看護師派遣✩検診センター

検診センターの看護師派遣

kensin-bato-top.jpg


目次
乳幼児健診の仕事。保健センターの看護師派遣について
健診派遣の看護師の時給ってどれくらい?
健診センターの派遣ってどう?どこで探すの?
健診の仕事では毎回ナースの顔ぶれは変わる?人間関係が楽になるって本当?
検診車での派遣看護師の1日の流れ
看護師の検診派遣のデメリットを解決する方法
検診センターがブランクナースにおすすめな理由
検診センターの看護師の仕事と子育ての両立は可能?

乳幼児健診の仕事。保健センターの看護師派遣について

pixta_1637814_S.jpg

子供は3歳までは定期的に健診がありますよね。


看護師健診派遣の募集では、保健センターで行われる乳幼児健診の診察補助の仕事があります。


私は先日は3歳児健診に行ってきました。


3歳児健診では、たくさんの検査項目があります。


視力や聴力は家で事前にお願いしていますから当日の検査は確認程度です。


まず会場についたら、体温を測ったり、問診票の漏れがないか?保健師やドクターに聞きたいことや心配に思っていることがないかを確認します。


健診派遣のナースは、この健診前の業務を主に行います。


会場の大きさや人数にもよりますが、看護師は5名くらいで対応することが多かったです。


乳幼児健診はだいたい1〜2時間で終わるので、来た方から順番に手順に沿って問診表のチェックやバイタル測定をして記録します。


バイタルチェックなどが終わると、いくつかのグループに分かれて、それぞれがドクターの診察に回ったり、歯科医の診察、体重や胸囲・頭囲・身長などを測ったり、そのデータを元に個別に栄養指導や精神面の検査をしたりします。


診察の介助以外の、相談や個別の指導は、栄養士や保健師などが行う為、健診派遣のナースの仕事ではありません。


健診派遣ナースは診察や健診がスムーズに進むための介助がメインの仕事です。


難しい業務はありませんし、医療行為もありません。


だいたい13時過ぎくらいから15時すぎくらいに終了することが多いです。


業務は楽ですし、派遣看護師の人数や、保健師・栄養士などの人数も多いので、残業はまずありません。


会場のセッティングや片付けをして、体温計などを車に積んでもまだ時間が余るくらいです。


時間的に短い仕事なので、日給は安くなります。


時給は1500円ほどの求人が多いので、日給は(3時間勤務として)4500円です。


1日3時間の仕事のために出勤をするのは大変だから、1日8時間の仕事を効率よくやりたいという方もいます。


でも、1日3時間ほどの短い時間での勤務なので、ママさんナースには働きやすいですよね。


実際に健診派遣ナースの大半がママさんナースですよ^ - ^


健診派遣の看護師の時給ってどれくらい?

pixta_11145309_S.jpg 看護師の健診はとても人気のある働き方ですね。


私は以前に派遣会社に登録をしていたので、いくつかの職場で派遣をしています。


健診の派遣を探しているなら、通常の派遣会社はおススメしません。


こちらでは健診の派遣を見つける事はできません。


健診の仕事を希望する場合は、疾病予防センターに登録するとか、看護師専門の派遣会社に登録をして健診センターでの派遣の仕事を探してもらう方法があります。


疾病予防センターは、1度登録しておくと、派遣の仕事がある時に仕事の予定を入れて働く事が出来ます。


こちらは全国にあるので探せると思います。


ただ、疾病予防センターの場合は、週に5日勤務、1日4~6時間の勤務が条件になっている事が多いですね。


例えば週に3~4回しか働けない方や、1日の労働時間を短くしたい方は難し条件があったりします。


その点、健診センターなどに派遣される看護師は、自分の希望でシフトを組む事が出来るので、自分のペースに合わせる事が出来ます。


疾病予防センターに登録をして健診派遣をする場合は、時給は安い事が多いですね。


だいたい時給は1500円くらいが多いです。


でも、他の看護師派遣にくらべると時給はかなり安いですよね?


看護師派遣の時給は1800~2200円位が多いので、時給1500円ではちょっと安いです。


また、健診派遣は4~10月は仕事が週5日で入れるのですが、12~3月は仕事がほとんどありません。


私は1月、2月の給料が1万円いかなかった事がありました。


短時間で効率良く稼ぎたい方は、看護師専門の派遣会社を利用して条件の良い派遣を紹介してもらう事をお勧めします!

健診センターの派遣ってどう?どこで探すの?

pixta_10141510_S.jpg

看護師の派遣で人気があるのが健診センターの派遣ですね。


健診派遣は、疾病予防センターなどに登録をして仕事の依頼を受けます。


ナースバンクやハローワークなどでも募集がありますが、看護師派遣会社には数も時給もかないません。


だいたい、4~10月位が健診車での仕事が多いので、2~3月位から求人の募集が始まりますね。


健診車での仕事は、経験浅い看護師でも単調ですぐに覚えられる仕事です。


1か所の仕事が1時間前後で終わりますね。


健診の仕事は、健診車以外にも、保険センターなどで行われる乳幼児健診や、予防接種、がん検診などの仕事もあります。


保険センターでの仕事は、健診車での仕事よりも大変ですね。


特にがん検診は、検査項目が沢山ありますし、各検査部位によって検査方法が全然違いますから、最初は検査の手順や流れを覚えるのが本当に大変!


週に1回くらいの派遣だと仕事を覚えるのが大変だと思います。


経験年数が少なくても乳幼児健診や予防接種は単調な仕事ですね。


問診票や既往歴のチェックをして、あとはスムーズに検査が進む様に誘導する位です。


乳幼児健診は3時間位掛りますから長丁場ですが、予防接種は1時間ほどで終わりますし、直行直帰出来るので、とても働きやすいですよ!


健診派遣をしている看護師はダブルワークをしている方がとても多いですよ。

健診の仕事では毎回ナースの顔ぶれは変わる?人間関係が楽になるって本当?

pixta_2052291_S.jpg職場の人間関係って本当に憂鬱になりますよね(T ^ T)


人間関係のトラブルに悩み退職って実は結構ありがちじゃないですか?


そういった職場の人間関係トラブルからうつ病を引き起こしたり、トラウマを持っている人もいるんですよね。


人間関係が辛くて仕事を辞め、トラウマでなかなか再就職出来ずにブランクが出来てしまうナースもいます。


そういった人間関係トラブルのない職場ってなかなかないですよね。


しかし、そんな人間関係トラブルにトラウマのあるナースも、検診の仕事はわりと楽に働けているんですよ(^o^)


検診の仕事って、1日の中でも数箇所に別れて検診を行っているんです。


検診でも、基本検診、早朝検診、夜間検診、事業所検診、学校検診などあって、それぞれに複数箇所に回っています。


だから毎日仕事をするメンバーも違うんです。


検診のスタッフは、沢山の人が嘱託やパート、バイト、派遣と様々な働き方で登録しています。


だから、出勤日も人それぞれ、検診会場も様々...。


同じスタッフと月に何度も顔を合わせることなんてほとんどないんです。


毎回違う顔ぶれのメンバーだから、確執やイジメなど起こりにくい環境なんですよね(^ ^)


そんな環境でも人間関係トラブルが起こることはあります。


しかし、そんな時は同じ検診会場を避けてシフトを作ってもらうこともできます。


病院やクリニックでは、それはできませんよね。


いつも同じ顔ぶれで、いつも顔を合わせなくてはならないから、人間関係におけるトラブルで苦しむことになります。


仕事をこなすことだけでも体力を消費するのに、そうのような人間関係で心労も重なると全てが大変に思えてきますよね。


検診の仕事ではそれがないだけでもかなり楽な仕事と言えますね。

検診車での派遣看護師の1日の流れ

pixta_5382009_S.jpg


検診車での検診の仕事は、まず事業所や集合場所でバスに乗って、それぞれの検診場所に移動します。


検診の仕事というのは、朝が早いんですよね。


時間に間に合わないと、仕事に支障をきたしてしまうので、遅刻は厳禁、時間厳守の仕事です。


検診会場についたら、必要な機材を車からおろして、それぞれ検診の準備をしてますね。


検診で行っている看護師の仕事は、経験浅い人でもあまり問題ない血圧測定や問診、採血が主です。


検診は、順番にそって流れ作業で行っているんですよ。


受付をした後に、尿検査、身長や体重の測定、問診、血圧測定、採血、聴力や視力の測定など、スムーズに検診が進むように、説明したり、皆さんを誘導しながら仕事をしていますね。


検診は、一日中同じ検診会場で行っている場合もるし、午前と午後に別れていて、午後は別の会場へ移動する事もあるんです。


昼の休憩は2時間くらい取る事ができるので、かなりゆっくり出来ますね。


時間に余裕があるので、スタッフと一緒に、どこかにお昼を食べに行く事が多いですよ。


検診が終わったら、機材を車に積み込んで事業所に戻ります。


事業所に戻ったら、後片付けをして、一日の業務が終了ですね。


検診の仕事は、時間通りに行っているので、経験年数が少ない看護師でも残業になる事はまずありませんね。


午後の検診があったとしても、終わる時間が早いんですよね。


この仕事は、平日だけで土日は休みなので、ママさんナースには人気があります。


検診で行っている看護師の仕事は本当に楽ですよ。


採血に気を使うくらいで、その他は簡単な事ばかりです。


だから、ブランクがあって、仕事に復帰するのに不安がある、という方にはお勧めだと思いますよ。


多くのママさんナースやブランク看護師が、自分のペースで働いていますね。

看護師の検診派遣のデメリットを解決する方法

pixta_5275659_S.jpg


看護師の派遣と言えば検診がメジャーですね。


検診は、疾病予防センターなどに派遣看護師として登録する方法、派遣会社に登録する方法、看護師求人情報サイトに登録する方法があります。


一般的なのは、疾病予防センターに登録する事ですね。


看護師以外も取り扱っている一般的な派遣会社は、デイサービスや老健などの福祉系の仕事がメインなので検診派遣を希望する方には合わないと思います。


看護師専門の派遣会社に登録した方が間違いないと思います。


疾病予防センターに登録する場合は、検診派遣のみを行うので、検診の仕事がなくなる秋~冬はせっかく登録していても仕事がありません。


その点、看護師派遣会社では、検診派遣以外にも好条件な派遣の求人が多数あるので、検診のない季節にもコンスタントに仕事を入れる事が出来ます。


私は、出産した時に仕事を辞めて、しばらく育児に専念していたんです。


仕事に復帰しようと思いながらも、なかなか勇気がなくて、ブランクが5年にもなってしまったんですよね。(--_--")


医療業界というのは、日に日に進歩していますよね。


だから、たった1年のブランクだとしても、仕事に復帰するのが大変なんですよね。


忘れてしまっている事もあるし、新しい知識や技術を覚える必要もあるし、ブランク看護師に対しての支援がしっかりしている職場でないと、安心して働く事ができないんです。


私は、ブランク看護師でも安心して働けるような職場を探す為に、看護師転職サイトに登録してみました。


これは、看護師仲間からすすめられたんですよ。


看護師専門の派遣会社だったら沢山の求人が揃っているので、ブランク看護師でも働きやすい仕事を探してもらえると思ったんです。


私は、検診の派遣の仕事を紹介してもらいました。


看護師の派遣の仕事だったら、育児と上手く両立させる事ができますよね。


検診は、検診センターで働く仕事と検診車に乗って会場を回る仕事があります。


どちらの仕事も、一日に検診を受ける方の人数が決まっているので、残業になる事がまずないんですよね。


それに、基本的な仕事ばかりなので、ブランクがあってもすぐに仕事に慣れる事ができますよ。


ただ、検診の仕事は、年間を通して続ける事ができないんですよね。


秋から冬にかけては仕事がほとんどないんです。


だから、コンスタントに稼ぎたい方は、他の派遣と組み合わせて働いていますね。


逆に、検診の仕事だけで集中して働いている方もいますよ。


検診の仕事は、検査によっては項目が沢山あるので、慣れるまでは継続して仕事に入る事をお勧めします。


仕事が楽で時間通りに終わる検診は、ママさんナースやブランク看護師にはお勧めですね。V(^^)V


検診派遣は、検診車に乗って学校・企業などを回る仕事と、保健センターなどで行われる、がん検診などの仕事を行う場合があります。


どちらの仕事も、春~夏にかけては仕事が多く、週に5日勤務も可能です。


検診派遣をしている方は、10~2月ころはほとんど仕事がなくなるので、他にパートやバイトを掛け持ちしている方が多いです。


検診の仕事は健康な方が対象なので一見、楽な仕事に感じますが、実は結構大変なのです。


検診車での仕事は、検査項目も少ないのですぐに慣れると思います。


でも、がん検診は検査の部位によって方法や手順が全く異なりますし、検査がスムーズに進むように効率よく検査を回さなくてはならないので、仕事が完璧に頭に入ってないと難しいです。


それに、検査項目が沢山ありますし、検査の種類も沢山です。


1回や2回の仕事では覚えられないと思います。


ある程度続けて仕事に入らないと覚えられないと思いますし、スムーズに仕事が出来ないと周りにも迷惑が掛るので、慣れるまでは大変だと言う方が多いですね。


検診のない季節もコンスタントに、希望の収入を得る事が出来るように、看護師派遣会社を利用して、賢く仕事をする事をお勧めします。

検診センターがブランクナースにおすすめな理由

pixta_9424477_S.jpg


看護師が常勤で働いていると、夜勤や残業を避ける事ができない為、生活環境の変化によって勤務を継続するのが厳しい、という場合があります。


例えば、子育てをしている場合、頼れる家族が近くにいない環境では、夜勤をしている時の子供の預け先を確保するのが難しく、非常勤の働き方に変更する、という方も沢山います。


それに、育児に専念する為に、一旦職場を離れる方も沢山います。


でも、一旦職場を離れてブランクができてしまうと、いきなり病棟勤務に復職するというのはハードルが高すぎます。


看護師は、いろいろな場所で需要がありますが、ブランクがある方もスムーズに働けるのが健診センターです。


検診センターは、人間ドックを行っているところで、ほとんどのセンターは、土曜日は半日ドックで日曜祝日は休みです。


患者さんの人数が多くなる時期はありますが、病棟勤務のようにバタバタする事がないので、気持ちに余裕を持って働けます。


検診センターでは、検査の順番の説明、センター内の案内、採血、バイタルチェック、そして、検査がスムーズに進むように、ドクターや技師のサポートをするのが、看護師の主な仕事です。


直接医療行為をする事はないので、高度な医療技術や知識を必要とされません。


日曜祝日が休みで残業もなく、仕事内容が楽なので、ブランクがある方もすぐに仕事に入る事ができます。


規則的に働く事ができるので、ママさんナースのように、プライベートを重視したい方にはピッタリの仕事です。


実際に、健診センターで働いている方のほとんどがバイトやパートで、多くのブランクがある方やママさんナースが活躍しています。


健診センターは、仕事内容が楽なので、精神的にも肉体的にも負担が少ないだけでなく、時給が高いというところも人気の理由の一つです。


時給が2,000円近いセンターもあるので、効率良く稼げる事が分かります。


健診センターは、バリバリ働いてスキルアップをしたい、と思っている方には物足りない仕事ですが、プライベートと仕事を無理なく両立させたい、という方にはお勧めです。

検診センターの看護師の仕事と子育ての両立は可能?

pixta_5322402_S.jpg


看護師の仕事は不規則で、肉体的にも精神的にもハードです。


ですから、子育てとの両立は、簡単な事ではありません。


頼れる家族と同居していたり、家族が近くに住んでいる、という環境であれば、家事や育児をサポートして貰えるので、仕事と育児を両立させるのは難しくないかもしれません。
しかし、核家族化の現在は、そのような環境の方は少なく、結婚や出産を期に退職するというケースは、とても多いという実状です。


ただ、夫の給料だけでやりくりするのは厳しく、将来の事を考えると不安ですし、仕事をして家計の足しや貯金をしたいと思っている方がほとんどです。


でも、常勤で働くとなると、夜勤や残業を避ける事ができませんし、復職するのに躊躇してしまいます。


それに、医療というのは日々進歩していますから、一旦職場を離れてブランクができてしまうと、復職するのは簡単な事ではありません。


そのような方にお勧めなのが、健診センターの派遣の仕事です。


検診センターは、日曜祝日が休みで、残業はほとんどありません。


センターによっては土曜日も休みのところもありますし、仕事だとしても半日のところがほとんどです。


それに、勤務できる時間帯や曜日などを伝えておけば、自分の希望に合わせたシフトで働く事ができます。


子供が小さい頃というのは、親が参加する園や学校の行事が多いし、急な体調不良で休みを取りたいというケースも多々あります。


クリニックや病院で働いていると、休み希望を通してもらうのは難しいんですが、健診センターであれば、休み希望が通りやすいので、無理をしなくても子育てと仕事を両立させる事ができます。

健診センターの仕事は、高度な医療技術や知識が必要ないので、ブランクがある方でもすぐに仕事に入れますし、精神的な負担が少ないところもメリットです。


バリバリ仕事をしたいという方にとっては、やり甲斐が少ないかもしれませんが、ストレスが溜まってしまう事もありません。


さらに、派遣は時給が高いので、時短勤務でも効率良く稼げます。


健診センターの派遣の仕事は、実際に多くのママさんナースが活躍していますし、プライベートも充実させたいという方に人気の働き方です。


看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ >  施設の種類で選ぶ看護師派遣求人 >  看護師派遣✩検診センター

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。