紹介予定派遣のメリットとデメリット

pixta_3627720_S.jpg


派遣で働く場合、派遣期間が過ぎたり、ある一定の期間が過ぎた時点で直接雇用になる、紹介予定派遣が多いんです。


紹介予定派遣は、派遣で働いている間に職場環境や仕事内容を良く観察する事ができて、
自分に合っているか判断する事ができるところがメリットです。


同じ職場であれば、仕事内容も充分にわかっていますから、スムーズに仕事を続ける事ができます。


しかし、ご存知のように、派遣の時給はとても高いので、直接雇用になると、給料が安くなってしまう、というデメリットがあるんです。


同じ職場で全く同じ仕事をしていても、バイトと派遣とでは、時給に200円~500円も差があるんです。


直接雇用になると、派遣のように自由な働き方もできませんから、直接雇用とはならずに、他の派遣先を探す看護師が沢山います。


しかし、看護師派遣会社を通して派遣の仕事をしているのであれば、直接雇用になる際に、コンサルタントさんが給料アップの交渉をしてくれます。


コンサルタントさんは医療業界の転職に関してはプロですから、いろいろな知識を持っています。


少しでも希望の給料に近づけるように、粘り強く交渉をしてくれます。


給料面ばかりではなく、福利厚生面でも、交渉次第で条件がかなり良くなるケースがあるんです。


給料面や福利厚生の面で、希望の条件に近づく事ができれば、直接雇用になるのはお得ですよね。


これまで働いてきた慣れ親しんだ職場で、安定して働く事ができますし、将来の事を考えると、給料面でも安心です。


給料アップ交渉は、自分ではなかなかできませんから、看護師求人情報サービスを利用して、コンサルタントさんにお任せすれば、派遣からのスタートで給料アップは充分に可能です。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣の法律・派遣法について > 紹介予定派遣のメリットとデメリット

派遣で働く場合、派遣期間が過ぎたり、ある一定の期間が過ぎた時点で直接雇用になる、紹介予定派遣が多い...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。