検診センターがブランクナースにおすすめな理由

pixta_9424477_S.jpg


看護師が常勤で働いていると、夜勤や残業を避ける事ができない為、生活環境の変化によって勤務を継続するのが厳しい、という場合があります。


例えば、子育てをしている場合、頼れる家族が近くにいない環境では、夜勤をしている時の子供の預け先を確保するのが難しく、非常勤の働き方に変更する、という方も沢山います。


それに、育児に専念する為に、一旦職場を離れる方も沢山います。


でも、一旦職場を離れてブランクができてしまうと、いきなり病棟勤務に復職するというのはハードルが高すぎます。


看護師は、いろいろな場所で需要がありますが、ブランクがある方もスムーズに働けるのが健診センターです。


検診センターは、人間ドックを行っているところで、ほとんどのセンターは、土曜日は半日ドックで日曜祝日は休みです。


患者さんの人数が多くなる時期はありますが、病棟勤務のようにバタバタする事がないので、気持ちに余裕を持って働けます。


検診センターでは、検査の順番の説明、センター内の案内、採血、バイタルチェック、そして、検査がスムーズに進むように、ドクターや技師のサポートをするのが、看護師の主な仕事です。


直接医療行為をする事はないので、高度な医療技術や知識を必要とされません。


日曜祝日が休みで残業もなく、仕事内容が楽なので、ブランクがある方もすぐに仕事に入る事ができます。


規則的に働く事ができるので、ママさんナースのように、プライベートを重視したい方にはピッタリの仕事です。


実際に、健診センターで働いている方のほとんどがバイトやパートで、多くのブランクがある方やママさんナースが活躍しています。


健診センターは、仕事内容が楽なので、精神的にも肉体的にも負担が少ないだけでなく、時給が高いというところも人気の理由の一つです。


時給が2,000円近いセンターもあるので、効率良く稼げる事が分かります。


健診センターは、バリバリ働いてスキルアップをしたい、と思っている方には物足りない仕事ですが、プライベートと仕事を無理なく両立させたい、という方にはお勧めです。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩検診センター > 検診センターがブランクナースにおすすめな理由

看護師が常勤で働いていると、夜勤や残業を避ける事ができない為、生活環境の変化によって勤務を継続する...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。