保育園看護師のメリットって何?

医療行為が少ないから精神的に余裕が持てる

pixta_6518547_S.jpg 保育園は医療機関ではなく、園児の健康管理や異常の早期発見が重要な業務となるため。医療行為はほとんど必要ありません。


医療行為の多い職場では、緊張感が高く、精神的な疲れが出やすい職場です。


精神的な疲れから、職場の雰囲気が乱れたり、スタッフ同士の人間関係の悪化に繋がるケースも多く見られます。


保育園では医療行為がほぼないため、精神的にゆとりを持って働くことができます。

残業がほぼないから仕事とプライベートを両立できる

pixta_6470827_S.jpg 保育園看護師はほとんどが派遣やパートなどの非常勤スタッフのため、残業がほぼありません。


保育士には保育計画や修正を行う必要があり残業が多いと言われていますが、看護師には保育計画を立てる必要はありません。


病棟のようにプラマリーの患者さんがいたり、看護計画やアセスメント、看護記録などの必要がないため、定時で帰宅することができます。


そのため、幼稚園や小学校に通うこどもを持つママさんナースが多く、保育園看護師なら家庭と仕事の両立が可能と言えます。


また、土日や祝日は休みなので、家庭と仕事の両立がしやすいという働き方です。

主に0歳児クラスを担当するため間近でこどもの成長を見守れる

pixta_6292833_S.jpg 保育園看護師は主に0歳児クラスに入り、乳児の世話をすることになります。


乳児が9人以上の保育園では看護師を1人以上配置することと決められており、多くの保育園では乳児クラスに看護師が配置されています。


0歳児は日々成長が著しく、1人1人の成長を間近に見ることができるのが楽しいと言う保育園看護師が多いのです。

また、0歳児は自分で体調不良を訴えることができないため、普段の様子を把握したり、少しでも早く体調不良に気付くことが看護師の重要な役割です。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩保育園 > 保育園看護師のメリットって何?

医療行為が少ないから精神的に余裕が持てる 保育園は医療機関ではなく、園児の健康管理や異常の早期発見が...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。