外科病棟の看護師の仕事内容

6a34989fc19f7fa81c2719aa18a134b8.jpg

外科病棟の看護師の業務内容について書いてみたいと思います。


外科病棟の看護は、病院により主に扱う疾患が違いますから一概には言えませんが、手術前後の患者の看護が基本だと思います。


がんセンターなどの専門病院の場合は、消化器外科・呼吸器外科・脳外科など専門によって病棟が分かれていますが、民間病院などでは、全てをまとめて外科病棟としている病院も沢山あります。


私は、民間病院の外科病棟に勤めていましたが、手術前後の看護や術後の創処置・点滴や採血・回診の介助など様々な業務がありました。


民間病院だったので、あらゆる臓器の手術を全て外科病棟で見ていたので、消化器だったり脳外科だったり、呼吸器科だったりと、様々な疾患の手術の看護を行うことが出来たので、とても勉強になりました。


手術の術式を理解したり、ドレーンの管理、ドレーンからの廃液量の目安・挿入部位なども理解していないといけません。


また、IVHを挿入している方が多いので、ルートの管理やルート交換などを勉強しておく必要があります。


外科は展開が早いので、患者も次々に変わります。


色々な疾患や症例を見る事が出来るので、興味深い科でもありますよ。


外科病棟での求人を希望される方は、求人情報サイトに登録する事をお勧めします。


求人情報サイトでは、希望に合った求人やより好条件の求人を多数紹介してくれますし、中には、看護師にお祝い金を支給するところまであります。


さらに給料や休日面の交渉など全てのサポートを無料で行ってくれるので安心ですよ。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩病棟 > 外科病棟の看護師の仕事内容

外科病棟の看護師の業務内容について書いてみたいと思います。 外科病棟の看護は、病院により主に扱う疾...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。