看護師派遣求人✩在宅介護支援事業所

在宅介護支援事業所

在宅介護.jpg
目次
居宅介護支援事業者☆訪問入浴の看護師派遣
在宅介護支援事業所について☆看護師業務
指定居宅サービス事業の内容について☆看護師の役割
在宅介護支援事業所☆デイサービスセンターの看護師

居宅介護支援事業者☆訪問入浴の看護師派遣

pixta_6357772_S.jpg 居宅介護支援事業のサービスの中に「訪問入浴」があります。


訪問入浴は、看護師派遣の求人として多く見られます。


訪問入浴は、患者さんのトランスや、機材の搬入など体力を使う仕事なので、30代~40代のナースが多いですね。


寝たきりの患者さんや体格の良い患者さんを移動させたり、更衣を行うのはかなりハードです。


訪問入浴では、介護士2人+看護師1人の計3人が1チームとなって行動します。


このチームで1日行動をします。


チームは毎日変わります。


訪問入浴は週1回利用の方、週2回利用の方、毎日利用の方と様々です。


要支援なのか要介護なのかによって、サポートの量が変わります。


要支援の方は見守りや声掛けのみでOKな場合もありますし、要介護5の最重度の方は、移動・更衣・入浴と全てにサポートが必要です。


訪問入浴の看護師は非常勤の方が多いです。


単発で入る方や、週に1回のみの方など様々です。


短時間勤務や、午前のみ・午後のみと言うように変則勤務の方も多いです。


それぞれが働きやすいシフトで働いているので、仕事とプライベートを両立させたいと言う方にピッタリだと思います。


入浴を行う仕事・・・と考えるとそれほど難しい仕事ではないと感じますが、入浴は健康な人でも負担の大きなものです。


疾患のある方が行う入浴はもっと負担が大きく、入浴中や入浴後の急変もあります。


私が以前、訪問入浴で伺ったお宅は、脳幹の疾患があり、体を起こすと急激に血圧が下がり維持出来なくなる方がいました。


また、脳幹の疾患のため呼吸も維持できなくなる事もあり、命がけの入浴でした。


病棟なら入浴不可にされそうな患者さんでも、本人や家族が強く希望すれば入浴も可能となるのが在宅介護なのです。


私が訪問した時に、この患者さんは「やりたい事をやって死ねるなら本望だよ」と言っていました。


それを聞いていた家族も「自分が患者の立場なら、やっぱり自宅でやりたい事をやって、時期が来たら死にたいな。」と言っていました。


その患者さんの訪問時間は1時間ですが、入浴時間は10分ほどでしょうか。


意識レベルや呼吸状態を見ながら、入浴時間を調整します。


チーム3人がすぐに対処できるようにスタンバイしています。


ある時に、入浴中に急激に意識レベルが低下してしまい、急いでベッドに戻したことがあります。


ベッドに戻した後も呼吸は浅く、顔面蒼白・・・。


すぐに担当ケアマネに連絡をして、ケアマネから主治医に連絡を入れて貰いました。


その後は、掛かりつけの病院を受診し、入院を勧められたようですが、本人と家族の希望で自宅に帰ってきました。


このように入浴で負荷がかかり状態が悪化しても、それでも入浴をしたい!好きな事をしたい!自宅で過ごしたい!と言うのが患者さんの本音なのだと思います。


病院ならこのような希望を叶える事は難しく、病院側のルールや都合を押し付ける場面が多いです。


でも在宅の場面なら、本人や家族の希望を優先させることが出来ます。


私は介護の仕事を「医療現場に比べると楽だな」と認識していましたが、実はそうではなくて、患者さんや家族の希望を理解して共感する気持ちや、それをサポートする力が必要だと思います。


どちらが大変という事はなく、それぞれ良い点悪い点があります。


私には介護の分野は向いているのか、難しいケースの方に出会っても共感する気持ちの方が大きく、今後もずっと介護に携わりたいと思っています(#^.^#)

高給派遣バナー.jpg

在宅介護支援事業所について☆看護師業務

pixta_6269191_S.jpg 在宅介護支援事業所とは、介護のニーズのある患者や家族に対して、ニーズに応えられる介護サービスの認定を行う事業所の事を言います。


在宅介護支援事業所は、都道府県の認定を受けた専門の介護事業者であり、医療・福祉・介護に精通した介護支援専門員(ケアマネジャー)が在籍しています。


介護や在宅医療が必要な患者がいる場合は、病院に入院していた方の場合は病院のケースワーカーが患者や家族のニーズを聞きながら、在宅介護支援事業所の紹介を行います。


在宅介護支援事業所での支援を希望する場合は、直接「在宅介護支援事業所」に連絡をしても良いですし、どの事業所を選べば良いか分からないと言う場合は、市役所の介護福祉課に問い合わせると相談に乗ってもらえます。


在宅介護支援事業所では介護認定がされていない患者に対して、面接や聞き取りをして介護認定をします。


介護認定調査員(ドクターや看護師、介護認定委員などのチーム)が、それぞれの患者の状態に合った介護認定を行い、介護保険証を交付してもらいます。


介護認定がされると、各介護サービスを利用する事が出来ます。


在宅介護の分野では、介護士やケアマネージャーなど多くの職種の方が活躍しています。


一定の経験を積むことで、看護師はケアマネージャーの資格試験を受ける事が出来ます。


看護師からケアマネージャーになる方も多く、ケアマネージャーは人気職であり、難易度の高い資格となっています。


介護の場面では、患者も家族も介護についての知識が豊富なケースが多く、看護師や介護士に対して厳しい評価がされる事も多いのです。


在宅介護をしている家庭では、少しでも日常生活が送れるように、たくさんの公的サービスや介護・医療について、たくさんの知識を求めています。


様々な難しいケースの患者が多い中で、1人1人のニーズに合わせた的確なアドバイスが求められるため、看護師も常に勉強をしておく必要があります。


介護制度や保険制度は小まめに変わりますので、常に新しい情報に触れるようにしておくと、患者や家族との信頼関係を築きやすいと思います。

高給派遣バナー.jpg

指定居宅サービス事業の内容について☆看護師の役割

pixta_6270092_S.jpg 指定居宅サービス事業には、「訪問介護事業」「訪問入浴事業」「訪問看護事業」「訪問リハビリテーション事業」「通所介護事業・デイサービス」「通所リハビリテーション事業」「短期入所生活介護事業」「短期入所療養介護事業」「居宅療養管理指導事業」「特定施設入居者生活介護事業」「福祉用具貸与事業」があります。


介護保険法では、介護サービスの種類の分類として、指定居宅サービス事業者、指定地域密着型サービス事業者、指定居宅介護支援事業者、介護保険施設、指定介護予防サービス事業者、指定地域密着型介護予防サービス事業者、指定介護予防支援事業者の7類型が定義されている。


居宅介護支援事業所ではケアマネージャーがケアプランを作成し、居宅サービス事業者はケアプランに沿って介護サービスを提供していく。


看護師の役割は、ケアプランが作成された後の、居宅サービス事業になる。


ケアプランの作成はケアマネージャーが行い、実際の介護サービスの実施は看護師や介護士が行う。


介護施設には様々な種類があり、年々ニーズが高まり、新しい施設が年々増加しており、看護師・介護士は常に人手不足の状態となっている。


看護師の派遣の求人では、「デイサービス」と「老健」「特別養護老人ホーム」「有料老人ホーム」での募集が圧倒的に多い。


これらの施設の共通点は、日常生活の援助であり、ADLの維持や向上を目的としている。


一般の医療機関とは異なり、介護の面でのサポートが多い。


一般病院の経験しかない看護師は、介護の現場とのギャップに最初は抵抗がある方も多いと言います。


一般病院では「疾患や治療」に重点が置かれるのに対して、介護施設では「ADLの維持・向上やその人らしい生活」に重点が置かれている。


医療の現場から介護の現場を見ると、最初は物足りなく感じると思います。


「どうしてこの状態で積極的な治療をしないの?」「医療を行わないなら看護師がいる意味がない・・・」と言うように、看護師の役割が離解出来なかったり、仕事にやり甲斐が持てなかったりする。


介護の分野は向き不向きがあると言われています。


介護の分野に入ってみたものの、どうしても肌に合わない・・・と言う方も多いのです。


医療と介護・・・繋がっているはずの分野ですが、実際には途切れているように感じます。


介護分野で働きたい看護師は、看護と介護は別物だと認識して、「患者が自分らしく尊厳を持って生きられるように」サポートしていけると良いと思います。


介護の分野には、医療現場では経験出来ないように困難や感動が沢山あります。


医療の場面では、治療に対する効果がすぐに表れるので、やり甲斐や看護師としての成長を実感しやすいのですが、介護の場面では目に見えての改善は見られないことが多いです。


そのため、仕事へのモチベーションが保てない・・・と言う声も多いのです。


似ている様で全く違う分野ですが、介護分野にしかない看護師の役割も沢山あります。


介護の経験を積んでケアマネージャーになる方や、介護事業所を立ち上げる方などもいます。


それぞれが目標を持って働けると良いですね(#^.^#)

高給派遣バナー.jpg

在宅介護支援事業所☆デイサービスセンターの看護師

pixta_7129357_S.jpg 在宅介護支援事業所では多くの介護サービスがあります。


デイサービスのその1つであり、その数は年々増えており、常に看護師求人募集がある。


デイサービスセンターの看護業務はどのようなものがあるのでしょうか?


デイサービスセンターは、要介護者や要支援の方がおり、介護度やADLの程度も様々である。


認知症専門のデイサービスも増えてきている。


デイサービスセンターの看護師の主な業務は、利用者の健康観察と健康管理にある。


一般病院のように治療がメインの施設ではないため、看護や医療面での業務は少なく、ほとんどが日常生活におけるサポートや、リハビリやレクリエーションのサポートである。


デイサービスの利用者は、介護保険のある65歳以上の高齢者が大半だが、一部の特定疾患については年齢制限なくデイサービスを利用する事が出来る。


デイサービスでは、日常生活の援助、OTやPTの業務、レクリエーションや趣味のサポート、入浴、食事などが1日の流れとなっている。


利用者の定員が1日50名ほどの施設から100名ほどの施設と規模も様々で、看護師の人数にも幅がある。


私が以前いくつかのデイサービスで派遣ナースをしていた時は、利用者1日50名、看護師(常勤1人+パート1人+派遣3人)の計5人、介護士(リーダー1名+副リーダー1名+7~8人)の計10名前後が働いていた。


デイサービスでは毎日入浴があり、介護士は午前中の大半を入浴介助を行っている。


看護師は、入浴前後のバイタル測定を行い、入浴の可否判定をする。


看護師が入浴介助に入るのは、介護士のみの介助では入浴が難しい方のみであり、基本的には入浴前後の健康観察や健康管理を行っている。


入浴後は体拭き、更衣やドライヤーを掛けるなどのサポートをしながら、皮膚や爪の状態、全身状態や意識レベルの確認などを行っている。


入浴中に体調不良になった場合は、すぐに看護師が対処し、看護師から管理者へ報告。


管理者からケアマネージャー→主治医に報告が行われる。


必要があれば受診を行い、看護師は受診の際に同行する事もある。


午前中は入浴で大半の時間が終るが、入浴をしない利用者は、リハビリの援助、レクリエーションのサポート、散歩などを行う。


看護師は入浴に関わる者と、外回り(リハビリやレクの担当)に分かれて行動する。


入浴後は昼食が始まるが、看護師はBSチェックやインスリン注射がある場合は見守り、1人では困難な場合はサポートをする。


1日に数名は経管栄養の方がいるため、栄養を入れる前にオムツ交換や体向などを行い経管を行う。


食前薬がある場合は配薬し、内服を確認する。


昼食の際は、利用者5~6人のテーブルに看護師と介護士が1人ずつ同席して一緒に食事をする。


食事介助が必要な場合は、自分の食事をしながらサポートする。


誤嚥などがないように見守りながら、順次下膳を行う。


下膳後は配薬を行い、内服の確認を行う。


食事量のチェックを行い、記録者は利用者ノートに記録する。


私が派遣ナースとして行ったデイサービスは中規模の施設が多く、経管栄養は1日1~2人、食事介助は各テーブルに1人ほど。


BSチェックやインスリン投与は自立で行える方が多いため見守りを行い、サポートが必要なのは1~2人。


入浴の際に看護師のサポートが必要な方は5名ほど。


入浴後の処置(創傷がある場合の処置や、爪などへの薬剤塗布)は複数名いる。


皮膚に明らかな異常が見られた場合はリーダーに報告し、リーダーからケアマネ→主治医に報告をする。


デイサービスでは現場の判断で薬剤を塗布したり、皮膚処置をする事は出来ず、新しい処置が必要な際には必ずドクターの指示を仰ぐ。


デイサービス看護師は医療行為が少なく、未経験者でも問題なく勤務出来ると思います。


実際に派遣ナースで来ている方は、ブランク明けや未経験の方が大半でした。


ママさんナースや扶養範囲内での希望者が多く、大半が派遣などの非常勤ナースである。


業務は単調なのでちょっと飽きてしまう・・・と言うのがネックでした。


私は介護現場の経験が全くなく、一般病院の経験しかなかったので、余計に医療機関との差に驚く事が多かったです。


職場の雰囲気は各施設によって全く違います。


介護士による看護師イジメも何度も見ました。


デイサービスでは、看護師よりも介護士の方が権力を持っている事が多いです。


介護士は医療行為を行う事は出来ませんから、医療行為が必要な際は看護師に依頼をしてきますが、横柄な態度を取られた事が何度もありました。


暴言を吐く介護士もいましたし、看護師を毛嫌いしている介護士も少なからずいます。


和気あいあいとした施設もありますが、雰囲気が悪くいつもピリピリした雰囲気の職場もあります。


高給派遣バナー.jpg

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ >  施設の種類で選ぶ看護師派遣求人 >  看護師派遣求人✩在宅介護支援事業所

在宅介護支援事業所の派遣看護師の業務内容・必要な看護スキル・給料・1日の流れなどを詳しく解説しています。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。