単発の看護師派遣

看護師単発派遣☆時給2000円以上の看護師単発求人

単発派遣トップバナー.jpg 単発派遣求人はこちら.jpg
目次
看護師の単発派遣だけで常勤ナースよりも稼ぐ方法!
常勤ナースより高給!最速で稼ぐなら夜勤単発派遣
夜勤単発派遣をストレスなく掛け持ちする方法
夜勤のスポット派遣★看護師単発派遣の口コミ
個人病院の夜勤スポット派遣(#^.^#)看護師単発派遣の口コミ
4月は検診のスポット派遣が沢山~♪看護師単発派遣の口コミ
デイサービスの看護師単発派遣☆
訪問入浴で単発派遣☆訪問入浴ナースの仕事について
クリニックで看護師スポット派遣☆看護師単発派遣の求人について

看護師の単発派遣だけで常勤ナースよりも稼ぐ方法!

単発派遣だけで常勤ナースよりも高給だとしたら・・・!?


常勤なら手当やボーナスもあるし、さすがに派遣より高いでしょ!?と思う方が多いと思いますが、賢く働けば派遣ナースの方が常勤ナースよりも稼ぐことができるんですよ(´∀`)

週末は1回40,000円以上の夜勤派遣

pixta_11804890_S.jpg

夜勤単発派遣の職場ってどんなところ?

「夜勤なんてダルイ・・・。できれば日中の楽な仕事が良いんだけど・・・。」 「夜勤単発なんてちょっと怖い・・・。だって患者さんのこと何も分からいないでしょ!?」

大半の方が夜勤は高給だけど体力的に辛いから避けたいと思っていますよね。


それに、夜勤は看護師の人数が限られるから、患者さんの名前や疾患名、現在の状態を何も知らずに業務に入るのが怖い・・・と感じる方も多いですよね。


でも、夜勤単発派遣求人のほとんどが介護系の職場の求人です。


介護施設での夜勤単発派遣の流れ


介護系の職場は医療行為はほぼありませんし、難しい看護業務もありませんから、単発で仕事に入っても特に困ることはありません。


夜勤単発派遣で求人数の多い有料老人ホームの場合は、各フロアまたは2つのフロアを看護師1人+介護士2人ほどで受け持つことが多いので、単発派遣の場合、業務前に打ち合わせを行う施設が多いです。


私が以前派遣された有料老人ホームでは、夜勤は16時30分からのスタートでしたが、事前に説明と打ち合わせがあるとのことで、14時からの勤務開始でした。


打ち合わせの間の給料もしっかり保証されたので、勤務2時間以上も前に職場に行く事に不満もありませんでしたよ!


介護施設での看護師業務について


私が派遣された有料老人ホームは関東圏でたくさんの老人ホームを運営する施設で、新設の施設のため、スタッフも全員が新しい方という環境だったので、派閥や面倒臭い人間関係のトラブルなどもなく、快適に働くことができました。


有料老人ホームでは、施設により受け入れ可能な入居者の基準が違い、介護度は3前後の方が多く、ADLは自立している方の方が多いですね。


看護師は主に、入居者の健康管理・健康観察を行い、異常の早期発見に努めます。


有料老人ホームの夜勤看護師業務


16時30分申し送り カルテから情報収集 内服薬の確認
17時30分~経管栄養の方⇒おむつ交換・体向・吸引などを行ない経管栄養開始 食事介助の方⇒ギャッジアップ・車椅子乗車して食事介助 食事自立の方⇒各部屋またはホールにて食事の提供
18時30分~配薬・内服の確認 食事量チェック 状態観察
19時~食事後は順次トイレ誘導 検温が必要な方のみ検温 点滴チェック・更新
20時~眠前薬がある方は配薬 ラウンド・状態観察 口内清拭 湿布塗布 軟膏塗布
21時~消灯 看護記録 適宜休憩に入る(夕食休憩:30~60分)
22時~ラウンド 体向 吸引
23時~翌日の点滴確認・ダブルチェック 翌日の内服薬セッティング 看護記録 ナースコール対応
0時尿量チェック 水分IN・OUTチェック 点滴残量チェック ラウンド 順次仮眠に入る(1人2時間~3時間)
2時~順次仮眠 ラウンド ナースコール対応
4時~順次仮眠 ラウンド ナースコール対応
6時~ラウンド 検温・状態観察 排泄介助 点眼・湿布塗布・軟膏塗布介助 点滴チェック 看護記録 経管栄養開始 
7時~食前薬配薬・確認 血糖チェック・インスリンSC 車椅子移乗の介助
7時30分~食事介助 順次排泄介助 食事量チェック
8時30分~申し送り 看護記録
9時勤務終了

介護施設の看護業務は、医療行為がほとんどありませんが、点滴や採血などの基本的な看護業務は必要です。


介護施設の入居者は大半が高齢者なので、特に冬は肺炎・気管支炎・インフルエンザなど、体調不良が多いため、抗生剤や補液のため点滴を行う方が多いです。


夜勤派遣は、看護師が施設内に1人ということもありますから、夜間に点滴針が抜けてしまった場合は、1人で対応しなければなりません。


高齢者の血管は蛇行していることが多く点滴が難しい事が多いですが、夜勤は看護師の配置人数が1人という介護施設が多いので、点滴が苦手だと困る場面もあります。

ブランクが長く、点滴や採血に全く自信がない場合は、復職支援セミナーなどで看護技術の復習をすると安心ですよ!


または、勤務前の打ち合わせの際に、点滴が苦手な事を伝えて、事前にスタッフ間で実技が行えるとより安心です(´∀`*)


1回4万円の夜勤単発派遣は、業務がハードなの!?


介護系の職場は常に看護師不足に悩まされており、夜勤ナースを常時募集している状態です。


それでも人が集まらずに、急募している施設も多く、看護師の給料を高くしてスタッフ確保をしているので、夜勤1回40,000円以上の高給求人が増えてきています。


私も以前に派遣された有料老人ホームは夜勤1回40,000円でした。


給料が高い職場はハードワークというイメージがあると思いますが、介護施設の場合は高給=ハードワークとは限りません。


夜勤単発派遣で賢く稼ぐコツ!


介護施設は医療行為や看護業務が最小限なので、一般病院に比べると業務量は少なく、精神的にも楽なのですが、看護業務に加えて介護業務を任される職場もあるので注意が必要です。


介護施設は職場によって看護師の業務内容が大幅に違い、看護師にも介護士の役割を求める職場もあれば、看護師は看護業務に専念できるような環境を整えている職場もあります。


その施設の全体のスタッフの配置人数や、夜勤の配置人数により、看護師の業務範囲は大幅に変わり、スタッフがギリギリの施設では看護師にも介護業務を任せるため、看護師は仮眠や休憩を取ることもできないというケースが多いのです。


介護施設で夜勤単発派遣をするときの注意点は、職場をしっかり選ぶのが大事という事です。


職場の様子を事前に知る事で、看護師の業務負担が異常に多い職場を避けることができます


夜勤は高給というメリットもありますが、ずっと起きていると、ただ座っているだけでも体は疲労します。


ハードな職場では、翌日の夜勤明けも有効に使うことができず、夜勤明けはグッタリして夜まで寝てしまう・・・という事になってしまいます。


夜勤単発派遣で賢く稼ぐコツは、看護師が看護業務に専念できる職場を見つける事です。


そのためには、介護施設の職場情報をたくさん持っている信頼できる看護師派遣会社を利用する事をおすすめします。

高給派遣アフィリリンクバナー.jpg

時給2,000円以上の看護師単発派遣

pixta_2284119_S.jpg

時給2,000円以上の派遣求人なんて少ない!?

私は地方在住で地元の看護師派遣会社に登録し、単発派遣の求人を探していました。


でも、コンサルタントから紹介されるのは「消化予定派遣」の求人ばかり・・・。


いやいや・・・私は直接雇用になるつもりなんてありませんけど・・・。


登録の時に、直接雇用になる気はないって言ったんだけどな・・・。


地元の派遣会社では、単発派遣求人が少なく、ほとんどが紹介予定派遣でした。


しかも、時給は高くて1,800円・・・。


時給2,000円以上の派遣求人があると聞いた時、「そんな高い求人なんてないよ!」と思ったものです(´;ω;`)


でも、看護師の派遣求人って、派遣会社によって時給が違うって知っていますか??


私は、どこの派遣会社を利用しても大して変わらないと思っていたし、派遣会社によって時給に差があるなんて思いもしませんでした


同じ職場で同じ仕事をしているのに「時給が違う」ってどういう事?


という事は、派遣会社を変えれば時給2,000円以上の求人があるって事!?


とりあえず登録だけしてみようと、看護師派遣会社のメディカルコンシェルジュに登録をしてみる事にしました。


メディカルコンシェルジュは地方にも営業所があるので、登録会に参加し、派遣求人の紹介をしてもらったら、時給2,000円以上の求人がたくさんある!


派遣会社によって時給が違うって本当だったんだ!


時給2,000円以上の高給な派遣求人を希望する方は、メディカルコンシェルジュがおすすめですよ。

時給2,100円のデイサービス求人

私が一番最初に紹介されたのは、時給2,100円のデイサービスの求人でした。


私が以前登録していた派遣会社ではデイサービスなどの介護施設は時給が安いというイメージだったので、時給2,000円の求人には正直びっくりしました。


私は介護施設の経験がなく、デイサービスがどのような場所なのか想像もつきませんでしたが、コンサルタントさんからは、以前に派遣実績のあるデイサービスで看護師の評判が良い施設だから大丈夫だと言って頂き、不安も収まりました。


またコンサルタントさんから、デイサービスの看護業務や必要な看護技術などについて、詳しくお話を聞くことができました


このような配慮は、未経験の職場に行く時にはすごく心強いな~と思いますね(´∀`*)


看護師派遣会社によって時給が違うのはどうして?


先程も書いたように、同じ職場で同じ業務をしているのに、どこの看護師派遣会社を利用するのかによって時給が異なるのはどうしてでしょうか?


それは、派遣看護師の雇用形態に理由があります。


派遣看護師の雇用主は看護師派遣会社で、パートやバイトのように職場に直接雇用されている立場ではありません。


給料は雇用主が支給するものなので、派遣看護師は雇用主である看護師派遣会社から給料を支給されるわけです。


もちろん、派遣先から時給の提示がありますが、看護師派遣会社が独自に、この提示された時給に上乗せして時給を決定しているため、派遣会社によって時給が異なるのです。


そもそも、派遣会社は派遣看護師を紹介する際に、派遣先からは「紹介料」をもらう仕組みになっています。


派遣先は、提示する時給に加えて紹介料を支払って看護師を派遣してもらっています。


この派遣会社に入る紹介料の一部を看護師の時給に上乗せしているため、バイトやパート看護師よりも派遣看護師の方が時給が高くなります。


また、派遣会社はより多くの派遣実績を作り、派遣先との関係を強くしたいので、看護師に還元する料金をアップさせて、他の派遣会社よりも時給を高くしています。


そのため、派遣会社によって看護師の時給が異なるワケです。


看護師に多くの料金を還元できるのは、派遣実績が多い大手の看護師派遣会社だけです。


小さな派遣会社や、地元限定の派遣会社では派遣実績が少ないため、時給アップをする事ができません。


時給2,000円以上の派遣求人を希望するなら、大手の看護師派遣会社がおすすめです!


デイサービスで時給2,000円は狙い目です!


デイサービス派遣で時給2,000円はとても好条件だと思います!


それは、デイサービス派遣の業務量や精神的な負担を考えると、時給2,000円ももらって良いのかな?と思うからです。


派遣は、バイトやパートに比べて時給が高いので、効率よく稼ぐことができるのがメリットですが、単発派遣ならば、未経験でも安心して働ける職場がおすすめです。


デイサービス派遣は、医療行為や看護ケアがほとんどないため、未経験でも安心して働くことができますし、派遣なら高給で働くことができるのでおすすめですよ(´∀`*)


デイサービス派遣ナースの1日


8時30分~到着した利用者から順に検温 体調チェック
9時~9時30分利用者が到着したら検温を元に入浴の可否判定 介護士リーダーに報告 トイレ誘導
9時30分~順次、入浴開始 入浴介助は主に介護士 看護師はホールの見守りや着替えの補助、軟膏塗布やガーゼ処置が必要な方のケア 入浴後の水分補給など
11時30分~内服薬の確認 食前薬のある方への配薬・確認 血糖チェック・インスリンSC 経管栄養の準備 ベッドやリクライニングで過ごす利用者の体向・おむつ交換 トイレ誘導など
12時~昼食 看護師は利用者と一緒に昼食を摂りながら食事介助 食事量チェック 食後薬の配薬・確認 状態観察
13時~順次、1人15分ほどの休憩
13時30分~レクレーション PT・OT活動 散歩の見守り 歩行訓練 足浴・手浴 トイレ誘導など
14時30分~利用者全員で簡単な運動や歌など 全身運動
15時~順次、帰宅
15時30分勤務終了

デイサービス看護師の1日の流れは、午前中は入浴の補助やケア、午後はレクレーションやOT・PTの介助などが主な業務です。


デイサービスでの看護業務は、検温や配薬など、ごく基本的なものが大半です。


デイサービス看護師は、例えば、ケア中に怪我をしてしまったり、何か皮膚トラブルを発見しても勝手に処置をすることができません


新しい治療を開始する時は、担当医やケアマネに連絡する必要があります。


そのため、自分で判断してケアをしたり、処置の変更を検討する必要がないので、未経験の看護師でも特に困る場面はありません。


デイサービスでは、看護師ができる業務が限定的なので、経験が浅いナースや、ブランクが長いナースでも安心して働くことができますよ(´∀`*)

高給派遣アフィリリンクバナー.jpg


派遣看護師はボーナスがなし!それでも常勤ナースより高給!?


pixta_6470840_S.jpg

看護師の平均ボーナス支給額(フルタイム勤務の正規職員)


調査期間2012年1月~12月)
賞与回数年2回の合計賞与額の平均
非管理職(平均年齢36.0歳)891,909円
中間管理職(平均年齢46.6歳)1,245,754円
管理職(平均年齢53.9歳)1,490,389円

フルタイム勤務の正規職員看護師のボーナス支給額は、2012年1月~12月までの平均で
1,209,350円です。


非管理職員で891,909円、中間管理職で1,245,754円、管理職で1,490,389円、全ての年代の平均が1,209,350円となります。


年間2回のボーナス支給なので、夏・冬とも60万円前後が支給されていることになります。


派遣看護師はボーナス支給がない!


派遣看護師は、基本的にはボーナスはもらえません。


派遣看護師が、派遣会社の正社員であればボーナス支給の対象ですが、単発や短期派遣をしている看護師は、ボーナスの支給対象ではありません。


定期バイトやパートであれば、ボーナスの対象となることもありますが、派遣ナースは対象になりません。


派遣は高時給だけどボーナスがないなら、やっぱり稼げないんじゃない!?と思うかもしれませんが、賢く派遣求人を選択すれば、単発派遣のみで常勤看護師よりも稼ぐことができますよ


ボーナスなしの派遣看護師が常勤ナースより稼ぐ方法


派遣看護師が常勤看護師よりも年収ベースで稼ぐ方法があります。


派遣看護師は、派遣期間を自分で選択する事ができますし、自分で求人の選択をすることができます。


高給な単発派遣をするのも良いですし、高給な短期派遣をするのも良いですよね。


常勤看護師は、ボーナスを含む平均年収が500万円ほどなので、月給に換算すると、416,000円ほどになります。


単発派遣で月収416,000円以上稼ぐことができれば、常勤看護師よりも高給と言う事になります!


派遣看護師は、派遣期間を自分で選択する事ができると説明しましたが、出勤日数や時間も選択することができ、常勤ナースに比べるとシフトの自由度が高いです。


つまり、「もっと稼ぎたい!」と思えば出勤日数を増やしたり、高給な求人を探す事で、
給料アップを簡単にすることができるのです。

高給派遣アフィリリンクバナー.jpg


夜勤単発派遣は1回30,000円以上の求人を選ぼう


pixta_25143452_S.jpg
単発派遣でも常勤看護師よりも稼ぐことができると説明しましたが、出勤日数や時給など、どのような派遣求人を選べば良いのか、ポイントを説明します。

派遣なら夜勤は絶対に入れた方が良い!

派遣看護師は30~40代の方が中心なので、ちょうど子育て世代ということもあり、夜勤は敬遠される事が多いですよね。


子供がいれば、夜間のあずけ先や、病気の時の対応など、夜勤が難しいなと思えることがたくさんあります。


でも、派遣なら出勤日数や出勤日を選ぶことができるので、週末だけとか、金曜日の夜勤入りだけとか、3交代ならOKなど、自分のライフスタイルに合わせて選択することができます。


または、24時間オープンの院内保育園のある病院や施設を選ぶのも1つの手ですよね。


看護師の夜勤派遣は、1回の給料が30,000円以上の求人が多いです。


1回40,000円以上の求人も増えてきました。


月に1回でも夜勤に入れば、月収は30,000~40,000円アップします。


月に2回夜勤に入れば、月収は60,000~80,000円アップします。


常勤ナースなら、月に4~6回は夜勤があるので、それを考えると月に1~2回の夜勤は、それほどの負担にはなりません。


夜勤は業務量が少ない職場がポイント


夜勤が可能なら、給料が高い求人がおすすめですが、「業務量が少ない職場」を選ぶのが重要です。


業務量が少ないとは、医療行為や看護ケアなどが少なく、体力的にも精神的にも楽な職場と言う意味です。


楽な職場は給料が安いケースが多いですが、賢く求人を選べば、1回30,000~40,000円以上の夜勤派遣求人はたくさんあります


「夜勤の業務内容なんて、どうやって調べるの?」と思う方が多いのですが、看護師求人サイトなら、職場の業務内容を調べることができます。


業務内容が分かれば、仮眠や休憩の有無、精神的・体力的な負担などが分かりますよね。


単発派遣で常勤ナースよりも稼ぐなら、夜勤1回30,000円以上の求人がおすすめです!


高給派遣アフィリリンクバナー.jpg


時給2,000円以上なら常勤ナース以上に稼げるか!?


pixta_27003646_S.jpg

単発派遣で20日間働いた給料を見てみよう!


私は看護師派遣会社に登録しているので、スケジュールに合わせて単発派遣の紹介をしてもらえます。


派遣看護師は、1日限定の単発派遣から、1週間や1ヶ月・3ヶ月などの短期派遣を選択することができ、私は単発OKの求人で1ヶ月間働きました。


つまり、単発派遣の求人だけど、1ヶ月の短期派遣を選択して、1ヶ月間は同じ職場に派遣されていたと言う事ですね(´∀`*)


派遣先は、時給2,100円のデイサービスで、土日は時給2,200円にアップと言う求人でした。


デイサービスは、派遣ナースの場合は8時間フルでの募集はなく、出勤時間は8時30分~9時30分の間で選択でき、終業は14時~16時の間を選択できました。


デイサービス派遣では、昼食も利用者さんの食事介助をしながら、一緒に食事を摂るスタイルだったので、昼食時間も時給が発生します。


私は8時30分出勤、終業は15時30分だったので、1日の勤務時間は7時間となり、日給は(時給2,100円×7時間=14,700円)14,700円でした。


日給147,000円×出勤日数20日=294,000円となり、月給は約30万円でした。


常勤看護師は、1日の労働時間は8時間、週休2日制だと出勤日数は22日となるので、派遣看護師の方が効率よく稼げますよね!


夜勤単発派遣を掛け持ちしてみた!


デイサービスの勤務は、体力的な負担がとても少ないし、1日の労働時間も7時間と短く残業もないので、私は夜勤単発派遣も掛け持ちでする事にしました。


有料老人ホームの夜勤単発派遣を月に2回ほど入れる事にしたのですが、夜勤1回40,000円だったので、月給はプラス80,000円です。


デイサービスの月給30万円+8万円なので、月収は約40万円です。


常勤ナースの月給と大差ありませんが、体力的には常勤ナースよりも確実に楽だと思います!


それは、派遣看護師はシフトを自分で選択できるので、連休を入れたり、夜勤を続けて入れてその後は連休を取るなど、働きやすいようにシフトを作ることができます。


常勤看護師だと、シフトが不規則で体が休まらなかったり、勤務以外にも病棟会や勉強会、係の仕事など、結構やることが多いですよね。


派遣看護師は、職場に縛られることがないので、常勤看護師のように職場に拘束されている感覚もないので、精神的なゆとりもあります!


派遣の掛け持ちは、体力的にも精神的にも楽だと思うので、自由にストレスなく働きたい方や、給料アップしたいけどシフト自由が良い方などは、派遣の掛け持ちがおすすめですよ(´∀`*)


時給2,000円以上なら常勤ナース以上に稼げる!


夜勤は無理!と言う方は、時給2,000円以上の求人を選べば、常勤ナースよりも効率よく稼ぐことができます!


時給2,000円なら、日給15,000円以上可能ですし、月給300,000円以上も可能なので、常勤ナースよりも効率よく稼げます。


時給2,000円以上の派遣求人なら、訪問入浴・デイサービス・健診センター・老人ホームなどたくさんありますよ。


高給求人なら、大手の看護師派遣会社のメディカルコンシェルジュがおすすめです。

高給派遣アフィリリンクバナー.jpg


常勤ナースより高給!最速で稼ぐなら夜勤単発派遣

1回4万円以上も可!看護師の夜勤単発派遣

pixta_2277426_S.jpg 夜勤1回4万円以上の単発派遣求人が増えてきています。


でも、給料だけで求人選びをすると失敗します!


それは、職場選びを失敗してしまうからです。


職場選びで失敗しないためのポイントを紹介します(´∀`*)

注意!夜勤単発派遣は医療機関NGです!

夜勤1回40,000円以上の高給求人は、総合病院や大学病院などの医療機関が多いですね。


でも、ここで注意しなくちゃいけないのが派遣法の問題です。


労働者派遣法では、看護師の派遣先や派遣期間の制限を設けています。


医療機関では、看護師の単発派遣の受け入れが禁止されています。


それは、医療機関の業務内容や看護師の役割・責任などを考えれば当然の事で、医療ミスを防ぐ目的があるワケです。


では、看護師は医療機関では派遣が出来ないの?と言うとそんな事はなく、労働者派遣法では、医療機関への長期の看護師派遣は可能とされています。


長期派遣には「紹介予定派遣」と「産休代替え派遣」があります。


紹介予定派遣・産休代替え派遣のどちらであっても、単発や短期の働き方ではなく、長期的に同一の職場で働くと言う前提の働き方です。


医療機関では、医療行為が多く、看護師の業務範囲や業務内容などが施設などとは大きく違うため、医療機関への単発派遣は禁止されています。


医療機関で派遣をしたい!と言う方は、紹介予定派遣か産休代替え派遣を選ぶと良いですね(´∀`*)


高給な夜勤単発派遣の求人には医療機関が多いと説明しましたが、介護施設などは低賃金かと言うとそんな事はなく、介護施設などでも夜勤1回40,000円以上の求人は増えてきています。


ただ派遣求人は、ハローワークやナースバンクでは取り扱いができないので、大手の看護師派遣会社を利用する事をおすすめします

夜勤単発派遣なら有料老人ホームがおすすめ

夜勤単発派遣の求人でおすすめなのが、有料老人ホームの求人です。


有料老人ホームでは、夜間の看護師配置定数の定めがないので、看護師が24時間駐在する施設と、夜間は看護師のオンコールを置き駐在しない施設とに別れます。


現在では、24時間看護師が駐在する施設は少なく、オンコールの体制をとっている施設が多いです。


看護師の24時間駐在をしていない施設では、看護師の夜勤求人はありません。


24時間看護師を駐在している施設での夜勤求人に限られるため、求人数としては少ないのですが、大手の看護師派遣会社では、有料老人ホームの夜勤単発派遣の求人を豊富に扱っています


特別養護老人ホームではなく、有料老人ホームをオススメする理由


老人ホームには、有料老人ホームと特別養護老人ホームがあります。


夜勤単発派遣の求人を希望するなら、有料老人ホームを選ぶ事をおすすめします。


それは、まず給料面の違いです。


特別養護老人ホームは公的な機関なので、準公立の施設となります。


公的な機関である事から、給料は低めです。


次に、入居者の介護度の違いです。


特別養護老人ホームは公的な機関と言う要素が強いので、在宅介護が難しいと判断される方は、申し込み順に案内する事になっています。


特別養護老人ホームでは、入居の基準が幅広く、介護度が高い方や、医療ニーズが高い方であっても、申し込み順に受け入れる必要があるため、介護度が高い入居者が多くなります


一方、有料老人ホームは、民間企業が運営しているので、入居者の基準を独自に設定する事ができます。


そのため、有料老人ホームでは、医療ニーズや介護度が高い方を受け入れる必要がなくなるので、利用者の平均介護度は、特別養護老人ホームに比べると低いケースが多いです。


有料老人ホームでは、認知症で徘徊をする方、脳疾患から攻撃性が強い方、家族の協力が得られない方など、本来なら入居の条件に当てはまっている方でも、独自のルールで入居を断ることができるので、入居者の平均介護度は低くなります。


当然、介護度や医療ニーズが高い入居者が多い方が、看護師の業務量は多くなるので、特別養護老人ホームよりも有料老人ホームの方が業務量が多くなります


単発派遣は1日限定の仕事なので、慣れない職場で、業務をこなしながら、業務の流れや業務内容を覚えなければなりません。


たった1日で業務を覚えてスムーズに働くのは難しいですが、派遣看護師を受け入れる施設では、即戦力になる看護師を求めますからね・・・。


有料老人ホームなら、特別養護老人ホームに比べて、看護師の業務量が少なく、体力的・精神的に楽なので、夜勤単発派遣を希望する方には、有料老人ホームをおすすめします


夜勤単発派遣なら老健はキツイ理由


介護施設の種類は大きく分けて、老人保健施設・老人ホーム・老人病院などがあります。


介護系なら業務内容もそれほど変わらないと思っている方が多いと思いますが、実は施設によって業務内容や看護師の役割は大きく違います。


老人保健施設は、「積極的な治療は不要だが、在宅復帰は難しい状態」の方が対象となっているので、ADLの維持や向上のためにリハビリを行っている方が多いです。


でも、
老人保健施設の入居者は、積極的な治療は不要と言っても、医療ニーズが高いことには変わりがないため、医療行為や看護ケアの比率が高いのです。


つまり、老人保健施設は、医療機関と比べてもそれほど医療行為の比率は変わらないケースが多く、ブランクが長い方や、介護系の職場が未経験の方には、単発や短期で働くのは難しい職場だと言えます。


特に夜勤単発派遣となると、業務内容や業務の流れ、看護師の業務範囲などが分からない中で仕事をすることになるので、医療行為や看護ケアの比率が高い職場では負担が大きいのです。


私は夜勤単発派遣を何度もしたことがありますが、有料老人ホームに比べると老人保健施設は大変だな~という印象です。。。


介護施設を選ぶ看護師は、ブランクが長い方が多いんですが、ブランクナースにとって一番不安なのは、点滴や採血といった医療行為のことですよね??

老健では、点滴や採血などの看護ケアがとても多いです。


特に冬場は、老健などの介護施設では高齢の入居者が大半なので、体調不良や持病の悪化などから輸液管理となる方が多く、冬場の老健は、ナースステーションは点滴の山となります。


高齢者の点滴は、ブランクナースにとってはかなり難しいですよね・・・血管が蛇行しているし、細いし、深いし・・・。


老健の夜勤は、看護師が1フロアまたは2フロアに1人か2人しかいないので、もし夜中に点滴漏れしたら、自分が点滴を刺すしかありません。


夜中の点滴漏れは最悪です・・・。


老健では、認知症の方や見当識障害がある方も多く、夜間に点滴を自己抜針してしまうケースもあり、夜間のサーフロー留置は確実にあると思います。


夜間は、昼夜逆転している認知症患者さんなどが危険行為をしてしまったり、トイレへの歩行で転倒や転落をしたり、何かと大変です。


老健は、医療行為が多いだけでなく、介護度の高い方も多いので、身体介護のニーズが高いです。


看護師が看護業務に専念できる環境ばかりではないので、看護師は看護業務にプラスして介護業務も行う必要があるため、特に冬場はほとんど座っている暇がありません・・・。


夜勤単発派遣を希望するなら、単発業務であってもスムーズに仕事が行える職場を選んだほうが良いと思いますよ!

業務が単調で、看護師の業務量が少ないのは、やはり有料老人ホームの夜勤単発派遣かなと思いますよ!


夜勤単発派遣の求人は、求人選びがとても重要なので、大手の看護師派遣会社を利用する事をおすすめします(´∀`*)


単発派遣求人はこちら.jpg

夜勤派遣の求人は職場選びが重要です!

pixta_1557555_S.jpg

夜勤単発派遣の求人を選ぶとき、給料ばかりに目が行ってしまって、そのほかの条件を忘れてしまっている方が多いですよね。


「単発なんだし、1回我慢すればいいだけだから、別にどこの職場でも変わらないじゃん!」


私もそう思っていました。


でも、
夜勤単発派遣だからこそ、職場選びが重要なんですよ。


次に、なぜ夜勤単発派遣では職場選びがポイントになるのかを説明していきますね!

えっ!?夜勤単発派遣で医療ミスがおこりやすい?

夜勤単発派遣って、初めての職場で、スタッフの顔・名前、患者さんの顔・名前・疾患名・治療の内容 看護師の役割や業務範囲、業務の流れや手技など、何も分からない状態で職場に行きますよね?


何も分からない状態で職場に行くとは言っても、派遣先の職場もスタッフも、皆さん即戦力と期待して受け入れるワケですよね?


介護系の職場では、夜間の看護師は1~2人しかいません。

初めての職場で、自分1人しか夜勤ナースがいないという状況もあるワケです。


そうなると、全く分からない職場で患者さんの受け持ちをするケースもあるんです。


そんな中、患者さんの状態が悪化したり、急変したらどうしますか??


急変時の対応は、各施設によって異なりますが、初めての職場だとそのような事は分かりませんよね。


急変時の看護師の業務範囲はどうなっているの?救急要請を判断するポイントは?最初に連絡を入れるのは誰?救急外来の受診には同行するの?などなど、分からないことだらけです。


施設によっては、夜勤単発派遣で職場に入る前に、2時間ほどの説明や講義を受けてから仕事に入るというスタイルをとっている職場もあります。


大手の看護師派遣会社では、指導体制が整っている職場を優先的に紹介してくれるので安心です。


事前に職場研修があれば、スムーズに業務に入ることもできるので、看護師派遣会社では、事前に職場研修のある求人をピックアップして紹介しています。


夜勤単発派遣は求人数が少ない!


夜勤単発派遣の求人は、他の派遣求人と比べて求人数が少ないです。


それは、単発で職場に入ったときに、スムーズに業務をこなせる職場が少ないからです。


単発求人の場合は、スタッフ同士も顔や名前を知りませんし、派遣先としてはどの程度まで派遣スタッフに仕事を任せても良いのか判断がしにくいですよね。


そのため、いきなり職場に入っても、スムーズに業務がこなせる職場に求人が偏ってしまい、夜勤単発派遣の求人数は少ないのです。


それともう1つ、派遣求人は労働者派遣法の範囲内でしか働くことができません。


看護師の単発派遣では、派遣先の制限があり、医療機関には単発派遣のスタッフを紹介することができないのです。


長期派遣であれば、医療機関への派遣も可能となりますが、単発派遣は不可なのです。


医療機関への単発派遣が不可となると、夜勤単発派遣の求人は、介護施設に限られることになります。


介護施設とは、老健・老人病院・老人ホームなどです。


夜勤単発派遣では、これらの介護施設の求人に限られるので、求人数が少ないのです。


夜勤単発派遣を希望するなら、大手の看護師派遣会社への登録がおすすめです。


大手の看護師派遣会社なら、常時、夜勤単発派遣の求人を多数扱っているので、希望の求人が見つかりますよ(´∀`*)


看護師派遣会社を利用しよう(´∀`*)


夜勤単発派遣を希望するなら看護師派遣会社を利用したほうが良いと説明しましたが、どこの看護師派遣会社でも安心というワケではありません!


看護師派遣会社は100社以上あり、医療系求人に特化しない派遣会社も含めると、全国に1万社以上の派遣会社があります。


看護師派遣会社は、看護師・准看護師の求人に特化した派遣会社です。


看護師派遣会社のメリットは、コンサルタントが全員、看護師派遣の専門という点です。


どこの派遣会社にも担当者(コンサルタント)がつきますが、一般求人も扱う派遣会社では、看護師派遣に特化していないので、看護師の悩みや希望などを把握しておらず、的外れなアドバイスや求人紹介をすることが多々あります!


看護師派遣会社なら日々、看護師のみの派遣相談や派遣紹介を行っているので、看護師の悩み・不安・希望など、知り尽くしています。


そのたため、的外れな求人を紹介されることはありませんし、より好条件で働けるように、積極的に条件交渉をしてくれます。


また、看護師派遣会社は多くの医療機関や施設と太いパイプで繋がっているので、強い信頼関係ができています。


派遣先は、信頼関係のある看護師派遣会社に非公開で求人依頼をすることが多く、一般求人も扱う派遣会社では知ることができません。


信頼関係のある看護師派遣会社だからこそ、好条件の求人を非行為で依頼するということですね!


派遣先と派遣会社がどのように信頼関係を築くのかと言うと、派遣会社のスタッフは毎日、たくさんの医療機関や施設を周り、派遣先の要望や困っていることなどを聞き取りしています。


もちろん、派遣看護師を紹介した場合は、その医療機関や施設に定期的に訪問をして、しっかり職場に馴染めているか、職場からの要望はないか、改善点や不満はないかなどをチェックしています。


頻繁に医療機関や施設を訪問し、派遣看護師の教育やサポートにあたってくれる派遣会社なら、派遣先は安心して仕事を任せることができますよね。


でも逆に、派遣看護師を紹介したきり、何のサポートもしない、教育もしないとなると、今後はもう求人依頼をしたくなくなりますよね?


看護師派遣求人を多数扱う会社では、派遣先と強い信頼関係ができているということですね。


夜勤単発派遣の求人は求人数が少ないですし、特に夜勤は職場選びが重要となるので、大手の看護師派遣会社を利用することをおすすめします。


大手の看護師派遣会社なら好条件の求人が多いということだけでなく、派遣会社が派遣ナースをしっかりと守ってくれるので、派遣先とトラブルがあった時や、契約範囲外の業務を任されたときなど、派遣会社が交渉に入ってくれるので安心ですよ(´∀`*)


単発派遣求人はこちら.jpg

夜勤単発派遣をストレスなく掛け持ちする方法

単発派遣をしている看護師は、複数の仕事を掛け持ちしている方が多いですよね。


目標の給料額に合わせて仕事を増減することができる単発派遣の求人を、賢く、ストレスなく掛け持ちする方法を紹介しますね(´∀`*)

夜勤単発派遣をする時は楽な職場を徹底リサーチ

pixta_6815440_S.jpg


単発だからこそ職場の人間関係は重要!


高給で人気のある夜勤単発派遣ですが、失敗した!と感じている看護師が実は多いんです。


何に失敗したのか?それは、職場選びです。


夜勤単発なんて1日限りの仕事なんだから、職場選びで失敗なんてするワケないじゃん!って思う方も多いと思いますが、実は夜勤単発派遣だからこそ注意しなくてはならないポイントがあるんですよ。


夜勤単発派遣の求人がある職場は、介護施設が大半なので2交代制となります。


16時30分頃から9時ころまでの16時間を全く知らない職場で過ごすワケですよね?


スタッフの名前も顔も知らない、業務の流れも、物品の場所も何も分からない・・・すごいストレスですよね?


たった1日だけ我慢すればイイ!とは言っても、夜勤の16時間ってすごく長いですよ。


しかも、夜勤は看護師・介護士の3~4人で勤務する職場が大半なので、人間関係が色濃く出るんですよね・・・。


ナースコールが鳴っても聞こえないふり、自分ばかり休憩を取る、何が起きてもナースステーションから動かない、話しかけたり質問をしても無視・・・こんなスタッフと一緒の夜勤だったらどうしますか??


このように職場の人間関係や雰囲気が悪い職場は、看護師の離職率が高いので事前に予想をつけることができます。


給料だけで職場選びをすると失敗する!?


夜勤単発派遣をする看護師のほとんどが、「お小遣いがもっと欲しいから」「金欠だったから臨時でお金が欲しかった」というように、お金が欲しいという理由で夜勤単発派遣を選んでいます。


確かに、夜勤単発派遣なら1日で30,000~40,000円稼げますからね(´∀`*)


でも、「今月だけどうしてもお金が足りない!」という方は少なく、「今月もやっぱりお金が足りない」というように継続的にお金が必要な方が多いですよね。


単発派遣とは言っても、いつくかの職場を掛け持ちしている割合が高いのはそのためです。


夜勤単発派遣は楽な職場でないと続かない!?


複数の職場を掛け持ちするときに一番注意するポイントは「仕事が楽かどうか」という点です。


仕事が楽とは、残業がない・業務量が少ない・看護業務が少ない・仮眠や休憩がしっかり取れるなどですね。


でもこれは、患者さんの状態やADLによって左右されます。


重症度の高い方が多い職場なら医療行為や看護業務が増えるのでハードワークになりがちですし、患者さんのADLが低い職場でも、トイレ介助・体向・おむつ交換・車椅子移乗など介護ニーズが高くなるので、体力勝負の業務が増えてしまいます。


理想は、「夜勤中はずっとナースステーションで座ってるだけ」とか「ラウンド以外は看護師の待機室で好きなことをしてられる」ような職場です。


職場のリサーチをしっかりしていれば、楽な職場はたくさんあります。


夜勤単発派遣だからこそ、事前に職場のリサーチを!


職場の何をリサーチするのかと言うと、夜勤の平均的な残業時間や、仮眠・休憩の有無、患者さん・利用者さんの受け入れ実態などです。


このような情報は病院側の内部事情となるので、求人表などから知ることができません。


でも、看護師派遣会社なら病院の内部事情を丁寧に詳しく調べてくれますよ。


夜勤業務は、ハードワークではない職場であっても、ただ夜中に起きているだけで体力的な負担は大きなものです。


だから、夜勤では仮眠や休憩がしっかり取れるという条件は重要です!


仮眠や休憩がしっかり取れない職場では、夜勤明けは疲れてしまって夜まで寝入ってしまったり、夜勤の翌日も疲れて有意義に過ごせないなんてことになってしまいます。


夜勤は、夜勤入りまでの時間や、夜勤明け後の時間など、有効に使えればとても充実した生活が送れるものです。


充実した生活を送るためにも、楽な職場をリサーチして、無理なく夜勤単発派遣が掛け持ちできるようにしましょう(´∀`*)


職場の内部事情を自分で調べるのは難しいですよね?病院・施設側も、内部事情は知られたくないケースが大半なので、聞いても教えてくれません。


でも、大手の看護師派遣会社なら実際に派遣紹介をした看護師から、職場の詳細について詳しく聞くことができます。


大手の看護師派遣会社なら1年に15万人以上が利用するので、たくさんの内部事情を調べることができますよね!


実際に働いた看護師の生の声なら、正確な内容だし安心できますよね(´∀`*)


副業OKの派遣求人.jpg

夜勤単発派遣を掛け持ちする時はシフト自由な求人を選ぼう!

pixta_5080685_S.jpg

シフト完全自由の夜勤単発求人

シフト完全自由な夜勤単発派遣の求人は、有料老人ホーム・老健が多く見られます。


シフト完全自由とは、出勤日や出勤日数が完全に自由に選べる求人と言うことです。


夜勤単発派遣求人は、急募の求人が多いので、翌週の夜勤求人を1週間前に行っていることが多々あります。


どこの介護施設も夜勤看護師を確保することが難しいので、ギリギリまで募集しています。


急に予定が空いたとか、急な出費でお小遣いが欲しいときなど、急募の求人は助かることが沢山あります。


夜勤単発派遣の求人は、1日限定の派遣や不定期OKの求人があります。


夜勤単発派遣で複数の介護施設を掛け持ちするなら、シフト完全自由な職場を選ばないと難しいです。


求人によっては、曜日指定や月に2日以上など、不定期の出勤はOKだけど夜勤回数の指定がある求人もあります。


1日だけ限定の夜勤単発派遣の方が、シフトは完全自由で掛け持ちがしやすくなりますよ。


夜勤単発派遣のデメリットは?


シフト完全自由だからと選んだ夜勤単発派遣でも、職場によってはデメリットがあります。


それは職場の受け入れ体制の問題です。


派遣求人を行っている介護施設は、過去に何度も派遣看護師を受け入れた実績があるため、派遣ナースの受け入れやサポート体制が整っているのですが、施設によっては受け入れ体制が整っていないことがあります。


施設側の受け入れ体制とは、周りのスタッフのサポートや関わり方などです。


単発派遣の場合は、全く知らない職場ですぐに仕事をスタートさせなくてはならないので、周りのスタッフのサポートが必須です。


派遣される側としては、分からない事を聞くにしても、誰に聞けば良いのか?指導者は誰なのか?が分かりませんし、看護師の業務範囲が明確でない職場もあるので、職場もしっかり把握していないことも多々あります。


介護施設では、介護士と看護師で夜勤に入りますが、看護師が看護業務に専念できる施設は少なく、看護師も介護業務を行う施設が多いです。


看護師は、介護業務にどれくらい関われば良いの?など分からないですし、受け入れる側も看護師にどこまでお願いして良いのかわかりません。。。

派遣看護師の受け入れ体制が整っている職場では、しっかりとしたマニュアルがあり、現場のスタッフの誰に聞いても統一した答えが返ってくるし、看護師の業務範囲が明確なので、お互いの責任の所在が目に見えます。


分からない職場で、分からないままに仕事をして、分からないままにミスをしてしまっては最悪です・・・。


いくらシフト自由だったり、高給で条件の良い職場であっても、職場の受け入れ体制が整っていない職場では、看護師は自分の身を守ることが出来ません。


夜勤単発派遣を希望する方は、大手の看護師派遣会社に登録することをおススメします。


大手の看護師派遣会社では、派遣先の受け入れ体制や、サポート体制を調べてくれますし、過去に派遣実績があり、現役の看護師に支持されている職場なら安心して働くことができますよね☆

副業OKの派遣求人.jpg

夜勤単発派遣は人間関係のストレスが少ない?

pixta_5080686_S.jpg

職場やシフトに縛られない派遣の生活は楽しい!

pixta_8300095_S.jpg


夜勤のスポット派遣★看護師単発派遣の口コミ

pixta_6149285_S.jpg スポット派遣は基本的には1回単位の仕事です。


夜勤のスポット派遣は数は少ないのですが、条件の良い求人が出ていますよ★


派遣先は色々ですが、老健・老人病院・老人ホーム・個人病院・グループホームなどが多いですね。


私は老健や老人病院のスポット派遣は何度も行っています。


どこの施設もスタッフがギリギリだから、どうしても夜勤のシフトが組めない時などに募集があります。


スポット派遣の場合は、仕事のたびに派遣される場所が変わるので、スタッフや患者さんの名前や顔も知らずに仕事をするので、慣れるまではちょっと大変ですね・・・。


難しい医療行為が必要な職場では、スポット派遣の募集はないと思います。


基本的な看護技術があれば、仕事には問題がない程度の職場が多いです。


スポットでの仕事の場合は、メンバーとしてと言うよりも、フリーのナースとして働く事になります。


夜勤のフリーって、患者さんの顔や名前、疾患名など分かってなくても、取り敢えずは対応出来ますよね。


雑務が多くて、ナースコールの対応が主な仕事になります。


分からない事や、医療的な事は他の看護師のスタッフに依頼する事が多いですね。


老健や老人病院などの夜勤派遣は、フリーの看護師業務の他に、オムツ交換や体交に回ったりします。


スポット派遣の良い所は、時給が高い事と、給料即日払いの求人が多いと言う点ですね(=^・^=)


日払いのスポット派遣はとても人気がありますよね。


スポット派遣をしている看護師はダブルワークで普段は常勤やパートで働いているという方が多いんですよね。


民間病院だと基本給もなかなか上がらないし、どんなに残業をしても残業手当がつかなったり、夜勤手当が安かったりで、ハードな割に稼げないという声をよく聞きます。


私も民間病院の勤務なのですが、就職して5年経つのに給料は一向に上がりません。


ボーナスも年額で50万円くらいです・・・。


その割に仕事はハードで雑務ばかり・・・スタッフの入れ替わりが激しくて辞めたいのに辞められない・・・。


給料アップのための転職すらできない状況です。


そんな状況なので、夜勤の単発派遣の仕事は本当に助かります!


働きたい時だけ働けるので、旅行に行く前にお小遣い稼ぎとか、月末の給料日前に日払い派遣を入れるとか。


自由に働けるのでダブルワークでもストレスは溜まりませんよ☆

(29歳 民間病院常勤+スポット派遣 宮城県)


夜勤アフィリリンクバナー.jpg

個人病院の夜勤スポット派遣(#^.^#)看護師単発派遣の口コミ

pixta_4995608_S.jpg 私は看護師派遣会社に登録していて、個人病院の夜勤で欠員が出た時や、急なシフト調整が必要になった時などに単発派遣求人の紹介をしてもらっています。


私が今行っている病院は、個人病院で内科系の職場ですが、有床で10床です。


スタッフがとても多い病院で、夜勤は看護師2人体制で、病棟と外来を担当します。


このスポット派遣は、登録をしておくと、シフトの調整が難しい時や、スタッフの欠員が出た時に事前に連絡を貰い、仕事の予定を入れると言うものです。


私以外にもスポット派遣で登録をしている看護師が何人かいますが、夜勤が出来る常勤スタッフが少ないようで、私たちにも夜勤がしっかりと回ってきますよ!


内科系の病棟ですが、10床しかない上に看護師2人体制なので、夜勤も楽です!


仮眠や休憩もバッチリ取れます。


都合に合わせて夜勤のシフトを入れることが出来るので、気も楽ですよ!


2交代制の病棟なので、1勤務は16時間と長いのですが、仮眠が3時間あって、それ以外にも休憩が2時間はあります。


これだけ良い条件で1勤務3万円なので、絶対に辞めたくないですね!


個人病院のスポット派遣求人はとてもレアな求人です。


しかも1回3万円の個人病院の求人ってほとんどありません。


病院によっても夜勤の給料は様々です・・・。


1回の夜勤で1万5千円という病院もあります。


老人施設などの夜勤は1回2万円ほどが多いですね。


私のお勧めは、ベネッセの介護系施設での夜勤派遣です。


ベネッセの施設は関東が中心ですが、とにかく待遇が良い!


しかも綺麗な新しい施設が多いので、看護師の休憩・仮眠の部屋もとても綺麗です。


スタッフも新しいメンバーが多いので、新鮮な気持ちで働けますよ。


昔からある老人施設だと、長く勤める看護師や介護士が居座って、居心地の悪い職場が多いですからね・・・。


ベネッセの施設は1回の夜勤で3万円以上の求人も多いです。


日中のスポット派遣の求人も多いので、日勤と夜勤の組み合わせも良いですし、ダブルワーク可の求人も多いので働きやすいですよ☆

(33歳 老健常勤+スポット派遣 愛知県)


夜勤アフィリリンクバナー.jpg

4月は検診のスポット派遣が沢山~♪看護師単発派遣の口コミ

pixta_4995602_S.jpg 4月は進学や入学などで、検診派遣の依頼が増えますね。


私はダブルワークで検診派遣の他に、デイサービスでパートもしています。


検診派遣を続けているのは、ズバリ時給が高いからです!


先日は、私立大学の入学時検診に行ってきました。


マンモス大学なので、日程は5日間あり、2日以上の勤務が条件でした。


時間は8時から12時まで、8時から17時までの2パターンがありました。


私は5日間参加して、1日8時間の派遣をしました。


2日のみの派遣だと時給が多少安くなります。


5日間の派遣だと時給が高くなり、日給は1万5千でした。


主な業務は、問診です。


事前に配布したカードを元にグループに分かれてもらい、看護師は椅子に座り、学生がその前に並びます。


1人ずつ問診を行い、次の検査に通すのが仕事です。


問診だけで、ずっと座っていられるので、本当に楽な業務ですよ!(^^)!


スポット派遣なので、ダブルワークの方も多かったですし、給料も翌週振り込みだったので、嬉しかったですね(#^.^#)


検診派遣は、ほとんどが30代のママさんナースです。


または子供が小学生や中学生のママさんナースですね。


育児と仕事の両立ができる職場って看護師の場合は少ないですよね・・・。


どんなに院内保育園があっても、病児保育があっても、常勤で不規則勤務をこなすのは大変ですよね。


病棟や外来は夜勤ができる看護師を求めますが、独身ナースか、子供が大きくなった40代〜50代のナースでなければ、常勤でバリバリは難しい気がします・・・。


せっかく資格を取ったのに看護師として働けない方が約半数もいるなんて・・・。


これは異常事態ですよね。


看護大学や看護学校は増える一方なのに、現場の看護師は一向に増えず、スタッフの入れ替わりが激しい病院ばかり・・・中途採用のスタッフは病院に馴染む前に辞めてしまう・・・。


仕事と育児の両立を考えるなら派遣は最適だと思います。


特に検診は、ブランクがあっても事前研修があるので安心ですし、難しい医療行為もないので経験が浅くも問題ありません。


シフトに融通がきくし、周りはママさんナースが大半なので育児の理解も得られます。


ブランクが空くのは心配だけど、常勤での勤務も難しい・・・そんな方には派遣をお勧めします。

(31歳 民間病院+健診派遣 大阪府)


検診アフィリリンクバナー.jpg

デイサービスの看護師単発派遣☆

pixta_7131474_S.jpg

看護師単発派遣は介護系施設の求人が多いですね。


私は高齢者看護に興味があり、今後は在宅看護をしたいと思っています。


私は都内の大学病院の付属学校を卒業して系列病院に就職しました。


もう5年が経つので、そろそろ実家の宮城に戻ろうと思っています。


宮城に戻る前に取れなかった年休を一気に消化している所です。


単発派遣は都合が良い時にシフトを入れられるので、時間的に余裕のある今、初めて単発バイトをする事にしました。


デイサービスの単発バイトを選んだのですが、全くの未経験なので、どんな場所なのか検討も付きませんでした。


デイサービスは、私の性格に合うな!と直感で思いました。


私が今の職場を離れようと思ったのは、1人1人の患者さんの気持ちよりも、医療者側の都合を押し付けたり、1人1人とゆっくりと話を聞く余裕もない日々に疲れたからです。


忙しさの中で、患者さんを最優先にする気持ちが少なくなってしまうんですよね・・・。


デイサービスは終始穏やかに時間が過ぎます。


高齢の方はお話しが好きな方が多いし、デイサービスに来る方は誰かと接したり、話をする機会を持ちたいと思っている方ばかりなので、とても話しやすかったです。


デイサービスでは医療行為が少ないので、時間に追われることもありません。


高齢者のペースに合わせて、ケアをしたり、入浴や散歩をしたり、絵や書道、手芸などで指先の訓練をしたり・・・。


1日があっという間に過ぎるほど、私には癒しの時間でした。


地元に戻ったら、老人病院かリハビリ病院に転職をしようと思っています。


事前に単発バイトを通して介護系の施設の様子を見る事が出来て良かったです。


デイサービスは看護師としてやり甲斐が少ないなんて声も聞かれる事がありますが、それぞれ向き不向きはあると思います。


バリバリと看護師として働きたい!と言う方にはちょっと物足りないですね・・・。

デイサービスアフィリリンク.jpg

訪問入浴で単発派遣☆訪問入浴ナースの仕事について

pixta_6518547_S.jpg

訪問入浴で単発の仕事をしています。


ダブルワークなので単発の仕事がしやすいですね。


私は普段は民間病院で常勤をしています。


夜勤ありのシフトなので、病院の連休の時などに単発バイトに入ります。


単発バイトの求人先は沢山ありますが、訪問入浴が一番入りやすいと思います。


それは365日オープンの施設が多いので、希望した日時にシフトに入りやすいからです。


土日休みの職場だと、せっかくバイトに入りたくてもシフトが合いにくいと言う事があります。


訪問入浴は単発だったり、月1回のみだったりと、イレギュラーに仕事を入れいている方が沢山います。


ダブルワークの方も多いので、職場の受け入れも良いですよ。


今までいくつかの事業所を回りましたが、事業所によってかなり業務量が違いますね・・・。


お宅を訪問するだけではなくて、老人ホームや老健などの入浴に伺う事もありますが。どこもスタッフ不足でバタバタ・・・。


初めて仕事に入る時は業務の流れくらいは確認したいのですが、確認する余裕がない...と言う事もあります。


それくらいスタッフがギリギリの介護系施設が多いんですよね。


でも逆にスタッフがギリギリの職場が多いので、看護師の募集は1年中ありますし、ほぼ希望のシフトで入れます。


シフト完全自由の単発バイトが多いので、ダブルワークの方には入りやすいですよね。


訪問入浴の仕事は事業所によって違いが大きいので、当たり外れがあるな~と思います。


全くチームワークがない職場と、皆で声を掛けあって助け合う職場に分かれますね。


介護士さんのキャラも多きな要素です。


介護系の職場では看護師よりも介護士の方が権力を持っています。


介護士に指示されて看護業務を行う職場もあります。


お局さんの介護士がいた場合はもう仕事がしにくくて仕方がありません。


医療の知識がないのにとんでもない指示を出してくる事もあります。


介護系の職場で上手く仕事がしたいなら、職場の環境を見るのは重要です☆


看護師が看護業務をするのにビクビクしているような職場が実際に多いので要注意ですよ!


訪問入浴アフィリリンクバナー.jpg

クリニックで看護師スポット派遣☆看護師単発派遣の求人について

pixta_6659259_S.jpg

最近は看護師の単発派遣の求人が増えていますね。


どこの職場も看護師不足に悩んでいますからね。


常勤ナースが確保出来ない職場では、単発派遣のナースを多く確保したいですよね。


看護師単発派遣の求人は沢山の職場があります。


1回限りでOKの職場もあれば、定期的に職場に入る事が条件の職場もあります。


1回限りでOKの仕事は「スポット派遣」と呼ばれています。


クリニックや病棟・外来などの求人も増えています。


私はクリニックのスポット派遣に何度か行っています。


クリニックのスポット派遣は、1日だけの仕事なので、採血だけをするパート、点滴だけをするパート、診察の介助だけをするパートと言うように分かれていますね。


1回だけ仕事に入っても業務も流れも分からないし、職場のスタッフの顔も名前も把握していませんよね。


その状態で仕事に入るので、派遣ナースにとっても、職場にとってもやりにくいですよね。


なので、1回限りで仕事が終わったとしても困らないような業務を任されます。


点滴や採血なら患者さんとの人間関係はそれほど重要ではありませんよね?


クリニックは定期的に受診する患者さんが多いです。


特に高齢の方はいくつかの科にまたがって、毎日のように受診される方もいます。


看護師の名前や顔も覚えていますし、その事に安心感を持つ患者さんが多いのです。


単発で入った看護師は患者さんにとっては「知らない人」なので最初は不信感を持ちますよね。


でも、採血や点滴なら数分間だけの付き合いなので、人間関係はそれほど重要ではありませんよね。


クリニックでは完全予約制でない限りは結構ハードです。


診察終了間際の駆け込み受診の方も多く、残業も多い仕事です。


クリニックでバイトをするなら完全予約制の職場を選ぶと良いですよ!


特にダブルワークの方には労働環境は重要です。

クリニックアフィリリンクバナー.jpg


看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ >  条件で選ぶ看護師派遣求人 >  単発の看護師派遣

1日限定の単発派遣求人について紹介しています。イベントナースやツアーナースなど、人気の単発派遣求人や、スポット派遣の日給・税金・確定申告などについて解説します。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。