在宅介護支援事業所について☆看護師業務

pixta_6269191_S.jpg 在宅介護支援事業所とは、介護のニーズのある患者や家族に対して、ニーズに応えられる介護サービスの認定を行う事業所の事を言います。


在宅介護支援事業所は、都道府県の認定を受けた専門の介護事業者であり、医療・福祉・介護に精通した介護支援専門員(ケアマネジャー)が在籍しています。


介護や在宅医療が必要な患者がいる場合は、病院に入院していた方の場合は病院のケースワーカーが患者や家族のニーズを聞きながら、在宅介護支援事業所の紹介を行います。


在宅介護支援事業所での支援を希望する場合は、直接「在宅介護支援事業所」に連絡をしても良いですし、どの事業所を選べば良いか分からないと言う場合は、市役所の介護福祉課に問い合わせると相談に乗ってもらえます。


在宅介護支援事業所では介護認定がされていない患者に対して、面接や聞き取りをして介護認定をします。


介護認定調査員(ドクターや看護師、介護認定委員などのチーム)が、それぞれの患者の状態に合った介護認定を行い、介護保険証を交付してもらいます。


介護認定がされると、各介護サービスを利用する事が出来ます。


在宅介護の分野では、介護士やケアマネージャーなど多くの職種の方が活躍しています。


一定の経験を積むことで、看護師はケアマネージャーの資格試験を受ける事が出来ます。


看護師からケアマネージャーになる方も多く、ケアマネージャーは人気職であり、難易度の高い資格となっています。


介護の場面では、患者も家族も介護についての知識が豊富なケースが多く、看護師や介護士に対して厳しい評価がされる事も多いのです。


在宅介護をしている家庭では、少しでも日常生活が送れるように、たくさんの公的サービスや介護・医療について、たくさんの知識を求めています。


様々な難しいケースの患者が多い中で、1人1人のニーズに合わせた的確なアドバイスが求められるため、看護師も常に勉強をしておく必要があります。


介護制度や保険制度は小まめに変わりますので、常に新しい情報に触れるようにしておくと、患者や家族との信頼関係を築きやすいと思います。

高給派遣バナー.jpg

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩生活介護 > 在宅介護支援事業所について☆看護師業務

在宅介護支援事業所とは、介護のニーズのある患者や家族に対して、ニーズに応えられる介護サービスの認定...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。