不眠症外来はどこも患者さんで溢れかえっています

pixta_3739957_S.jpg


現代人は、睡眠障害の人が増えていますね(´・Д・)」


睡眠障害と聞くと、ただ眠れないとか寝つきが悪い症状を想像しますが、睡眠障害にも種類があります。


まずは、不眠症。


これは、一般的に眠れない、寝つきが悪いという入眠障害や、夜中に目が覚める中途覚醒、朝早く目が覚める早朝覚醒、眠った気がしない熟睡障害があります。


過眠症は、異常なほどに強い眠気が起きる状態です。


不眠によって過眠を起こすこともあります。


時々、ニュースなどで日中急に眠気が出て事故を起こす人がいますよね。


そういった症状を引き起こすため、要注意ですね( ;´Д`)


睡眠覚醒リズム障害は、睡眠と覚醒のリズムが壊れしまう障害です。


最近の生活環境は、こういった人が増える原因となっています。


睡眠時随伴症は、知らないうちに物を壊したり、人に危害を加えることもあるため、危険ですよね(;´Д`A


ただの寝言や寝ぼけであれば問題ないのですが、人に危害を加えるなどとなれば問題です。


このように、様々な睡眠障害があり、現代のストレス社会では、こういった睡眠障害をもつ人が増えています。


ですから、不眠症外来は、どこよ患者さんで溢れているんですよね。


不眠症外来では、睡眠状況や生活環境に対する問診が行われ、自分の状態にあった適切なアドバイスや治療を受けます。


不眠症などの睡眠障害は、生活習慣病を引き起こし、脳血管疾患や心筋梗塞などの病気の引き金にもなっています。


また、生活習慣病はさらに様々な病気を引き起こすリスクが高くなりますよね。


昔の人のように、日が昇れば起きて、日が沈めば寝るという生活が出来れば、体内時計も狂わず健康的な生活ができるのでしょうが、仕事に追われる日々の中、そんな健康的な生活は難しい環境ですよね。


現代人は、病気の危険が高い生活を余儀無くされているのですね(;´Д`A

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩外来 > 不眠症外来はどこも患者さんで溢れかえっています

現代人は、睡眠障害の人が増えていますね(´・Д・)」 睡眠障害と聞くと、ただ眠れないとか寝つきが悪...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。