シフトの希望が通りやすい 自分の都合に合わせて働ける看護師夜勤専従

pixta_7414720_S.jpg 夜勤専従看護師の場合、派遣、パート、常勤と勤務形態はそれぞれありますが、普通の勤務の方に比べシフトの希望が通りやすいのです。


夜勤専従は小さい子供がいるナースには無理と思われがちですが、小さな子供がいて敢えて夜勤専従を選ぶ方も結構います。


私が勤める病院にも24時間院内保育園を利用して、月に8回ほどの夜勤専従をしているママさんナースが何人もいます。


夜勤専従を募集している病院では、病棟には数名の夜勤専従ナースがいるケースが多いと思います。


夜勤ができるナースを確保できないため、夜勤専従ナースを数名募集しているというケースが多いのです。


そのため、各病棟には夜勤専従ナースが数名います。


小さな子供がいるママさんナースも多いので、院内保育園のある病院を希望される方も多いですよね。


最近は院内保育園に病児・病後時保育のある病院も増えています。


夜勤の場合は当日の勤務変更が難しいので、病児や病後時保育があると安心ですよね!


例えば、子供がまだ小さいからご主人の都合がつく夜はご主人に任せて、子供が寝ている時間に働きたい方がいるとして、子供がいると日中に何かしらのイベントがある事が多くないですか?


まだ小さい子供なら、健診や予防接種、保育園や幼稚園なら、保育参観やお弁当の日、遠足や運動会にお遊戯会などなど・・。


これらって、平日とか土日に関係なく日中に多いですよね。


日中に勤務をしている方の場合は、仕事を休んでイベントに参加することになると思いますが、夜勤専従の場合はその必要がありません。


病院などはシフト制ですから、毎月休み希望など出すと思います。


一般の勤務の場合だと月に2日程の希望しか出せませんが、夜勤専従の場合は、ほとんどのイベントは休み希望を出さなくても行けますし、割と、自分の都合に合わせてくれるので自分のペースで働きやすいと言えます。


夜勤専従のパートやアルバイトの場合は夜勤の曜日や回数を選択出来たり、単発で夜勤アルバイトをする場合は、月に2回とか少ない回数で、自分の好きな時に働いたり出来るので、本職と掛け持ちでアルバイトをしていたり、日中は他の派遣やパートをしながら、週末の空いた時間で夜勤アルバイトをしている方も結構いますよ。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩夜勤専従 > シフトの希望が通りやすい 自分の都合に合わせて働ける看護師夜勤専従

夜勤専従看護師の場合、派遣、パート、常勤と勤務形態はそれぞれありますが、普通の勤務の方に比べシフト...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。