保育園看護師にもデメリットがある!?


医療行為が少ない職場のためスキルや知識低下が心配



pixta_2321254_S.jpg
保育園は医療機関ではないため、医療行為はほとんど必要がありません。


医療行為がほぼない職場のため、精神的なゆとりが持てると言うメリットがある反面、看護や医療の知識低下や、スキルの低下が心配と言う声も聞かれます。


保育園看護師は、ママさんナースやブランクナースが多く、今後は病棟や外来などの医療
機関への復帰を考えいているケースもあり、職場復帰の際に保育園看護師だったことがデメリットになることを心配しています。


でも、最近では医療機関や看護師求人サイトで、復職支援セミナーが行われることが多く、ブランク10年以上の方でも安心して職場復帰をする環境が整っています。


また、各医療機関もブランクナースが働きやすいようにサポート態勢を整えているため、ブランクが長いからネックと言う職場は少なくなってきます。


医療行為のほぼない職場から医療機関への復帰を考えている場合は、看護師求人サイトに登録しサポート態勢が整っている職場や、復職支援セミナーを行っている職場を紹介してもらうと安心ですよ。

保護者との連携が業務のためトラブルに発展するケースもある

pixta_3627720_S.jpg 保育園では保護者や近隣住民からのクレーム対応に追われ、スタッフは辟易していると言う声が多く聞かれます。

看護師が関係する保育園でのクレームには、こどもの体調不良時の対応についてや、他のこどもとの関わりで怪我をしたり、させたいした場合などです。


クレーム対応は一刻も早い方が問題の収束は早いのですが、解決方法を間違えると、余計に問題が大きくなってしまうこともあるので注意が必要です。


各保育園ではクレーム対応マニュアルがありますが、看護師がどの部分まで対応するのかは、園長や主任の考え方にもよるので、事前にしっかりと確認しておいたほうが安全ですよ。

クレーム処理のマニュアルがしっかりしている園を選ぼう!

派遣看護師として保育園で働く場合、もし保護者からクレームが来たら、誰がいつどのように対応をするのか、マニュアルをしっかりと確認しましょう。


看護師は、こどもの体調不良があった時など、経過や園での対応について保護者に説明する役割があります。


看護師が不在の時間の場合は、保育士担任や主任などから保護者へ経過報告や説明がされますが、看護師がいる時間帯の場合は看護師から説明をする機会が多いです。


保護者に体調不良の連絡を入れるタイミングや、体調不良の症状について、「もっと早う連絡して!」「これくらいのことで職場に連絡しないで!こっちは仕事していて暇じゃないんだから!」「仕事が終わるまで保育園で見ていてください。」など、クレームの内容は様々です。


体調不良の際の連絡はマニュアルに添って対応をして、保護者との信頼関係が崩れないように注意が必要です。


また、怪我の対応についても、園内の怪我は園では対症療法はしますが、基本的には園で受診をさせるケースは少なく、保護者に受診をお願いする園が多いです。


でも、保護者によっては「保険証を提出しているんだから受診させてください」や「園での怪我なんだから、責任持って受診させてください」などのクレームを受けることがあります。


怪我の際の園での対応や、園で受診をさせたり、救急要請が必要なケースなど、事前にしっかりとマニュアルを確認しましょう。


保育園看護師として働きたいと言う場合は、派遣看護師としてスタートして、保育園の状況を実際に見てから常勤やパートスタッフに変更することをおすすめします。


派遣看護師の場合は、派遣期間が事前に決められているため、もし職場が合わないと感じたり、他の保育園も見たみたいと感じた場合は派遣期間終了とともに、仕事を辞めることができます。


保育園の看護師求人は、ハローワークなどでは求人数が少ないため、看護師求人サイトを利用することをおすすめします。


看護師求人サイトであるメディカルコンシェルジュは、保育園看護師の求人が豊富にあるためおすすめです(´∀`)

保育園の実態は、実際に働いてみなければ分からない・・・゚(゚´Д`゚)゚

pixta_10141510_S.jpg 各保育園は、実際に働いてみるまで実態を知るのは難しいでしょう。


園の雰囲気やスタッフの人柄、その地域に住む方の個性や保護者の傾向など、細かいことは働くまでは分からないことが多いのです。


園の雰囲気や、スタッフの人間関係はスタッフの心の余裕を関係があります。


スタッフが心に余裕を持って働くためには、スタッフの配置人数にゆとりがある必要があります。


ギリギリの人数でたくさんのこどもを見ている保育園では、保育士1人1人の負担が大きく、職場の雰囲気は悪くなり、人間関係の悪化にもつながります。


保育士や看護師の配置人数は、国の定めもありますが、認可保育園の場合は各自治体や各保育園により差があります。

自治体により保育園の職員の配置人数が異なるため、余裕のない園も実在する

保育園は国の方針により、乳幼児の年齢に合わせて保育士や看護師の配置人数が決まっています。


国の定めでは、0歳児クラスはこども3人に対して保育士1人、1~2歳児はこども6人に対して保育士1人、3歳児はこども20人に対して保育士1人、4~5歳児はこども30人に対して保育士1人となっています。


でも、多くの園では、国の規定以上のスタッフを確保しており、よりきめ細やかに保育ができる環境を整えています。


これは、各自治体や各保育園により、保育士の人数が決められるため、ある自治体や保育園によっては保育士の人数が足りずにキャパオーバーになっている園もあります。


保育士の配置人数の規定を満たしていても、ギリギリのスタッフではゆとりのある保育は難しいのが現状です。


保育園看護師は、事前に各保育園の保育士・看護師の人数を確認しましょう!


保育園看護師は、医療機関に比べると求人数が少ないため、看護師求人サイトを利用することをおすすめします!


看護師求人サイトでは、保育園の雰囲気やスタッフの人数、人間関係など職場の細かい情報を調べてくれますよ(´∀`)

障害児や先天性疾患のこどもの受け入れ基準が自治体により異なる

国の方針では、先天性疾患や発達障害などのこどもを保育園で受け入れられるように環境整備を進めています。


でも保育園により、障害児に対応できる保育士が不足していたり、設備が不十分だったりして、積極的な受け入れが難しい園がたくさんあります。


障害児の受け入れ状況は、各自治体や保育園により異なるため、保育園看護師を希望する場合は事前に確認することをおすすめします。


障害児を受け入れいている保育園では、こどもの既往歴や現状を把握し、異常の早期発見に努める必要がありますし、緊急時の対応がこどもによって異なる場合は、事前に把握しておく必要があります。


保育園の場合は、障害児を受け入れる大まかな基準として「園での集団生活ができること」と言うものがあり、受け入れが可能なケースは、軽度の発達障害や身体障害、先天性心疾患のこどもなどが多いです。


中度~重度の障害児の場合は療育園で受け入れるケースが多いです。


保育園看護師は、園全体のこどもの既往歴やアレルギーの有無、現在治療中の疾患や内服中の薬の有無など、全てのこどもたちの健康状態を把握する必要があります。


障害児の受け入れをしている保育園では、障害の基本的な知識や、対応の仕方、声かけの統一や、緊急時の対応など、他のスタッフを認識を一致させ、緊急時などすぐに対応できるように心がけましょう!

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩保育園 > 保育園看護師にもデメリットがある!?

医療行為が少ない職場のためスキルや知識低下が心配 保育園は医療機関ではないため、医療行為はほとんど...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。