看護師派遣の雇用保険と失業手当について

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s.jpg


看護師派遣の雇用保険に入るためには、2つの条件があります。


1、31日以上の雇用見込みがある
2、1週間当たりの所定労働時間が20時間以上である


こちらの2つを満たせば誰でも雇用保険に入ることができます。


基本的には単発の派遣では雇用保険に入ることができません。


いずれ正社員(常勤看護師)になる紹介予定派遣の場合であってももちろんOKです。


参考:雇用保険の加入条件


失業手当について

pixta_10141510_S.jpg

失業手当をもらうためには、「離職の日以前2年間に、被保険者期間が通算して12ヶ月以上あること」です。


被保険者期間というのは言い換えれば雇用保険に入っていた期間の事です。


通算という事は、雇用保険に入っていた期間が連続していなくてもいいという意味です。


失業手当の金額は離職前、11日以上出勤した月の6ヶ月分の賃金をもとに計算されます。


手当がもらえる期間や金額も働いていた時の給料によって変わります。


また、派遣で働いていた場合、給与の額が極端に上下するような人もいることでしょう。

例えば、最初は夜勤の派遣看護師をやっていて、次に訪問入浴の派遣を遣った場合などは時給が大きく変わりますよね。


受給額を自分で計算するにはかなり煩雑になりますから、ハローワークの担当者の説明をよく聞いて理解するようにしましょう。


また、失業手当の事まで考えて派遣の働き方を考えることも重要だと思います。


法律や制度の事は看護師派遣会社に登録してアドバイスを受けるとよいと思います。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣のメリット・デメリット > 看護師派遣の雇用保険と失業手当について

看護師派遣の雇用保険に入るためには、2つの条件があります。 1、31日以上の雇用見込みがある 2、...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。