看護師派遣は社会保険には入れるの?

pixta_1637814_S.jpg健診の仕事はスタッフの多くが登録制で働いています。


看護師の登録の仕方としては、パート、バイト、派遣があります。


働く上で一番条件の良い働き方は、やはり正社員としての雇用形態ですよね。


正社員になると、社会的な身分としても認められますよね。


毎月の安定した収入が保障され賞与も支払われます。


また、有給休暇や社会保険、退職金などの福利厚生が充実していますよね(^ ^)


しかし、正社員として常勤の働き方が難しい場合がありますよね。


女性は結婚をして家庭を持ったり、出産をして子育てが始まると、独身の頃のように働けなくなりますね。


とくに看護師常勤は夜勤があったり、残業が多かったり、責任のある仕事が増えますから、子育てとの両立が難しくなります(;´Д`A


身近に子育てに協力している身内がいれば、なんとか常勤勤務も可能かもしれませんが、核家族が多い現代は、義両親との別居世帯も多く、身近に協力者がいない家庭も結構あるんですよね。


私も子供が小さい時は、やはり常勤として働くことが難しい環境でした>_<


身近に協力してくれる身内がいなかったため、保育園の送り迎えや、子供が病気の時の看病は私が全てやらなくてはならなかったのです。


そうなると、やはり常勤勤務は子供にも負担をかけるし、職場にも迷惑をかけてしまいます。


そこで健診派遣の仕事を始めたのです。


採用が決まった時点で、どのような形態で働きたいのか聞かれました。


できればいくらでも収入は多い方が良かったので嘱託での働き方を選択しました。


派遣の場合は時給制で、社会保険も入れるんです(*^_^*)


派遣じゃなくても、パートでも社会保険の加入は可能です。


ただし、社会保険は、正社員の3/4以上の勤務時間、勤務日数を働いている人は会社で加入させなくてはならないことに決まっています。


だから、バイトやパートのように非常勤でも日数が多い場合は加入させることが会社の義務なんですね。


だから、正社員の勤務時間の3/4以上働いているパートやバイトも社会保険に加入することは可能なんですね。


健診バイトでも、そうやって社会保険に加入して働いているナースは沢山いましたよ(-_^)


単発派遣の場合は条件を満たさないので、国民健康保険になります。

国民健康保険と社会保険の違い

国民健康保険 社会保険
加入条件 個人事業主、無職の方など、その他の保険制度に属さない人すべて 会社に勤務している正社員、または正社員の3/4以上労働する人
※短時間・短期間労働者は除く
保険料 世帯単位で、加入者の数、年齢、収入などにより算出 個人単位で、年齢、収入などにより算出
扶養 扶養という概念は無く、世帯内の加入者数によって保険料が上下する。 認定範囲内の親族を扶養することができる。何人いても保険料は変わらない。
※年金は配偶者のみ可

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣のメリット・デメリット > 看護師派遣は社会保険には入れるの?

健診の仕事はスタッフの多くが登録制で働いています。 看護師の登録の仕方としては、パート、バイト、派遣...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。