がんセンターの治験ナース

pixta_5382002_S.jpg


看護師には、治験ナースという働き方があり、医療機器メーカーや製薬会社など、治験を行っている企業で求人を見つける事ができます。


多くの方は、看護師として病院で働きながら派遣看護師として治験ナースについての勉強をして、治験の業務に就いています。


がんセンターでは、重症度が高い患者さんが多く入院している事もあり、新しい術式や薬剤がどんどん導入されています。


そして、常に新しいガン治療薬の治験が行われていますから、治験ナースの需要が高く、院内で研修も行われています。


治験ナースの業務というのは、一般病院で働いている看護師とは目的が異なりますから、業務内容も全く違います。


病院やクリニックで働いている場合、看護師は患者さんに対して、点滴や服薬をしていますが、薬の成分や副作用などの薬剤についての事は、ドクターや薬剤師に任せているというケースがほとんどです。


ですから、薬の事について理解している看護師は少ないという現状です。


しかし、治験ナースというのは、薬の成分や副作用、作用などに着目して、治験結果についてのレポートやデータを作成しているので、専門的な知識が求められます。


治験を行った患者さんの状態を、明確に医師に報告しなければいけませんから、専門的な知識がなければ業務を進める事はできません。


病院では、医師の指示がなければ患者さんのケアをする事はできないので、もどかしい思いをしている看護師も少なくありません。


治験ナースは、治験についての説明を、看護師が直接患者さんや家族に行います。


それに、患者さんや家族が不安に思っている事について答えるのも、治験ナースの重要な役割です。


治験が上手くいけば、症状の回復が期待できますが、副作用やリスクについての不安もありますから、精神面を支えるのはとても大切です。


治験というのは、派遣看護師を含めて、いろいろな職種の多くのスタッフが協力して行っています。


治験がスムーズに進むように、スタッフ間のコミュニケーションを取るのも、治験ナースの業務の一つです。


派遣看護師であっても治験ナースは、専門性の高い仕事なので常に勉強が必要ですし、ハードで大変な部分は沢山あります。


しかし、病院勤務では経験できないやり甲斐を感じる事ができますし、スキルアップしたい方にはお勧めの仕事です。


看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩治験 > がんセンターの治験ナース

看護師には、治験ナースという働き方があり、医療機器メーカーや製薬会社など、治験を行っている企業で求...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。