看護師派遣の確定申告

pixta_6470827_S.jpg


看護師派遣で確定申告が必要な人は、主にWワークの人が対象だと思います。


本来、確定申告は就業先の病院などの医療機関が年末調整などで代行してくれますので、基本的には不要です。


しかし、本業の他に年間20万以上稼いでいる人は確定申告を自分でやるか税理士さんなどに代行してもらう必要があります。


年間20万以上というのは、収入ではなく所得です。


もし、交通費など必要だと認められる経費がある場合は、収入から引くことができます。


たとえば、時給2000円の単発の仕事を月に5時間、月に2回だと年間24万円になります。


この場合は、経費がとくになければ確定申告が必要になります。


確定申告は、収入があった年の翌年2月16日から3月15日に行います。


必要なものは源泉徴収票と印鑑です。


参考:初めて確定申告される方:平成28年分 確定申告特集|国税庁


所得が20万以下でも確定申告が必要になる場合は?


pixta_2939211_S.jpg


先ほど、言いましたが、確定申告は就業先の病院などの医療機関が年末調整などで代行してくれるのですが、年20万円以下であってもする必要があるケースもあります。


例えば、wワークではなくても、常勤で働いているのではなく、単発や短期で看護師派遣のみをしている場合は当然、確定申告整が必要になってきます。


また、所得でなくても家を売ったときの不動産の利益や株の売却によって得た利益がある場合も所得が20万円以下であっても確定申告は必要になります。


その他にも、医療費控除、住宅ローン控除などで還付がある場合も確定申告の対象者となります。


副業がバレないというのは過去の話です。


税務署から連絡が来てからでは遅いです。


過去数年にわたって税金を納める必要があり、さらに利息を付けて多く税金を納めることになりますので、確定申告はしっかりやっておいた方がいいと思います。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣の税金について > 看護師派遣の確定申告

看護師派遣で確定申告が必要な人は、主にWワークの人が対象だと思います。 本来、確定申告は就業先の病...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。