看護師派遣✩デイケア

デイケアの看護師の単発派遣が息抜きになっています。

pixta_12248173_S.jpg


私は夏休みとか、年末年始とか、お盆とか、どこに行っても込んでいる状況がどうも苦手でどこにも出かけたくない気分になります。


私は人ごみが苦手と言うか、ゴミゴミした感じが苦手で、お盆とかの渋滞とかもう耐えられません。


休みは好きだけど、ゆっくりとあまり人が沢山いない所で癒されたい派です。


やっと苦手なお盆休みが終わり、日常生活が戻ってきてホッとしています。


そんな私は週末はデイケアの単発派遣に行ってきました。


今の私にとっては週末やたまに出かける単発の仕事が息抜きになっています。


普段は3歳の子供に振り回されて、気付いたらあっと言う間に夜になっている・・・なんて1日を送っていますが、仕事の日はしばし子育てを忘れて普段の私に戻れる大切な日なんです。


週末に主人か私の両親に子供たちを預ける事が多いです。


主人は子供が大騒ぎしていても全く動じない人なので、家で子供がギャーギャー騒いでいても平然としています。


私ならギャーギャー騒がれると近所迷惑だし、ストレスは貯まるしでイライラしっぱなしですが、主人はいたって平気らしく、何時間でも双子と過ごしても平気なんだそう(ー_ー)!!


久しぶりの仕事は私にとってとても楽しみな事です。


仕事をしていると家の事や子供の事は忘れて、自分らしく過ごせます。


看護師の仕事って生活していく為に必要な事だけど、それ以外にも自分らしく過ごせたり、生きがいややりがいだったり、沢山の意味がある大切なものだと思います。


デイケアの看護師の仕事はゆったりと1人1人の利用者の方と接することが出来て、とても癒されます。


一緒に作業療法で、はり絵や習時、油絵、織物、陶芸、手芸などなど普段出来ない事を体験出来ます。


デイケアはデイサービスと違い、リハビリが必要な方が多いです。


でも、利用者の方はお元気な方も多いので、自分が得意な事を自分で選択して、私たちに教えてくれたり、たまに先生が来て一緒に習ったりします。


こう言う時間って私にとって本当に大切な時間だと思っています。


デイケアの看護師派遣をしばらく続けたいと思っています。

目次
残業なしの派遣看護師ならデイケアがおススメ(^_-)-☆
デイケア勤務では妊娠中のナースに対する心配が足りないと思う。

残業なしの派遣看護師ならデイケアがおススメ(^_-)-☆

pixta_2284119_S.jpg新卒から出産まで公立の綜合病院に看護師として勤務していた私は、出産後、元の職場に復帰したのですが、育児と家庭の両立が難しく、精神的にも参ってしまい退職しました。


子育ては思っていた以上に大変で、しかも私はストレスの発散が苦手なタイプです。


家で育児だけに専念出来る環境もストレス、仕事に出れば完璧にしなければとストレスに・・。


ですから、子育てと仕事の両立が難しくない職場を探す事にしました。


バリバリと働きたいと言う思いもありますが、病棟はハードで残業はつきものですから、今の私には無理。


自分の希望よりも子供や家庭を優先しよう!と決めて、デイケアで働く事にキメました。


老人看護は初めての私ですが、私の祖父母がデイサービスにお世話になっているので、ケアマネさんや介護職の方とはこれまでにも接する機会がありました。


看護師としてのデイケアの仕事には、医療行為はほぼなく、メインの仕事はリハビリが中心になります。


デイサービスとデイケアの違いは、医師がいるかどうかです。


デイケアにはかならず職員として医師が配置されています。


ですから、リハビリが必要だとはいってもほとんどの方は病状が安定している方がが通っています。


ただし、高齢者ばかりなので皆さん基礎疾患があるため、内服の管理は必要で、食前や時間薬を飲む方もいますし、BSチェックやインスリン注射などの確認や介助を主に行っています。


また経管栄養の方がいる時は経管の準備や、おむつ交換・体交が必要な方もいらっしゃいます。


派遣介護士のデイケアが良いのは、雇用主は看護師派遣会社なので、介護施設から残業を依頼されることはありません。


その他の役割としては、予期せぬ事態(急変)なども稀にあるのですが、デイケアの看護師の役割は、家族や掛り付けの病院に連絡をして救急車が来るのを待ち、状態を医師に報告することです。


私は、デイケアで9時30分~15時までの勤務をしています。


私以外もほとんどのナースが派遣看護師です。


デイケアにはママさん看護師や子育て経験者も多く、子育ての大変さなども理解があるのが良いですね。


無理なシフトを組んだり、残業をさせたりと言う事はまずありませんし、同年代の子供がいるママさんナースが多いので、話も合いますね。


皆さん育児の大変さを分かっているので、お互い協力しあって、本当に雰囲気の良い中で仕事が出来ています。

デイケア勤務では妊娠中のナースに対する心配が足りないと思う。

2e6118144aa959cb08a0dd69647ca93b_s.jpg


看護師の働く職場の中でも、病棟勤務はとてもハードです。


日勤も夜勤もありますし、時間が不規則で、残業が多く、子育てや家庭と両立するのは簡単な事ではありません。


その為、結婚や出産を期に退職する看護師が沢山います。


最近では、看護師不足を解消したいという目的もあり、産休や育児休暇などの制度を儲けている職場がかなり増えています。


そのような制度を利用する事で、出産しても、仕事を辞める必要なく働き続ける事が可能です。


しかし、いくら産休や育児休暇がある職場でも、退職する方は沢山います。


それは、業務内容に原因があるのではないかと思います。


看護師の仕事内容というのは、妊娠している方にとっては、とてもハードで危険を伴います。


デイケアではオムツ交換や体位交換、入浴介助などの介護系の業務は、かなり体力を必要とします。


それに、デイケアの看護師は責任の重い仕事ですから、精神的は負担も大きく、体調を崩してしまう事も多々あります。


実際に、私が働いているデイケアセンターでは、働き続けて出産したという看護師は、ほとんどいませんでした。


看護師の中には、仕事を続けていて無理をした為に、危険な状態になってしまった方もいます。


妊娠5ヶ月に入ってから、妊娠中毒症重症になってしまい、お腹の赤ちゃんが亡くなってしまった、というケースもあります。


その方は、もし流産していなかったら、母体も危険な状態になっていたそうです。


看護師の仕事はただでさえハードで不規則なので、たとえ健康な方でも体調を崩してしまう事が沢山あります。


そのような業務内容なんですから、妊娠中の看護師には、デイケアでの業務内容を減らすとか、重労働は避けるなど、もっと配慮をするべきだと思います。


そのような配慮をしないと、ますます退職する方が増えてしまうと思います。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ >  施設の種類で選ぶ看護師派遣求人 >  看護師派遣✩デイケア

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。