イベントナースの仕事内容について

pixta_16465349_S.jpg


看護師が常勤で働いていると、夜勤や残業を避ける事ができませんし、急性期の現場で働いている場合は、精神的な負担も大きくてとてもハードです。


そのような職場は、スキルアップが期待できるかもしれませんが、家庭と仕事を両立させるのは簡単な事ではありません。


そのため、結婚や出産を期に職場を離れる方が沢山います。


ただ、医療の現場というのは日々進歩しているので、一旦職場を離れてしまうと、復職するのが大変です。


ブランクが長くなればなるほど、復職についての不安が大きくなり、潜在看護師になってしまう方も少なくありません。


ブランクがある方や、育児や家族の介護など、プライベートを重視した働き方をしたい方に人気があるのが、単発バイトの働き方です。


単発バイトにはいろいろな種類がありますが、自分のスタイルに合わせて仕事を入れる事ができるし、時短勤務が可能なところも魅力の一つです。


それに、1回限りの仕事がほとんどなので、人間関係のトラブルといった余計なストレスを溜めずに働けます。

単発バイトの中には、イベントナースといったユニークな仕事もあります。


イベントナースは、お祭りやコンサート、スポーツイベントなどが行われる時に、救護室に待機して、具合が悪くなったりケガをした方のケアをする仕事です。


病院のように、一日中忙しいわけではありませんし、救護室で休んでいたり、簡単な治療で治まるといった症状の方がほとんどなので、高度な医療行為は必要ありません。


スポーツ大会などの場合は、ケガをする方のリスクが高いのですが、救護室でケアができないような症状の場合は、医療機関に搬送する事になるので安心です。


イベントナースは、その場の雰囲気を楽しみながら働く事ができるのも魅力の一つです。
その都度、違うスタッフと一緒に働く事になるし、職場も異なるので、常に新鮮な気持ちで仕事に入れます。


例えば、常勤で働いていると、職場に苦手なスタッフがいたとしても、嫌でも毎日顔を合わせて、コミュニケーションを取らなくてはいけません。


でも、イベントナースのような単発の仕事であれば、その場限りの付き合いなので、割り切って働く事ができてストレスが溜まる事もありません。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。

トップページ > 看護師派遣✩イベントナース > イベントナースの仕事内容について

看護師が常勤で働いていると、夜勤や残業を避ける事ができませんし、急性期の現場で働いている場合は、精...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。