保育園看護師が行う感染症拡大予防の対策

感染症が流行る時期は保健だよりを発行して注意喚起をする

pixta_2321254_S.jpg

感染症拡大予防のために保護者への周知と注意喚起をする

感染症が流行る時期には保健だよりを発行して、感染予防対策の方法を理解していただきます。


保健だよりでは、保育園で取り組んでいる感染予防対策や、家で出来得る感染予防対策について説明をします。


保育園では、生活全般での指導が大冊な時期のこどもが多いため、生活リズムや食生活についての指導も同時に行っていきます。


早寝・早起き、規則正しい生活、土日の過ごし方、疲れを貯めない過ごし方、食事はバランスよく、など基本的で大切な事について説明をします。


保護者は、ネットからの情報を鵜呑みにする事が増えており、間違った情報を得ているケースが少なくありません。


間違った感染予防や、間違った病気への理解が、感染拡大や症状の悪化につながります。


登園や降園時に親への声かけや、こどもの1日の様子を口頭で伝えるなど、日頃から保護者との信頼関係を築きましょう。

職員間での感染拡大を予防するために徹底した注意喚起をする

職員は、感染拡大を予防するために、常に手指の清潔や環境整備に気をつけましょう。


保育園看護師は主に0歳児クラスの担当をしますが、0歳児は何でも口に入れてしまうため、おもちゃなどに鼻水や唾液などが付着し、そこから感染してしまう事が多いです。


看護師は、おもちゃの消毒や、こどもの手指の消毒、うがい・手洗い・歯磨きなどを行い、感染拡大の予防に努めます。


0歳児クラスでは、感染症に羅患すると重症化しやすい月齢のこどもが中心のため、とくに感染症の拡大には注意が必要です。


とくにケアに当たる大人への注意喚起が重要で、職員間で統一したケアが行えるようにお互いが声かけを行いましょう。


看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩保育園 > 保育園看護師が行う感染症拡大予防の対策

感染症が流行る時期は保健だよりを発行して注意喚起をする 感染症拡大予防のために保護者への周知と注意喚...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。