしながら回ります。


ルートを入れてから日がたっていたり、漏れてしまっていたら点滴の刺し替えもします。


急性期の病棟では点滴をしていない患者さんの方が少ないくらいなので、点滴の更新や刺し替えをしていると、あっという間に午前が終ります。


採血・点滴のみの仕事に集中出来るので、私はこの働き方に満足しています。


採血・点滴係の時は、ナースコールに出なくて良いと言われ、ピッチも持たされていません。


患者さん対応は受け持ちスタッフの責任と言う事で、フリー業務の派遣ナースは採血・点滴のみに集中できる環境ですよ☆

高給派遣バナー.jpg

条件の良い非公開求人で採血の派遣看護師の仕事を見つけました!

pixta_9409102_S.jpg


看護師派遣会社で探すと、非公開求人の条件の良い案件が沢山ありますよね。


私は、「メディカルコンシェルジュ」に登録して、看護師派遣を探しましたよ。


登録も利用も無料だから、利用しない手はありませんよね (^_-)


看護師の日勤派遣の中でも、時給2000円と高額な時給のお仕事があり、早速応募して働いています。


私が働いているのは、臨床検査科での採血のお仕事です。


1日に300人程度の採血を3~4人で行っています。


午前中だけでも200人程度の採血を行っているんですよ。
]

平日の日勤だけのお仕事でだから、子供の休みに合わせて私も休めるし、病棟みたいに残業が多くないから、子育てとの両立もできています (^o^)


しかも時給が2000円と高額だから、週に5日の仕事で結構な高収入が得られるお仕事なんですよね。


交通費も全額支給だから、毎月の給与にはだいぶ満足しています。


子育て中も出費って多いですからね、こんないい条件で高収入は家計も助かります。


採血は苦手というナースもいますが、私は採血業務は嫌いではないので苦痛はありませね。


むしろ、ブランクがあって病棟業務では不安があったので、ブランクがあっても安心して働けています (^o^)


ブランクがあっても安心して働く事が出来るよう、教育も充実した職場だから、私のようなブランクありのママさんナースも多く働いているんですよ。


しかも、派遣看護師であっても社会保険も完備で、6か月勤務すると有給休暇ももらえるんです。


子育て中は、何かと休みが欲しくなりますから、有給休暇があると助かりますね。


しばらくは、このお仕事を続けようと思っていますよ(^◇^)


高給派遣バナー.jpg

採血に専念できる職場☆派遣看護師の仕事内容

pixta_2939211_S.jpg


看護師の業務というのは、病棟で働いている場合は特に、多くの雑務を行う必要があります。


職場によっては、ボランティアや看護助手の人数が充実していて、看護師は看護業務に専念できるように工夫されているところもありますが、まだまだ充分とはいえません。


看護業務に専念できないところも、残業が増えてしまう理由の一つだと考えられます。

看護師の業務にはいろいろありますが、一つの業務に専念できる職場が採血室です。


採血の仕事は、平日の午前中など、混み合う時間が決まっているので、忙しい時間帯のみ、採血バイト専門のスタッフを募集しているところも沢山あります。


採血バイトというと、ブランクがある方にとっては、苦手意識が強いかもしれません。


しかし、ブランク看護師の為のセミナーを行っているところもあり、実技研修が受けられますし、実際に採血の仕事を始めれば、すぐに慣れる事ができます。


病棟で働いていると、雑務やクレーム処理も多く、看護師としての業務がなかなかスムーズに進められない、という場合が多々あります。


それに、他のスタッフとのチームワークやコミュニケーションが必要とされるので、人間関係に疲れてしまい、余計なストレスを溜め込んでしまう場合も沢山あります。


看護師は転職が多い仕事だと言われていますが、その理由には、スタッフや患者さんとの人間関係がトップに上がっています。


しかし、採血の仕事は、採血のみを黙々と集中して行うので、雑務がありませんし、患者さんとコミュニケーションを取る必要もありません。


採血に慣れてしまえば失敗する事もないので、クレームが来るといった心配もありません。

採血は、短時間の勤務も可能で時給が高いので、プライベートを重視したい方にもお勧めの仕事です。


もちろん、フルタイムの仕事もありますから、自分の生活スタイルに合わせた雇用形態が選択できます。


採血の仕事であれば、残業がほとんどないし、ストレスを溜めずに働く事ができます。


高給派遣バナー.jpg


採血派遣の口コミ☆検診の体験談

pixta_5382002_S.jpg

採血派遣は、いろいろな職場での需要がありますが、検診派遣でも採血の仕事があります。


検診派遣は沢山の業務があり、いくつかのパートに別れて業務を行っています。


診察の介助、採血、バイタルチェック、問診、検査などがあり、1日に受け持つパートが決まっています。


検診バイトは、ブランクがある看護師が選択している傾向が多い事もあり、採血が苦手だという方が少なくありません。


そのため、看護師派遣会社に希望すれば、希望通りの業務に就く事ができます。


検診派遣のほとんどは、学校の健康診断に検診車で巡回をする仕事でで、午前中に1件、午後に1件といったスケジュールで回ります。


採血の派遣は、検診を受ける学生が長蛇の列になり、1回の巡回で何十人もの採血をするのが通常です。


大人の採血であれば、比較的にスムーズに進むのですが、小学校の低学年の子供の場合は、泣いてしまう子や動いてしまう子がいるし、血管も細いので、なかなか簡単にはいきません。


毎日そのような採血を行っていれば、自然と慣れて、スムーズに取る事ができますが、採血が苦手な方にとっては難易度が高いかもしれません。


しかし、派遣先が決まった場合には、事前に研修を行ってくれるので、その際に採血の練習をする事もできます。


ただ、そのような事前研修が充実しているかどうかは、求人によって異なるので、採血に不安がある方は、事前研修がしっかりとしている求人を選択する事をお勧めします。


最近は、看護師不足を解消する為にも、復職支援セミナーを行っている職場が増えています。


これは、生活スタイルの変化によって、一旦職場を離れてしまった看護師にとっては、とても有難い環境です。


検診センターが主催する事前研修は、検診業務についての講義など内容が充実していますし、ブランクがある多くの方が復職をしています。


採血の派遣は、他の検診のパートに比べると時給も優遇されていますし、給料アップの為にも、採血業務に挑戦してみる事をお勧めします。


高給派遣バナー.jpg

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ >  働き方で選ぶ看護師派遣求人 >  看護師派遣✩採血のみの仕事

採血室や健診センター・学校検診の採血係など、採血のみの業務を行う派遣求人について紹介しています。看護師の採血派遣求人は、高給・残業なしなど、人気の条件が揃っています。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。