派遣法は医療行為のある現場を禁止しています。

pixta_7826134_S.jpg


派遣として雇われる看護師は、まずは派遣会社と契約書をかわします。


この時、一般的な派遣会社ではなく、看護師専門の派遣会社を選んだ方が良いです。


なぜなら、看護師派遣は特殊で、医療行為がある現場で働くことはできなかったり、一定の条件を満たす必要があるからです。


看護師の業務は、時に命にかかわるような重大な責任を負っているため、基本的には医療行為がある場所では派遣看護師はできません。


紹介予定派遣


1つ目が紹介予定派遣であることです。


紹介予定派遣とは正社員になる前提で派遣社員として働くことです。


将来、正社員になる病院やクリニックであれば、医療行為があっても派遣社員として働くことできます。

介護系施設や在宅の派遣


2つ目は、医療行為をしない介護施設の看護師派遣です。


介護施設とは、デイサービスや老人ホームなどの福祉施設で、比較的、健康的な方にかかわる仕事です。


老人病院は、高齢者であっても医療行為があるので原則は、派遣看護師は不可です。

産休・育休、介護休暇中の代替え派遣


医療行為があっても、緊急的に人でぶ足になってしまうことを防ぐ派遣看護師の特例です。


産休や育休や親の介護などで突発的に人でぶ足になった時は、特例で医療行為がある職場でも派遣看護師ができます。


この例外はあくまで、代替え業務であり、理由があって休んでいる看護師が帰ってきたら即終了です。


最初から機関が決められている場合もあれば、直前にならないとなかなかわからない場合もあります。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣の法律 > 派遣法は医療行為のある現場を禁止しています。

派遣として雇われる看護師は、まずは派遣会社と契約書をかわします。 この時、一般的な派遣会社ではなく...

Copyright © 2010 【看護師派遣の単発】求人の口コミサイト All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。