看護師派遣の法律・派遣法について

看護師派遣会社選び方3箇条

看護師派遣会社選び方3箇条.jpg
目次
派遣期間の制限。ず~っと同じ職場で派遣看護師を続ける事は出来ません!
看護師派遣の制度?看護師派遣を長く続ける方法は?
退職交渉は1か月前にすれば問題ない?
看護師派遣の抵触日について
紹介予定派遣のメリットとデメリット
公務員看護師でなくても副業禁止規定がある可能性があります。
看護師派遣は、違法じゃないの?例外はあるの?

派遣期間の制限。ず~っと同じ職場で派遣看護師を続ける事は出来ません!

pixta_6518547_S.jpg派遣のお仕事って、高収入が得られあるため、人気のある働き方ですね^_^


ただ、派遣期間が決まっていますから同じ職場に長く派遣として働く事は出来ません(´・Д・)」


労働者派遣法により、看護師の派遣は一箇所に1年から最長3年までと決められています_φ(・_・


以前は看護師の派遣は認められていまさんでしたが、看護師不足を解消するために新たな法案が出来たのです^_^


派遣には一般派遣と紹介派遣があります(´・Д・)」


一般派遣ではあれば、一ヶ月から六ヶ月の間で、決められた期間で終了となり、その後の延長は話し合いによります。


紹介派遣は、あらかじめ派遣終了後に直接雇用されることを前提にした派遣業務です。


直接雇用とするかどうかは、派遣期間終了時に、派遣先と、派遣看護師との間で話し合いで決められます^_^


直接雇用になると、時給が下がってしまうことから、直接雇用とせずに、次の派遣先を探す方が多いようですねf^_^;


また、三年間の派遣期間ですが、先に派遣で働いていた看護師の派遣期間も含まれての三年間となりますから、必ずしも三年間働けるわけでもないんですよね!(◎_◎;


先に働いていた派遣ナースが一年間働いていたのすれば、自分が派遣として働ける期間は、二年間となるわけです(。-_-。)


派遣の魅力は、長期間にわたって働かなくても良いというメリットですから、それでも良いという方は結構います^_^


また、実際に働いてみて病院雰囲気や条件を見定めることができますから、自分にあっている職場を見つけ、直接雇用を決めるということもできますね(^ー゜)


ただ、派遣で気に入った職場だからといって、派遣のまま永続的に勤務することは不可能ということなんです。


この辺りは、人気の看護師派遣会社に相談してみるといいと思います。

看護師派遣の制度?看護師派遣を長く続ける方法は?

pixta_11145309_S.jpg看護師の派遣には派遣法があるのを知っていますか?


派遣法は、職場や施設のスタッフの安定化や万年のスタッフ不足を解消する目的で作られました。


病院や施設が安定するための方法なので、3年を限度にそれ以上の期間を連続して派遣看護師を続ける事が出来ません。


派遣期間の3年が過ぎると違法なので、一度派遣看護師は解雇して、期間を空けなければ再び派遣看護師を雇う事は出来ません。


紹介予定派遣は、派遣期間が来るまでは派遣として働き、その後同じ職場で直接雇用になる事ですが、ほとんどの看護師は直接雇用は選択しませんね。


それは、直接雇用になると大幅に給料が下がるからです。


ところで看護師の離職率は高いですよね。


看護師の仕事を離れてしまう理由は、人間関係のトラブルであったり、給与や勤務時間などの条件に不満があったり、結婚や出産、介護などの理由で現在の仕事が続けられなくなったりといったケースが殆どです。


本当なら辞めずずっと働き続けられる職場があれば一番なのですが、病院によって労働条件には差がありますし、結婚や出産などで生活環境が変わってしまうと、同じペースで働き続けるのは難しいですよね。


看護師にとって本当に働きやすい職場って、あるのでしょうか?


働きやすい職場の基準は、その人によって変わると思います。


独身の看護師でも、既婚・子育て中の看護師であっても、職場の人間関係が良いこと、その人に合った労働条件が整っていることは絶対条件になると思います。


評判の良い病院でも、各科や病棟によって雰囲気や業務内容・人間関係など全く違ってきますから、必ずしも働きやすいと感じるとは限りません。


バリバリ働くことやスキルアップにやりがいを感じる人には大学病院のような高度医療を必要とするところが合ってるかもしれないですし、ゆったりした職場のほうがいいというかたには残業の少ないところや介護施設のようなところが働きやすいと感じるでしょうね。


ママさんナースなら子育てに理解のある職場でないと両立が難しいですし、シングルマザーの方なら院内保育所があったり残業なしの職場が働きやすいです。


働く方によって生活スタイルや仕事に何を求めるかは異なってきますよね。


本当に働きやすい職場はどこなのか?を知る場合は、自分が何を優先させるのか、どの点は妥協できるのか、を明確に整理して、事前によく調べて探すしかありません。


派遣期間は3年間ありますが、他の看護師がすでに派遣されている場合は、その方が働き始めてから3年間になるので、丸々3年間働ける事の方が少ないです。


時給が高く、シフトの自由が利きますので、派遣は人気が高いのですが、派遣期間が来たら他の派遣先に移るか、直接雇用になるかを選択しなくてはいけないのがデメリットでもあります。


長く派遣を続けるには、事前に派遣期間がどれくらい残っているのか?を確認する事をお勧めします。


また、派遣期間ギリギリまで働いて、期間が切れる前に次の派遣先を決めておくとスムーズですね。


看護師派遣会社の場合は、派遣先の職場も豊富ですし、派遣の繋ぎとして、好条件な単発派遣やツアーナースなどを紹介してくれますので、仕事をコンスタントに続ける事が出来ますよ。

退職交渉は1か月前にすれば問題ない?

pixta_1593673_S.jpg私は来年の3月で仕事を退職しようと思っています。


まだ9月なので急ぎませんが、とにかく忙しい病棟なので、早い者勝ちな所があるので、先に退職を言った人勝ちなんです。


昨年も辞めたくて師長に直談判しましたが、先に言いだした方がいて無理だと言われてしまいました。


実際、退職交渉に苦労する看護師さんって多いですよね。


私の友人や先輩の看護師も苦労したという方が多いですよ。


退職を言いだすと、嫌がらせしてきたり、急に態度が冷たくなったりと・・・・女の職場は面倒な事が多いですね。


私は、現在の職場で今年で7年になります。


3年目の時、5年目の時と辞めようと何度か思いましたが、なんとか頑張ってきました。


退職交渉って本来なら法的には1月前に報告すれば問題はないのですが、看護師の場合はスタッフが不足している職場多いですから、かなり早めに言わないと却下されてしまいます。


遅くても3カ月前には言わないと、次のスタッフの確保がありますからね。


年度の途中で辞める場合はもっと配慮しないと、なかなか辞めさせてもらえません。


出来れば3月に辞めるのが理想的ですが、年度の途中でどうしても辞めたいという場合がありますから注意が必要です。


看護師派遣会社ではスムーズに前の職場に辞められるように退職交渉の仕方のアドバイスがありますし、実際に退職交渉を手伝ってくれる事もありますよ。

看護師派遣の抵触日について

pixta_17548159_S.jpg 派遣看護師には、抵触日というものがあります。


派遣先企業の事業所が派遣スタッフを受け入れられる期間を最長で3年と定め、その期間を過ぎる最初の日を抵触日といいます。


この期間を越えて個人はもちろん、1つの派遣会社から派遣を受け入れることができません。


参考:平成27年9月30日施行の改正労働者派遣法


この抵触日は個人、派遣会社単位の両方で決められているため、たとえ、働きはじめたばかりの看護師でも数か月で派遣終了となってしまうことがあります。


つまり、同じ医療機関に他の看護師が既に派遣されている、または、以前に派遣されたていたという実績があればこの抵触日に関する法律が適用されます。


ただし、派遣会社は派遣契約の際に、看護師に抵触日がいつになるかを知らせる義務がありますので、抵触日が近いものは避ければいいだけです。


派遣看護師が抵触日を迎えたら?


pixta_2939211_S.jpg
派遣看護師の場合は、職場にこだわりがなければ抵触日が長めの仕事を選べば全く問題ありませんのでご安心ください。


抵触日を迎えたら、単に派遣先を変えればいいだけなので、特に問題はありません。


また、裏技ですが、個人の抵触日は部署を変えれば問題ないという条件があります。


極端な話、4階から3階に異動しただけでも部署が変わったことになるので抵触日を逃れることができます。


それが難しいなら派遣先が多い看護師派遣会社を選びましょう。

紹介予定派遣のメリットとデメリット

pixta_3627720_S.jpg


派遣で働く場合、派遣期間が過ぎたり、ある一定の期間が過ぎた時点で直接雇用になる、紹介予定派遣が多いんです。


紹介予定派遣は、派遣で働いている間に職場環境や仕事内容を良く観察する事ができて、
自分に合っているか判断する事ができるところがメリットです。


同じ職場であれば、仕事内容も充分にわかっていますから、スムーズに仕事を続ける事ができます。


しかし、ご存知のように、派遣の時給はとても高いので、直接雇用になると、給料が安くなってしまう、というデメリットがあるんです。


同じ職場で全く同じ仕事をしていても、バイトと派遣とでは、時給に200円~500円も差があるんです。


直接雇用になると、派遣のように自由な働き方もできませんから、直接雇用とはならずに、他の派遣先を探す看護師が沢山います。


しかし、看護師派遣会社を通して派遣の仕事をしているのであれば、直接雇用になる際に、コンサルタントさんが給料アップの交渉をしてくれます。


コンサルタントさんは医療業界の転職に関してはプロですから、いろいろな知識を持っています。


少しでも希望の給料に近づけるように、粘り強く交渉をしてくれます。


給料面ばかりではなく、福利厚生面でも、交渉次第で条件がかなり良くなるケースがあるんです。


給料面や福利厚生の面で、希望の条件に近づく事ができれば、直接雇用になるのはお得ですよね。


これまで働いてきた慣れ親しんだ職場で、安定して働く事ができますし、将来の事を考えると、給料面でも安心です。


給料アップ交渉は、自分ではなかなかできませんから、看護師求人情報サービスを利用して、コンサルタントさんにお任せすれば、派遣からのスタートで給料アップは充分に可能です。

公務員看護師でなくても副業禁止規定がある可能性があります。

pixta_5382002_S.jpg私の職場は副業が禁止されています。


公務員ではありませんが、社則で決まっています。


もし副業が可能な職場であれば、派遣で夜勤専従や、夜勤パートもいいですね。


夜勤専従のお仕事であれば夜勤パートに比べ、一回の夜勤でかなりの高収入が得られます。


夜勤専従のお仕事は看護師求人情報サービスを利用すると見つける事が出来ます。


仕事を掛け持つ場合でしたら、派遣先もしっかり調べ、自分に合った条件など、看護師求人情報サービスで条件交渉などおこなってもらい現在働いている職場と勤務が重ならないようにしてもらうなどの配慮はしてもらった方がいいですね。


看護師の仕事は、高収入と言われていますが、なんらかの理由でさらに収入を増やしたい事もありますよね。


私も収入を増やしたいなぁと思い、夜勤回数を増やしてもらいました。


二交代夜勤ですから、夜勤が増えてもそれほど苦痛はありません。


子供も夜間一人で寝ることが出来る年頃になりましたし、夜勤明けなど平日に用を足す事も出来るので、夜勤が多い方が助かります。


私の職場は、働きやすい職場でシフト希望も通りやすいですし、年休も消化率はほぼ100パーセントです。


残業もほとんどありませんし、ママさんナースにとって働きやすい職場です。


私にとって今の職場は働きやすい環境であるため、あえて転職は考えていません。


給料アップを狙って転職しても、残業が多いとか、連休がとれない、人間関係が悪いなどといった職場では長続きしませんよね。


もし、給料アップを狙って転職するのであればその辺の覚悟は必要です。


しっかりと事前に職場の雰囲気や人間関係、残業の程度など、自分にとって働きやすい職場か調べる事も大切ですね。

看護師派遣は、違法じゃないの?例外はあるの?

pixta_7634232_S.jpg


労働者派遣法によるといつかの業種で派遣が禁止されているものがあります。


その業種の1つが看護師を含む医療関係の仕事です。


ただし、看護師派遣は例外があります。


紹介予定派遣


まず1つ目の例外は、紹介予定派遣です。


他の業種同様に正社員になることを前提に派遣看護師として働くことです。


ただし、この紹介予定派遣には抜け道があって、派遣の期間がすぎて、正社員になるときに派遣側と看護師の両者の意思決定が必要です。


つまり、この時点で、看護師が正社員になることを望まなければ、別の職場で派遣を続けることができます。


最初は、紹介予定派遣で働いて、後から辞めることができるという事です。


休業中の看護師の代替業務の派遣


2つ目の例外は、産休、育休、介護などで休業中の看護師さんの代わりの派遣看護師です。


この場合、派遣期間は決まっておらず、休業中の看護師さんが復帰した時点で派遣終了になります。

病院・診療所以外の職場の派遣

3つ目の例外として、福祉系、介護系施設の派遣が認められています。


具体的には、、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、デイサービスなどです。


病院やクリニックなどで医療行為が多い職場は禁止です。

また、在宅であっても医療行為がメインとなる場合は違法となります。


僻地・離島の派遣


離島やへき地に関しては、例外中の例外として看護師派遣が認められています。


ただし、都道府県の医療対策協議会が必要と認めた病院等についてだけです。


離島やへき地であればどんな病院や診療所でも良いわけではないので、看護師派遣会社に確認してください。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ >  看護師派遣の仕組み >  看護師派遣の法律・派遣法について

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。