未経験の看護師夜勤専従でおススメの職場を教えて!

pixta_5382009_S.jpg

看護師夜勤専従では、沢山の職場で求人募集があります。


一般病院・老人病院・老健・有料老人ホーム・個人病院・民間病院・救急外来・救急医療センターなどがあります。


夜勤専従は常勤とパートと2種類の働き方があります。


夜勤専従常勤は最初から常勤として入職するのは難しいです。


夜勤専従パートとしてしばらく働いてから常勤に変更するパターンが一般的です。


夜勤専従常勤では一般の常勤の方と同じ条件で働く事になります。


公休は月に9日ほどですね。


夜勤専従で月に夜勤10回となると、休みは10日になります。


月に夜勤9回となると、休みは12日になりますね。


こうなると公休だけでは休みが足りません。


足りない分は特別休暇を当てたり、年休を消化したりします。


でも、年休も初年度は少ないですよね?(入職後半年間は10日くらい)


なので、最初から夜勤専従常勤で働くのは難しいのです。


次にどこの職場が夜勤専従におススメなのかについてです。


これは個人の好き好きや、経験のある科なのかどうか?が重要です。


経験のある科の方が職場に馴染むのは早くなりますし、業務も大まかに理解出来ています。


全く経験のない科にいきなり夜勤スタッフで入ると、慣れるまではかなり大変です。


経験のある科と言うのがポイントですね。


一般病院の経験しかないけれど、老人病院などの介護系施設で夜勤専従をする場合は、医療処置で困る事はありませんが、あまりに看護や業務の内容が違って最初は戸惑うと思います。


特に介護系の施設では一般病棟と多いく違うのが急変時の対応ではないかと思います。


一般病棟のナースなら急変時はすぐにドクターコールをして急変時の対応を取ります。


必要と判断したら12誘導を取ったり、処置室に運んで蘇生の体制にして救急カートを準備して、カルテやレントゲンなどを準備してドクターを待ちますよね?


でも介護系の施設では、ちょっと違います。


緊急は緊急なのですが、やはり医療機関ではないので、出来る事が少ないのです。


出来るだけ自然な形で・・・と言うパターンが多く、最初はとても戸惑いました・・・(早く蘇生の準備に入らない自分を責めたりしました)。


介護系の職場と医療現場では、看護師の役割や業務の内容に違いがあると思います。


でも、全く未経験であっても、一般病棟の経験があれば、難しい処置などはありませんよ。
高給派遣バナー.jpg

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 未経験の看護師派遣 > 未経験の看護師夜勤専従でおススメの職場を教えて!

看護師夜勤専従では、沢山の職場で求人募集があります。 一般病院・老人病院・老健・有料老人ホーム・個...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。