訪問看護師の役割

pixta_1557555_S.jpg


訪問看護は、看護師が患者さんの自宅に伺い、看護ケアや介護ケアをする仕事です。


高齢化社会を迎えている現在は、病院の数が高齢者の数に追いつく事ができず、自宅療養を推進しています。


その結果、訪問看護を選択する方が増えた為に、訪問看護師の需要も高くなり、訪問看護の看護師不足が深刻な状態になっています。


訪問看護師の人手不足を改善する為に、事業所は給料や待遇などを優遇して、一人でも多くの看護師に働いてもらえるように努力しています。


訪問看護の仕事に高待遇な求人が多いのは、このような理由があるからです。


訪問看護は、病院看護に比べると違いが多く、実際に働き始めてからギャップを感じる方も沢山います。


訪問看護に興味を持っている方は、事前に業務内容について理解しておく事をお勧めします。


訪問看護師は、病気の治療をサポートする事だけが目的ではなく、生活をサポートする事も重要な業務です。


患者さんだけではなく、ご家族との関わりも大きく、じっくりと向き合った看護ができるところが魅力です。

訪問看護師は、1日3〜5件のお宅を訪問して看護を行っています。


1件のお宅を訪問する時間は、30〜60分くらいで、一日に訪問するお宅は決まっています。


その為、ほぼ定時で帰る事ができますし、午前中のみなどの時短勤務も可能です。


さらに、訪問看護ステーションは、基本的に平日の日中のみの営業なので、夜勤がありませんし、土日は休みです。


ですから、ママさんナースなど、プライベートを重視した働き方をしたいという方にはピッタリです。


ただ、オンコール対応があるので、理解しておく必要があります。


オンコール対応というのは、当番が専用の電話を持ち帰って、緊急時の電話に対応する業務です。


オンコール対応は、基本的に常勤看護師が行っていますが、事業所によって異なるので、ルールをしっかりと確認しておく事をお勧めします。


訪問看護は、常勤で働いている場合、看護計画や訪問計画の立案や修正、他の職種のスタッフとのミーティング、家族やケアマネへの連絡など、業務が沢山あるので、どうしても残業が増えてしまいます。


しかし、パートであればそのような業務を任される事がないので、気楽に働けます。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩訪問看護 > 訪問看護師の役割

訪問看護は、看護師が患者さんの自宅に伺い、看護ケアや介護ケアをする仕事です。 高齢化社会を迎えてい...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。