ツアーナースで海外へ行ってきた体験談

pixta_7634232_S.jpg


ツアーナースって楽しいイメージが先行しますよね。


旅行の添乗ナースなんて聞いたら楽しいイメージばかりになってしまいますよね。


でも、ツアーナースってハードな面ももちろんありますよ。


私は障害のある方を中心とした海外のツアーに同行する仕事をしています。


単発でツアーナースを募集する事もありますが、やはり仕事の感覚がなく遊びの延長と捉えている方が多いですね。


私も以前は中高の修学旅行の添乗をした事がありますが、確かにそれほど大きなトラブルにあった事もありませんし、10年ぶり位に楽しいイベントに参加出来て良い思い出になりました。


その後はもっと添乗ナースの事を知りたくて、民間の団体が支援している障害者のためのツアーで添乗ナースをしています。


海外へ行くこともあります。


障害者と言っても、大人も子供もいます。


車いすの方や全く動けない方もいますが、飛行機での移動もあります。


言葉が出ない方や、排せつが1人で出来ない方、食事が1人で出来ない方、など障害の程度はそれぞれです。


言葉が上手く出ない方が多いので、意思の疎通が難しくて、始めたばかりの頃は戸惑ってばかりでした。


トイレは同姓が連れて行くのですが、車いすから降ろすのに一苦労・・。


飛行機でもパニックになる子供がいたり、気圧の変化で体調が悪くなる方など様々でした。


障害者の海外旅行はドクターやナースが同行するツアーはとても高額です。


人件費がとても高いのです。


飛行機に乗って行くツアーは国内でも数十万円はするので、海外旅行はその何倍もかかります。


経済的な問題で行きたくても行けない方が沢山います。


金銭的な面以外にも、体調の面で行けない方もいます。


沢山の方や家族に出会い本当に沢山の勉強をさせて頂いています。


ツアーの仕事はただ旅行を楽しむ仕事ではないですよ。


参加者の健康観察や異常の早期発見は添乗ナースの責任ですよ☆

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩ツアーナース > ツアーナースで海外へ行ってきた体験談

ツアーナースって楽しいイメージが先行しますよね。 旅行の添乗ナースなんて聞いたら楽しいイメージばか...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。