老人ホームでの夜勤派遣について

pixta_5322402_S.jpg

私の働いている老人ホームでは、2交代制になっています。


夜勤の勤務時間は、17時から翌朝の9時までです。


老人ホームは、2階と3階に入居者の方がいるんですが、夜勤の時には、2階に看護師1名と介護士2名、3階に介護士3名という、6人体制で夜勤の勤務をしています。


入居者は100人くらいいるんですが、夜勤の時には、看護師が1人で100人の健康管理をする必要があるので、大変です。


特に、急変や発熱があると、かなりバタバタしてしまいます。


夜勤の時には、2時間の仮眠時間を取る事ができます。


何もなければ、少し仮眠を取る事ができるので、とてもありがたいと思っています。


基本的に、日勤に比べると、夜勤の業務は、少なくなっているんですが、油断はできません。


というのも、不穏や徘徊などがある為、一晩中ナースコールやセンサーが反応するんです。


そして、夜間頻尿の入居者の方が数名いるので、対応にも苦労します。


入居者の中には、日中はとても静かにしているのに、夜間に、叫んだり興奮してしまう方もいるんですね。


それが独歩の方だと、目が話せないので、ずっと付き合わなくてはならない場合もあるんです。


老人ホームには、常勤のドクターがいないんですが、夜勤の時間帯には、施設医が駆けつける事ができない場合もあるため、急変が起きた場合には、近隣の病院へ救急搬送する事になります。


夜勤は看護師が1人しかいないので、そのような時は、対応に大忙しです。


入居者の方の命がかかっていますので、看護師としての知識や技術が要求されます。


夜勤は、看護の業務は少なくても、16時間という長い時間、気を張りつめていなくてはいけません。


仮眠が取れたとしても、決して楽でありませんね。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩老人ホーム > 老人ホームでの夜勤派遣について

私の働いている老人ホームでは、2交代制になっています。 夜勤の勤務時間は、17時から翌朝の9時まで...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。