デイケア勤務では妊娠中のナースに対する心配が足りないと思う。

2e6118144aa959cb08a0dd69647ca93b_s.jpg


看護師の働く職場の中でも、病棟勤務はとてもハードです。


日勤も夜勤もありますし、時間が不規則で、残業が多く、子育てや家庭と両立するのは簡単な事ではありません。


その為、結婚や出産を期に退職する看護師が沢山います。


最近では、看護師不足を解消したいという目的もあり、産休や育児休暇などの制度を儲けている職場がかなり増えています。


そのような制度を利用する事で、出産しても、仕事を辞める必要なく働き続ける事が可能です。


しかし、いくら産休や育児休暇がある職場でも、退職する方は沢山います。


それは、業務内容に原因があるのではないかと思います。


看護師の仕事内容というのは、妊娠している方にとっては、とてもハードで危険を伴います。


デイケアではオムツ交換や体位交換、入浴介助などの介護系の業務は、かなり体力を必要とします。


それに、デイケアの看護師は責任の重い仕事ですから、精神的は負担も大きく、体調を崩してしまう事も多々あります。


実際に、私が働いているデイケアセンターでは、働き続けて出産したという看護師は、ほとんどいませんでした。


看護師の中には、仕事を続けていて無理をした為に、危険な状態になってしまった方もいます。


妊娠5ヶ月に入ってから、妊娠中毒症重症になってしまい、お腹の赤ちゃんが亡くなってしまった、というケースもあります。


その方は、もし流産していなかったら、母体も危険な状態になっていたそうです。


看護師の仕事はただでさえハードで不規則なので、たとえ健康な方でも体調を崩してしまう事が沢山あります。


そのような業務内容なんですから、妊娠中の看護師には、デイケアでの業務内容を減らすとか、重労働は避けるなど、もっと配慮をするべきだと思います。


そのような配慮をしないと、ますます退職する方が増えてしまうと思います。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩デイケア > デイケア勤務では妊娠中のナースに対する心配が足りないと思う。

看護師の働く職場の中でも、病棟勤務はとてもハードです。 日勤も夜勤もありますし、時間が不規則で、残...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。