ブランク看護師の働き方について

pixta_2939211_S.jpg


ブランクのある看護師は、ブランクの期間が長ければ長いほど、常勤で働く事が困難になります。


たった1年のブランクだとしても、いきなり常勤で復帰した場合、仕事に慣れるだけで精一杯になります。


その為、わからない事を調べる、というところまで、気が回らなくなってしまいます。


さらに、他のスタッフと打ち解けるまでにも時間がかかります。


出産が理由で、ブランクがある看護師は、子供の成長に合わせて、いつ、どの時期に復帰したら良いのか、悩んでいる人が多いようです。


しかし、子供が小学生になった時に復帰を考えている場合、ブランクは6、7年になってしまいます。


6,7年ものブランクからの復帰は、かなり大変です。


例えば、漠然と、子供の手がかからなくなったら復帰しようと考えている場合、月に1回でも、週に1回でも、派遣や単発の看護師のバイトをしておくと、かなり復帰しやすくなります。


特に、常勤で一般病院に復帰を考えている場合、たった1年でも、かなりの変化がある事に気づきます。


新しい医療の導入や、新薬の登場など、常に進歩しているので、事前に準備をした上で復帰をする事が大切です。


ブランク可という求人も多いのですが、自分で努力する事が前提です。


ブランク看護師は、支援制度が整っている職場を探すのが、堅い働き方と言えます。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > ブランク可の看護師派遣 > ブランク看護師の働き方について

ブランクのある看護師は、ブランクの期間が長ければ長いほど、常勤で働く事が困難になります。 たった1...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。